オンプレミスからクラウドへ移行するメリットや注意点を解説!

オンプレミスからクラウドへ移行するメリットや注意点を解説!

クラウドは企業から一般まで幅広く浸透しており、企業の半数がクラウドを導入していると言われています。しかし、裏を返せば、クラウドを利用していない企業は半数以上あるということにもなり、まだまだ導入をためらっている企業も多くあります。

そこで今回は改めてクラウドに焦点を当てて、オンプレミスとの違いやメリットをご紹介します。

オンプレミスからクラウドへ移行するメリットや注意点を解説!

クラウドとは?

クラウドは、ネットワーク上でデータベースやストレージを利用できるサービスです。従来データは、自社が用意したサーバやPC上に保管していました。しかし、自社でサーバを用意すると、メンテナンスやセキュリティなどさまざまなコストや人的リソースがかかってしまいます。

その点クラウドだと、他社が用意したデータセンターを利用します。他社が細かい管理をしてくれるため、企業にかかる負担が軽減するのです。初期費用も低コストですむため、自社サーバの導入がより手軽に行えるといった利点があります。

また、クラウドでは、インターネットにアクセスすれば自社のデータを安全に引き出すことが可能です。そのため、リモートワークなどにも適応できるという利点があります。

オンプレミスとは?

オンプレミスとは、情報システムに関するハードウェアを自社で管理することを言います。一からシステムを構築するのでカスタマイズ性が高く、自社のサービスに合わせたインフラを構築できるという利点があります。しかし、サーバを自社で立てるので、インフラを一から設計しなくてはいけません。また、初期導入コストやインフラの管理・維持コストもかかります。

そのため、クラウドと比べると導入・運用のハードルが高く、小規模な企業の利用にはあまり向いていないと言えるでしょう。オンプレミスを導入する利点は、ミッションクリティカルなサービスを運営している場合や、大きな容量のファイルを多く扱っている場合に表れます。

クラウドへ移行するメリット

オンプレミスからクラウドへの移行は、企業に大きなメリットがあります。ここでは、具体的にどのようなメリットがあるのかを細かく解説していきます。

Azure Migrationパートナーソリューションカタログ
リモートワークでの業務効率を最大化「クラウド・オフィス・ソリューション」

運用負荷・コストの削減

オンプレミスは、クラウドと比べると運用時のコストが大きくなります。たとえば、サーバの運用を社内で行う場合は人件費が必要となりますし、業務委託する場合はアウトソーシング費がかかってしまいます。一方、クラウドの場合は、アプリケーションやユーザー数などに応じて料金がかかりますが、運用範囲が狭いので人的コストが大きくかかりません。

また、サーバを社内で運用している場合は、人的リソースが多く割かれるという問題もありますが、クラウドの場合は小規模で対応ができます。メンテナンスやアップデート時もサービスの担当者に任せられるため、空いたリソースを他の業務に当てることも可能です。

利便性の高さ

クラウドは、インターネットにアクセスすればどこでも利用できるという大きな強みがあります。パソコンだけでなくスマートフォンやタブレットでもアクセスできるので、データの取得や編集が社外でできるのです。離れたところでも共同で作業ができるため、業務効率を大きく向上させられます。

また、自社にサーバを所持する必要がないので、オフィススペースが必要ないのも利点です。最近ではオフィスを持たないオフィスレスを、クラウドによって実施している企業もあります。オフィスレスなど働き方を変えるためには、クラウドは欠かせないとサービスと言えます。

老朽化の心配がない

オンプレミスでは、システムがレガシーなものになってしまったり老朽化してしまったりするリスクがあります。特に移り変わりの激しいIT業界では、システムの刷新は一つの課題です。レガシーシステムを抱えているために、維持費が莫大にかかることもあるでしょう。また、システムを新しくする際には、新旧両方のシステムに精通する人材が必要となることもあります。

