SAP ERPの課題を解決するAzure移行サービス

SAP ERPの課題を解決するAzure移行サービス

SAP ERPは信頼性の高い基幹系システムとして世界中で導入されていますが、保守終了に伴う2025年(2027年)問題や、ハードウェアのEOS対応などの課題があります。Azure移行は、こうした課題を解決する有効な手段です。インメモリの超高速処理を実現したSAP S/4 HANAへの移行を実現する上でも意義があります。

Microsoft製品によるインフラストラクチャーの構築、アプリケーション開発、そして運用保守までワンストップで提供する日本ビジネスシステムズ株式会社(以下、JBS)では、SAP on Azureへの移行サービスを提供しています。

SAP on Azureで解決できる3つの課題をピックアップしつつ、JBSの提供するサービスの概要を取り上げます。

New call-to-action

SAP on Azureと3つの課題解決

Azureに最適化されたERPを提供するのがSAP on Azureです。SAPによって認定されたセキュアでかつ信頼性の高いインフラストラクチャーの構成を提供しています。

SAP on Azureでは、インメモリコンピューティングによってSAP S/4HANAの性能を最大限に引き出すサービスをはじめ、SAP Business SuiteSAP Business OneSAP HECのように、さまざまなSAPのソリューションをAzure上で展開できます。 

Azure移行によって効果が見込める課題解決と要望には、以下の3つがあります。

  • SAP S/4 HANAに移行して保守終了の課題解決や高速処理を実現したい。
  • ハードウェアなどのEOSに関わる人的リソースやコストの負荷を軽減したい。
  • データセンターの撤廃など、システムをスリム化したい。
それぞれ解説していきましょう。 

課題と対策1 . SAP S/4 HANAに移行したい 

SAP ERPは信頼と実績のある基幹系システムですが、「2025年(2027年)問題」というソフトウェア保守終了に対応する必要があります。

「なぜ信頼のあるシステムで保守を終了してしまうのか?」という疑問があるかもしれません。理由を簡単に解説すると、基幹系システムの信頼のためには従来の機能を維持する必要があります。しかし、技術が進歩して新機能を追加していくと、従来の機能と新機能の整合性をとるためにはシステムが膨大かつ複雑になり、処理速度にも影響を与えます。

こうした課題を解決するために新たに登場したのが、SAP S/4 HANAです。

変化の激しい経営環境では、リアルタイムで経営状況を把握する必要があります。第4世代のERPであるSAP S/4 HANAは、インメモリによる超高速処理を実現しています。さらに、ユーザーエクスペリエンスも大幅に改善しました。

 保守終了後にSAP ERPを使い続ける選択肢もありますが、多くのシステム保守終了で課題になるように、修正プログラムが提供されなくなり、品質やユーザーエクスペリエンスの改善も行われなくなります。

そこで有望になるのが、SAP ERPからS/4 HANAへの移行です。しかし、プラットフォームは何を選択したらよいのか、移行プロジェクトをどのように進めるべきか分からないことが多いでしょう。

Azureには、SAPのロードマップに沿った構成が用意されています。SAP S/4 HANAを利用する場合、最初からAzure上のクラウドで稼働する場合、段階的に移行する場合など、柔軟に移行を進めることが可能です。システムやSAP ERPの利用に合わせたAzure移行のタイミングとロードマップの設計が重要になります。

課題と対策2 . EOS対策の負荷を軽減したい 

5年周期で訪れるハードウェアのEOSEnd Of Support)、あるいはOSやデータベースの保守期限は、企業のIT部門にとっては悩みどころではないでしょうか。その都度、EOS対応のための社内プロジェクトを編成して情報を収集し、ベンダーの選定に取り組まなければなりません。 

IT部門には日常業務だけでなく、戦略的なミッションの遂行も期待されています。ヘルプデスクのような社内の問い合わせ対応に追われて、保守期限が迫って早急な対応が必要になるにも関わらず、次期ERPシステムの設計が決まっていない事態がありがちです。

このような事態の解決策として、SAP ERPの保守期限が終了するまでAzureに移行する方法があります。システム構成を継続的に利用できるように設計すると、移行後はハードウェアをリプレースする時期の不安を抱えることなく、次期ERPシステムの構想が可能になります。柔軟性の高いAzureであれば、その後の検討や移行も安心です。

