MIXED REALITY

マイクロソフトが提供するHoloLens 2を活用した、ビジネスを加速させる
次世代コンピューティング

MIXED REALITYとは

MIXED REALITYとは物理世界とデジタル世界を融合し、ユーザーは物理世界に存在しながら、物理・デジタル両方のオブジェクトとやり取りができる世界です。

次世代のコンピューティングプラットフォーム

MIXED REALITYはスマートフォンに続く次世代のコンピューティングプラットフォームです。

効果の実証された利用シナリオ

MIXED REALITYには様々な業界のお客様において、価値創造時間(Time-to-Value) が早く、ROI が実証されたシナリオがあります。

HoloLens 2

HoloLens 2

HoloLens 2 はビジネスにイノベーションをもたらします。

HoloLens 2は現実世界の中にあたかもそこに存在するかのようにデジタル情報を3Dで表示します。マイクロソフトの人工知能(AI)やクラウドの技術、セキュリティの信頼性を土台に、ユーザーの声から多くのことを学び、 ビジネスに革新をもたらす Mixed Reality(MR:複合現実)デバイスとして大幅に進化を遂げました。インテリジェントなアプリケーションと ソリューションを使用して、現実のビジネスで直面する課題を解決できるように設計されています。

HoloLens 2の特長

Mixed Reality ビジネス ソリューション

Mixed Reality ビジネス ソリューション

リモートを中心とした業務への移行が進むなか、製造業や建設業などを中心に、現場のリモート化と生産性向上はビジネスの成長において重要な課題です。MRは遠隔からでも現場の状況を可視化しリアルタイムで業務を支援することが可能です。MRでシミュレーションやトレーニングを行うことで、人材育成や業務効率化につながります。マイクロソフトはビジネス向けMRソリューションを、アプリケーション、デバイス、サービスのカテゴリで包括的に提供しています。

Microsoft Mixed Reality パートナープログラム認定パートナー

Microsoft Mixed Reality パートナープログラム認定パートナーは、製造、医療、小売、教育など幅広い業界で、企業や組織のデジタルトランスフォーメーション促進をサポートしています。お客様のニーズに応える確かな開発スキルと知識に基づき、最高峰の Mixed Realityソリューションを提供いたします。

提供企業 提供プログラム

1 分の 1 スケールの図面実寸投影で建設現場に革命を
GyroEye Holo(ジャイロアイ ホロ)

【製品概要】

GyroEye Holo はデータコンバーター機能により2 次元 CAD 図面や 3 次元モデル、画像ファイルを素早くMR 用にデータ変換して、現場で実寸大のホログラムを実物と重ねて表示できます。GyroEye Holo には、建設・土木、エンジニアリング、製造などの作業現場において、すぐに業務でご活用いただけるさまざまな基本機能が備わっています。

【特長】

  • CAD 図面・モデルデータ・画像データの実寸投影:レイヤの表示・非表示の切り替えや、場所や部材に関係する情報をその場で吹き出し表示が可能。
  • スケール位置変更:必要に応じて現場でホログラムのスケール、位置、角度を変更して調整する事が可能。 一度調整した内容は Spatial Anchors に情報を保存し他の端末でも再利用が可能。
  • リモート:本社にある PC と現場の HoloLens を通じて、離れた場所間での遠隔コミュニケーションが可能。
  • 検査ログ:現場の検査場所の OK/NG を記録。座標の情報と共に CSV や DXF に出力可能。音声入力機能は Speech to Text に対応。

【導入効果】

  • 建設現場の生産性の向上、作業の効率化
  • 設計図面と施工現場の食い違いなど施工ミスの撲滅
  • 日本製鉄(株)様、三菱重工業(株)様、(株)ネクスコ・エンジニア
    リング北海道様、東急建設(株)様など 100 社以上の企業への導入実績

設計データを自動で AR/MR に変換する
製造業・建設業向け可視化ソリューション
mixpace(ミクスペース)

【製品概要】

mixpace(ミクスペース)は 3D CAD や BIM で作成した設計データを自動で AR/MR に変換する製造業・建設業向け可視化ソリューションです。シンプルな手順でリアルな空間にバーチャルなオブジェクトを重ね合わせて、レビュー・検証・デモなど の用途に活用いただけます。ゼロからの AR・MR 導入は難易度が高いとされていましたが、mixpace なら AR/MR 導入の敷居を大幅に下げることができ、導入後すぐに AR/MR をご活用いただけます。

【特長】

  • 様々な 3D CAD/BIM データ形式に対応:Autodesk 社のソフトウェアで活用できる各種データ形式、中間ファイル形式などの主要なファイル形式に対応します。
  • データ最適化:3D CAD や BIM ソフト専用のデータ形式を iPad や HoloLens 2のようなモバイルデバイス向け AR/MR に適したデータ形式に自動で変換します。
  • クラウドベース:ブラウザ上の専用ページから 3D CAD や BIM ファイルの変換と管理、HoloLens 2、iPad の mixpace アプリとのデータ連携を行うことができます。

