ウェビナー

ハイパフォーマーを育てるための次世代
人財開発戦略を考える
~デジタル技術を活用した人財育成の勝ち筋とは~

第1章 次世代人財開発戦略の課題

  1. 減少をたどる労働生産人口(2050年日本の人口動態)
  2. 何故いまDXを始めておかなければならないか(2025年の壁、2050年の危機)
  3. 企業成長とヒトの育成(現在の人財育成方法)
  4. 人財開発における課題(企業戦略との適合、学習効果測定、人事評価、学習モチベーション、ROI)

第2章 ハイパフォーマーを如何にして増やすか?

  1. 企業成長を牽引する企業のハイパフォーマー(ハイパフォーマーとは、ハイパフォーマーの行動特性、自発的学習効果)
    ※ハイパフォーマーとは:業務上の高いスキルを持ち目立った成果を残している人財
  2. ハイパフォーマーを多く輩出するには(ハイパフォーマーの学習特性分析、ナレッジ共有(言語の壁)、パーソラナイズドリコメンデーション)
  3. 学習効果をどの様に測るか(タレントマネジメンント、人事評価、学習結果と評価の相関分析、ハイパフォーマーの学習特性をAIで分析)
  4. 人財育成現場(人事部門)に求められるデジタル化人財

第3章 デジタル技術で進化し続ける学習環境

  1. 求められる能動的学習が可能な学習環境と学習機会(LXPとは、企業研修、MBA)
  2. 能動的学習に必要な多様な学習コンテンツ(Schoo、各コンテンツの定量化(分野・要素・点数))
  3. ハイパフォーマーの学習特性と学習効果の測定と分析(Azure Cognitive Serviceによる相関分析)
  4. Azure Cognitive Serviceで実現する世界(英語コンテンツの日本語化※日系・外資系に需要あり、パーソナライズド・リコメンデーション)

第4章 これからの企業の教育プラットフォームとは

  1. 人財育成LXP PowerSKILLの特徴(企業戦略に則して進化させることが可能)
  2. API連携によって拡張される人財育成統合プラットフォーム(共同開発、CI/CD、アジャイル開発)⇒APの差別化要素
  3. AZPowerが提唱する人材育成プラットフォームのベストプラクティス
  4. 補足:人財育成促進政策(賃上げした企業に適用する優遇税制に伴う教育訓練費10%以上アップによる税控除)
開催日 2022年4月22日 (金)14:00~15:00
対象 大手企業、中堅企業(1000名以上)の人事部門(役職・階層問わず)
主催 AZPower株式会社
プログラム内容 第1章 次世代人財開発の課題
第2章 ハイパフォーマーを如何にして増やすか?
第3章 デジタル技術で進化し続ける学習環境
第4章 これからの企業の教育プラットフォームとは
お問合せ マーケティング
田島遼祐 tajima@azpower.co.jp
植野貴洋
ueno@azpower.co.jp
お申し込み

2022年4月8日 (金):お申し込みはこちら

2022年4月22日 (金):お申し込みはこちら

  • fb-button
  • line-button
  • linkedin-button
RELATED SITES

関連サイト

CONTACT

サイト掲載の
お問い合わせ

TOP