一方、クラウドでは、常にサービスが新しいものに更新されるのでそのような心配がありません。別途新しいハードやソフトウェアを購入する必要もないのです。IoTやAIといった最先端の技術が利用できるのも、ポイントの一つです。そのため、レガシーシステムの刷新先としてクラウドへ移行する企業も多くなってきているのです。

拡張性の高さ

オンプレミスでスケールアウトやスケールアップをする場合、サーバの増設やスペックアップが必要です。たとえば、サービス運営後にトランザクションが増大してしまった場合、なるべく素早く対応しなくてはいけません。しかし、オンプレミスだと即座な対応が難しく、柔軟なサービス運営が難しいと言えるでしょう。

その点、クラウドの場合は契約内容を変更するだけで即座に拡張が可能です。アクセス増設を見込んで一時的にストレージを増やすといった事も可能なので、フレキシブルな対応ができます。トラフィックが不安定なサービスでは、クラウドを利用することで安定したサービス運営を可能とします。

クラウドへ移行する際の注意点

クラウド導入には大きなメリットがありますが、反対にデメリットもいくつかあります。クラウドへの移行後に問題に気づいてしまって、失敗してしまうケースもあるのです。これから導入を考えている企業は、問題点をあらかじめ把握をしておきましょう。

カスタマイズの自由度は低い

オンプレミスでは自社専用のサーバを構築するため、自由度が高いという利点があります。その分コストがかかりますが、サービスに合わせた柔軟なカスタマイズが可能です。クラウドの場合、オンプレミスと違って用意されたサービスの範囲内で構築をします。そのため、自社専用のサーバを構築できるオンプレミスより自由度が低くなります。

クラウドに移行した場合、自社が運営するサービスの要件を満たさない可能性もあるので注意が必要です。とは言え、最近ではクラウドサービスもカスタマイズ性が向上しています。導入前にしっかりと要件定義をまとめておくことで、後々の問題点を払拭できます。

新たなセキュリティ対策が必要

クラウドサービスは大手IT企業が運営していることが多く、セキュリティに関しては細心の注意が払われています。しかし、ネットワークを利用してデータにアクセスするため、常にセキュリティリスクにさらされていると言っていいでしょう。利用者は、慎重にクラウドサービスを選ぶ必要があります。

契約の前に「トラブル発生時の対応、暗号化の方式や種類、ウイルスチェックの方法」など、あらかじめ確認をしておきましょう。また、企業も脆弱性対策やユーザー認証の強化など、セキュリティ対策を講じる必要があります。少しでも穴があると情報漏洩の問題があるため、細かい対策をしましょう。

自社システムとの連携ができないケースも

前述したようにクラウドはカスタマイズ性が低いため、オンプレミスから移行した場合に連携ができない可能性があります。クラウドサーバで動作しないものやデータ変換が必要なことがあり、場合によっては結合しないこともあるのです。このような問題が後々発覚すると刷新のプロジェクトにも予想外の時間がかかってしまうため、システム要件をしっかりと洗い出すことが重要となります。

近年のクラウドサービスの中には、iPaaSのようにオンプレミスとのデータ連携を可能にするものもあります。このようなクラウドサービスを利用するのも一つの手段と言えるでしょう。

まとめ

クラウドは、オンプレミスと比べると人的リソースやコストを大幅に削減できます。常に最新のサービスも利用できるため、企業はさまざまな恩恵が得られるでしょう。

しかし、オンプレミスからの移行の際には、連携がスムーズにいかないこともあります。システムの刷新を考えている場合は、システム要件をしっかりと洗い出すことが重要です。

マルチクラウド管理とセキュリティ対策を備える統合プラットフォームで効率的な運用を実現
オンプレミスからクラウドへ移行するメリットや注意点を解説!
Microsoft Azure製品カタログ 避けて通れぬマルチクラウド 活用を限られた人材でいかに 実現するか

RANKING人気資料ランキング

RECENT POST 最新記事

ブログ無料購読

RANKING人気記事ランキング

関連記事