【導入効果】

  • 課題発見:立体情報を現実に重ねて 3D 表示することで、各パーツの重なり具合や、3D 図面と施工結果との差など PC 画面や印刷物では見えなかった情報が発見できます。
  • ワンストップ変換:対応したファイル形式なら、Web ブラウザ画面にそのままドラック & ドロップするだけの簡単操作かつ短時間で AR/MR 用 3D データに変換できます。

視線と動作を記録するアプリケーション
TechniCapture

【製品概要】

TechniCapture(テクニキャプチャ)は視線と手技を記録するアプリです。手技を覚えるには、「見て真似る」ことが必要とされていました。TechniCapture はプロの技を 3D 空間に記録することで、自分の動きとのずれを視覚化できます。記録した手指や視線の動きはデータ化されるため、同時多発的に表示可能となり、物理的に会う必要もなく、プロの技術をなぞるように学習することができます。環境音などの音声も同時に録音できるため、記録中に補足説明を話すことでより分かりやすいデジタル指南書となります。

【特長】

  • 3D 空間に手指と視線の軌跡を映像で記録できる
  • 記録再生できる動き:手・指・頭の動き、目線
  • 記録する空間の基準点を設定できるため同じ機器の操作を遠隔で覚えられる
  • 素早い熟練技の習得や、初学者の手技の修練に役立つ
  • 職人技を記録することで、技術伝承に貢献可能
  • HoloLens 2 のみで完結できるため、操作も容易

【導入効果】

  • 習熟度の高い作業者の動きを記録し、一人称視点、三人称視点で確認することで技術伝承をスムーズに行えます。
  • 手指、頭の動き、視線、音声を記録できます。環境音などの音声も同時に録音できるため記録中に補足説明を話すこ とでより分かりやすいデジタル指南書となります。
  • 視線、手指認識など HoloLens 2 の特徴を活かしたアプリとなっており価格も安価(基本セット 90 万円)のため HoloLens を試したいユーザーに手軽に試してもらえます。

マニュアルを空間に表示することで両手がフリーなまま作業者に手順を提供
手放しマニュアル

【製品概要】

手放しマニュアルは、テキスト・画像・動画から構成されるマニュアルを空間に表示して、MR デバイス着用者の作業支援を行うアプリケーションです。両手が自由なまま説明文や画像、動画を確認しつつ作業を進められるので、安全に業務が行えます。

【特長】

アプリケーションとシナリオ、動画のマニュアル作成サポートがセットになったサービス。使っていくうちに編集したいことができたときも、簡単に編集できるようにマニュアルの表示に使っているテキストは Excel で一括管理されています。使い慣れた Excel でデータを編集することで、マニュアルを更新できます。

  • テキスト・静止画・動画からなる作業マニュアルをステップごとに空間に MR 表示し閲覧可能
  • MR デバイスにより両手がフリーになり安全
  • 静止画や動画による多言語対応可能
  • HoloLens(第一世代)、HoloLens 2、NrealLight など複数の対応デバイス
  • Excel によるシナリオ編集機能によりシナリオの追加作成が可能
  • ネットワークを使用しない構成になっており小規模から始めることができる
  • 初回シナリオの作成サービスによりカンタン導入支援

【導入効果】

  • 習熟度の低い作業者へ両手がフリーなままリッチな作業手順を提供することができます。
  • 現場でマニュアルを改善することで作業手順や時間の改善が期待できます。
  • 安価な製品のため HoloLens の導入を試したいユーザーに手軽に試してもらえます。

Mixed Reality 技術を活用した 遠隔コラボレーション基盤
WHITEROOM

【製品概要】

WHITEROOM は Mixed Reality 技術を活用した遠隔会議システムです。ネットワーク環境があればどんな場所からもアバターとして会議に参加し、3D モデル、Office ドキュメント、PDF、画像、動画などを空間上に共有してコミュニケーションできるだけでなく、HoloLens 2 に加えて iPad や iPhone、PC からも同じ会議に参加可能です。WHITEROOM を使えばあなたも SF 映画のような会議がすぐに体験できます。

【特長】

  • あなたの分身、リアルアバター:どんなに離れた相手でも、リアルな自分のアバターを介して会議に参 加すれば、まるでその場にいるかの ようなリアルなコミュニケーションが可能です。
  • 開発不要ですぐに MR 技術を活用:様々なニーズや利用シーンに対応した多様な機能が搭載されているため、開発コストをかけることなく誰でもすぐに Mixed Reality 技術を活用でき、その価値を実感できます。
  • 普段のファイルで手軽に開催:画像・動画、Office・PDF 文書、3D モデルなど、普段使用している形式のファイルを専用サイトにアップして、メンバーを招待するだけですぐに会議を始められます。

【導入効果】

  • Mixed Reality コンテンツ導入の期間・コストの削減
  • 現場移動にかかる時間・コストの削減
NEW BLOG

最新ブログ記事

クラウド移行とは?システム担当者が知っておくべき5つのメリットを解説
クラウド移行(インフラ・DB)
さらに詳しく
クラウド環境のパフォーマンスが低下する原因と最適化する方法を解説
クラウド移行(インフラ・DB)
さらに詳しく
ワークロードとは?クラウドで管理するメリットとAzureのサービスを解説
クラウド移行(インフラ・DB)
さらに詳しく
RELATED SITES

関連サイト

CONTACT

サイト掲載の
お問い合わせ

TOP