MKIが提供する「マネージドサービス for SAP S/4HANA」とは?

MKIが提供する「マネージドサービス for SAP S/4HANA」とは?

大企業も導入している次世代ERP製品 「SAP S/4HANA」。移行や導入を検討しているものの、導入までの手間をネックに感じていませんか?本記事では、SAP S/4HANAの導入を容易にするサービス、「マネージドサービス for SAP S/4HANA」について紹介します。

shutterstock_1335698219

SAP S/4 HANAとは

そもそも「SAP S/4 HANA」とは、欧州最大級と言われるソフトウェア会社「SAP」が提供しているERP製品です。「ERP」とは「Enterprise Resources Planning」の略で、主に企業の情報戦略に使用する基幹情報システムのことを指します。SAP社はさまざまなERP製品を提供しており、中でもSAP S/4 HANAは、これまで提供していた「SAP R/3」や「SAP ERP」に続く、第4世代の新しいERP製品です。

SAP S/4 HANAは、圧倒的な高速データ処理を誇ります。「SAP HANA」と呼ばれるプラットフォームを使用しており、このプラットフォームが超高速処理を可能としているためです。その秘密は、すべてのデータをハードディスクではなく、半導体メモリに保有することにあります。

通常、ハードディスクへの読み書きは処理が遅くなる傾向にあり、半導体メモリへの読み書きなら速く行える傾向にあります。SAP HANAでは半導体メモリを使用し、データの処理速度を全般的に向上させているのです。

SAP S/4 HANAは、すでに多くの企業で取り入れられています。その数は、販売が開始されてから1年でおよそ3,200社、2019年7月にはおよそ1万1,500社に上っています。その中にはMicrosoftやGoogleなどの世界的企業も名を連ねており、高い実績が伺えるでしょう。

MKI マネージドサービス for SAP S/4HANAとは

データ処理を高速化することにより、業務スピードの向上も期待できるSAP S/4HANA。しかし、導入にはハードウェアの準備や基盤の構築など、少なからず手間がかかります。その手間を省くための運用・保守サービスとして提供されているのが、「MKI マネージドサービス for SAP S/4HANA」です。

MKI マネージドサービス for SAP S/4HANAは、三井情報株式会社より提供されているサービスです。このサービスでは、三井情報株式会社がこれまでSAP S/4HANAの導入や運用を行ってきた知見を活かし、Microsoftのクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」上でSAP S/4HANAの基盤を構築し、運用や保守を行います。運用は開発環境から検証環境、本番環境など多岐に渡ります。

MKI マネージドサービス for SAP S/4HANAを利用することにより、企業のシステム担当者は基盤を構築する必要がなく、システム導入の負担を減らせます。また、導入後も三井情報株式会社が引き続き運用や保守を行うため、運用に大きな負担がかかりません。さらに、Microsoft Azure上で基盤を構築するため、ハードウェアの購入や準備が不要になり、基盤の構築にかかるコストや期間を削減できます。

なお状況によっては、まずは「SAP ERP 6.0」と呼ばれる基盤を本サービス基盤へと移し、その後SAP S/4HANAへ移行という手順を踏むことも可能です。

サービスの特徴

ここでは、MKIマネージドサービス for SAP S/4HANAの主な特徴を紹介します。

SAP Basisの運用作業が不要になる

Microsoft AzureからSAP Basis まで、三井情報株式会社がSAP S/4HANA をトータル管理します。ちなみに「SAP Basis」とは、SAP ERPシステムのOS上に存在するミドルウェアのことを指します。SAP S/4HANA の運用に必要な諸要素をすべて三井情報株式会社が管理するため、運用の手間なくSAP S/4HANAを利用となるのです。

幅広い標準サービスを備えている

監視・バックアップ・移送管理・クライアント管理・Note提供など、さまざまな機能が標準サービスとしてそろっています。そのため、安定して SAPを運用・管理することが可能です。