課題と対策3 . システムをスリム化したい

大企業で社内にデータセンターを構築して、SAP ERPのデータを管理している場合、蓄積されるデータは時間とともに増え続けます。コスト削減や災害復旧対策のバックアップとリカバリを整備するために、クラウドの活用を検討すると効果的です。

ところが、基幹系システムの大容量データをクラウドに移行しようとすると、ダウンタイムが生じます。業務を止めるわけにはいかないため、データセンターを撤廃できない場合があります。全社的な業務で利用しているシステムを止めてしまうことは、企業にとって致命的です。システム移行のためのダウンタイムは大きな課題になります。

このような場合には、オンライン状態を維持しながらクラウドに移行することによって、業務に対する影響やダウンタイムを最小限に抑えられます。SAP ERPにおけるAzure移行はもちろん、オンプレミスで利用しているその他のシステムに関しても同様のことがいえます。クラウドを熟知したスペシャリストのノウハウが必要です。

また、ニーズとしては特殊かもしれませんが、経営統合により子会社のSAP ERPを利用しなくなったものの、監査のためにデータの保管と参照が必要というケースも考えられます。休眠させたシステムは、高額な維持コストを計上し続けます。

設備コストの削減にもAzure移行が解決策になります。Azureは従量課金制なので、データだけをAzureに移行して、データを参照するときだけアクセスすることによりコスト削減が可能です。大規模なデータ移行プロジェクトの効率化を実現します。

開発のテスト環境にも、Azureは最適です。ニーズに合わせた環境を迅速に構築し、そのまま本番環境にデプロイすることができます。 

SAP on Azure移行サービスの概要とメリット

JBSSAP on Azure 移行サービスは、オンプレミスで運用しているSAPAzureに移行するサービスです。

移行後の運用における投資対効果を考慮してアプローチを行う、無償と有償のアセスメントを提供しています。現状のシステム構成と要件をもとに、業務に対する影響とダウンタイムを最小限に抑える方法で移行を行います。

SAP on Azure移行サービスの効果とメリット

SAP ERP Azureに移行することで保守切れに関連する課題を解決し、オンプレミス時に必要だった管理を大幅に効率化します。

Azureは最新のSAP 製品に対応しているため、移行後はSAPのロードマップに沿った環境を選択して最適化するとともに、MicrosoftSAP の最新技術をAzure 上でシームレスに連携させることが可能です。

TCO削減およびハードウェアの維持や管理を効率化します。オンプレミス環境で大きな負荷になる定期的な保守期限の対応、システムの老朽化に伴うリプレースの検討と実施の煩雑さから解放されます。さらに可用性の高いセキュリティによって、災害復旧(DR)対策などを実現できます。

移行後のサポートにはAMOサービスを提供

SAP on Azure移行サービスは、移行して完了というわけではありません。業務で利用しているときに発生する課題を常にチェックし、生産性の向上や効率化を目的とした改善サイクルを回していくことが重要です。

JBSでは移行後のサポートとして、AMO(アプリケーションマネージメントアウトソーシング)サービスを行っています。SAPMicrosoftなどのアプリケーションに関するJBSのスペシャリストがリモート環境でサポートするサービスです。

月に10時間単位の最小限のサポート工数から利用することが可能で、ITILInformation Technology Infrastructure Library)に準拠した継続的なサービスと改善を提供します。 

まとめ

 SAP on Azureは、SAP ERPのオンプレミスからクラウドへの移行、SAP S/4 HANAへの移行において効果を発揮します。ハードウェアなどのEOSに対する負荷を削減し、将来的なSAPのロードマップに合わせて最新機能を使い続けることが可能になります。

JBSでは「Ambient Office/アンビエントオフィス」というソリューションブランドで、Microsoft製品の統合的な活用支援を行っています。SAP on Azureにおいても、技術理解と実績のあるスペシャリストが対応します。

RELATED POST関連記事


RECENT POST「SAP on Azure」の最新記事


SAP ERPの課題を解決するAzure移行サービス