クラウドに移行する際の課題と考慮点

クラウドに移行する際の課題と考慮点

基幹系システムの構築が増えている中、多くの企業がクラウドでの構築を検討したり、既存のオンプレミスからクラウドへ移行するケースが増えています。基幹系システムの運用には高い負荷とコストがかかるので、クラウドへ移行するメリットが大きいためです。

しかしながら、基幹系システムには安全性や可用性などに高い要件が求められるため、クラウド移行にあたって直面する課題もあります。今回はその課題と、クラウド移行にあたっての考慮点についてお話します。

Microsoft Azure製品カタログ

なぜクラウド移行が進んでいるのか?

大手ERPベンダーの全面的なクラウド推進を受けると、現代ビジネスにクラウドが欠かせないインフラであることが分かります。では、なぜクラウド移行が各業界で進んでいるのでしょうか?

基幹系システムをオンプレミスからクラウドに移行するという観点で考えると、クラウド移行には次のようなメリットがあります。

軽い運用負担

オンプレミスの場合、システムパフォーマンスを安定させるためには継続的な運用管理が必要です。そこには多大な負担がかかりますし、人件費も発生します。クラウドでも当然ながら基幹系システムの運用管理は必要なのですが、システム面での運用管理はクラウドベンダーがほとんどを実行しているので、ユーザー企業は運用管理に消費していたリソースを余らせることができます。これによってIT人材をより事業戦略に近いところに置き、ビジネスの拡大や創出を図っていることが可能です。

外部からのアクセスを可能に

基幹系システムへの要件は日々多様化しており、その中には社外からアクセスできる環境を求めている企業もあります。クラウドとは、インターネット経由で提供されるサービスです。従ってクラウドにアクセスするためのデバイスとインターネット接続環境があれば外部からでもアクセスできます。

高い拡張性

基幹系システムはビジネス要件に応じて常に変化を続けます。その際に新しいリソースの確保が必要になったり、反対にリソースを削減するという対応が必要です。クラウドは高い拡張性を持っています。オンプレミスの場合、スケールアップやスケールアウトによってリソースを拡張を行いますが、それには手間とコストがかかります。クラウドの場合、管理画面からリソースの拡張を依頼すれば必要な分のリソースをすぐに確保、あるいは削減できます。

セキュリティの強化

クラウドがオンプレミスに比べてセキュリティが低いとはいっても、近年のクラウドはセキュリティが非常に強化されています。そのため既存のオンプレミス環境に比べて、クラウドではセキュリティが強化されるケースもあります。企業独自に強力なセキュリティ体制を敷くには莫大なコストがかかるため、十分なセキュリティを確保できていない企業が多く、結果的にクラウドを利用する方がセキュリティが強力になります。

省スペース

クラウドにはサーバーを設置するためのスペースが不要なので、余ったスペースを活用することができます。

こうしたメリットから基幹系システムのクラウド移行が進んでいますが、前述のように直面する課題もあります。

クラウド移行にあたっての課題とは

クラウドによるIT戦略には「攻めのIT」と「守りのIT」があります。攻めのITとは柔軟性やスピード性が求められる事業戦略において、クラウドだからこそ実現できるビジネスへと進出し、事業拡大を進めていくことです。一方、守りのITとは一般的に品質改善や業務効率化を指します。これまで数ヵ月かかっていたインフラ調達スピードが数日もかからずに実施できるようになり、コラボレーション系システムの刷新によって多様なワークスタイルを提案することも可能です。

基幹系システムのクラウド移行では守りのITを強化する側面が大きいのですが、具体的な検討に入ると以下のような課題に直面することがよくあります。

可用性の課題

オンプレミス環境ではインフラに障害が発生した際に、インフラ側でフェイルオーバーを実子するためアプリケーションをインフラ任せにできるという利点があります。一方でクラウド環境では、インフラで障害が発生しかつフェイルオーバーの設定がない場合、アプリケーション側で可用性を担保する設計が必要です。従ってクラウド移行にあたってアプリケーションの設計変更が求められるケースがあります。

コストの課題

クラウドへ移行するとコストが下がると言われている理由は、必要なときに必要な分だけの共有リソースを使用する従量課金制のため、稼働しないリソースを所有しなくなり無駄なコストが削減できるからです。一方、基幹系システムのように継続的に稼働し続ける必要がある場合、稼働率の最適化によるコスト削減効果は期待できません。クラウドで高いリソースを要求し、性能保証を確保しようとするとかえってコストが増加する可能性があります。

セキュリティの課題

クラウドベンダーの努力によってセキュリティ性が向上したとは言っても、本当に不備なくセキュリティ運用が行われているかどうか、ユーザー企業が不安に感じる点もあります。企業にとって重要な基幹系システムのセキュリティ運用を任せてよいのかどうか、他社で発生した障害が自社に影響を与えないかなど疑念は残ります。さらに、現地監査対応など法令遵守に関する要件にも注意が必要でしょう。

クラウド移行の考慮点

基幹系システムのクラウド移行にあたって色々と課題があることは確かですが、やはりクラウドへ移行することで多大なメリットを得られることには変わりありません。では、杭ラウド移行を具体的に検討するにあたって考慮すべき点はどこでしょうか?

大きな考慮点は基幹系システムのクラウド移行にあたって適切なパートナーを選択することです。特に基幹系システムが統合的に構築されているERPでは、移行作業が大規模になり、移行後の効果測定も難しい面があります。1つ1つの作業を確実に進めていくためには、クラウド移行に関して正しい知識とノウハウを持ったパートナーの存在が不可欠です。

SoftwareONEでは、クラウドに移行すべきワークロードの検討やセキュリティ対策、必要となるクラウド消費量の試算など、クラウド移行を検討する上で必要なサポートを提供しています。

クラウド利用のメリットを生かすためにも、スピーディーで効率的な移行の実現が不可欠です。

RELATED POST関連記事


RECENT POST「クラウド移行」の最新記事


クラウドに移行する際の課題と考慮点

RANKING人気資料ランキング

RECENT POST 最新記事

RANKING人気記事ランキング

サイト掲載へのお問い合わせ