コストを抑えられる

自社でSAP S/4HANAを導入するには、まずハードウェアなどの機器を準備する必要があります。この機器の購入には少なくない費用がかかりますが、MKI マネージドサービス for SAP S/4HANAなら、Microsoft Azureのサブスクリプションを利用するため、コストを抑えられます。また、SAP S/4HANAの運用に欠かせないSolution ManagerやSAP Routerなども共通で使用するため、企業ごとに用意する必要がなく、コスト削減が可能です。

稼働が保証される

MKIマネージドサービス for SAP S/4HANA は、Microsoft AzureのSLA(Service Level Agreement:サービスの品質保証)に基づいて、稼働が保証されます。

サービスメニュー

続いて、MKI マネージドサービス for SAP S/4HANAの具体的なサービスメニューを紹介します。

サービスデスク

ヘルプデスクで、24時間365日サポート対応を行います。

SAP Basis管理

SAPインスタンスやクライアント管理、移送管理、バージョン管理などの管理を行うほか、障害時の対応や問題分析を行います。

監視

OS・DB・SAPそれぞれに関して、モニタリングおよび対応を行います。

バックアップ/リストア

システムやデータのバックアップを行い、保護するとともに復旧に役立てます。

クラウド管理

ネットワーク接続やストレージ、仮想インスタンスの管理を行います。

MKI-クラウド・ソリューション SAP S/4HANA Cloudとは

三井情報株式会社ではSAP S/4HANAだけでなく、「SAP S/4HANA Cloud」の運用や導入サポートも行っています。それが「MKI-クラウド・ソリューション SAP S/4HANA Cloud」です。

このサービスでは、SAP S/4HANA CloudをSaaS型の基幹システムとして提供します。 SaaS型で提供することにより、「標準化・共通化の適用」「複数事業・グローバル要件のカバー」「早期導入」などが実現。多様なビジネス変化にも柔軟に対応可能です。

その結果、経営判断に必要な情報をタイムリーに確認でき、グローバル規模の競争にも役立てられるのが特徴です。

主な導入シーンとしては、「M&Aや新規拠点の設立などが決定し、早急に基幹システムが必要な場合」「システム担当者が不在なものの、基幹システムの導入を検討している場合」「すでにSAPを導入しており、SAP S/4HANA Cloudへ変更したい場合」などが挙げられます。

サービスの特徴

MKI-クラウド・ソリューション SAP S/4HANA Cloudは、数ある標準機能から必要なものを組み合わせて導入を行う、「Fit to Standard」という手法を用いて導入を行います。追加開発を行わないことで、期間やコストをかけずに導入可能です。

また23ヵ国の言語と、39ヵ国の税務要件・商習慣に対応しています。四半期ごとにバージョンアップが入るため、常に新しいシステムを利用できるのも特徴です。

導入アプローチ

最後に、導入までの大まかな流れを紹介します。MKI-クラウド・ソリューション SAP S/4HANA Cloudは、以下の流れに沿って導入されます。

1.仮説

導入における効果を仮定し、説明します。

2.スコープの確定

業務フローを説明し、スコープを確定します。同時に、現在抱えている課題の解決方法についても方針を策定します。

3.移行・開発・テスト

SAP S/4HANA Cloudの導入やテストを行います。

4.本番稼働

運用が始まったら、サポートを行います。また四半期ごとにアップグレードを行い、1年ごとにロードマップの改善を行います。

まとめ

マネージドサービス for SAP S/4HANAは、SAP S/4HANAの導入や運用を三井情報株式会社が行うサービスです。SAP S/4HANA Cloudの導入を行う、MKI-クラウド・ソリューション SAP S/4HANA Cloudもあります。上記の導入をお考えの際は、一度MKIのサービスを検討してはいかがでしょうか。

RELATED POST関連記事


RECENT POST「SAP on Azure」の最新記事


MKIが提供する「マネージドサービス for SAP S/4HANA」とは?

サイト掲載へのお問い合わせ