クラウド実践チャンネル クラウド実践チャンネル
クラウド実践チャンネル | クラウドコンピューティングを実践するための総合情報ポータルサイト
クラウド実践チャンネル | クラウドコンピューティングを実践するための総合情報ポータルサイト

クラウドコンピューティングを始めよう!

クラウド実践チャンネル

このサイトは、企業の経営者、IT企画、IT技術者、開発者向けにクラウドに関する情報提供を行う
クラウドコンピューティングを実践するための総合情報ポータルサイトです。

クラウドコンピューティングとは

クラウドコンピューティング(英: cloud computing)は、インターネットなどのネットワークを経由して、コンピュータ資源をサービスの形で提供する利用形態のことです。略してクラウドと呼ばれることも多く、英語では「雲」を意味します。

当サイトではクラウドコンピューティングの基礎、Microsoft AzureやAWS情報、クラウドを活用したアプリケーション開発やDevOps、IoTやAI/人工知能、機械学習、ブロックチェーン、データウェアハウスやデータレイク、データセンター移行、仮想デスクトップ(DaaS)、SAP on Azureなどテーマを絞って有益な情報を提供いたします。

アプリ & データベース クラウド移行キャンペーン

アプリ & データベース クラウド移行キャンペーン

予測困難な状況が続く今日、社会・ビジネスの環境変化に伴い、企業にとって、いかに変化を素早く捉え、スピード感をもってプロセスや組織を最適化していくかが競争優位性と成長の鍵となっています。

そして、それを支える企業の情報システムに求められるのが、「アジリティ(迅速性)」と「スケーラビリティ(拡張性)」です。こうしたアジリティとスケーラビリティを兼ね備えたエンタープライズシステムの実現の第一歩となるのが、アプリケーションとデータベースのクラウド移行です。

データ分析・活用の内製化を支援する「Cloud Native Dojo for Data」

データ分析・活用の内製化を支援「Cloud Native Dojo for Data」

データ分析による成果をあげるためには、データ分析課題の設定やデータ準備に始まり、分析環境の構築、データ分析人材育成、業務プロセスへの反映、PDCAサイクルの確立までを進めていく必要があります。

Microsoftが提供する、データ分析・活用内製化支援プログラム『Cloud Native Dojo for Data』は、経験のある Microsoftパートナーに併走してもらうことで、より効率用く、内製化までを見据えた分析プロジェクトの開始・推進が可能になるプログラムです。

アプリケーション開発の内製化を支援する「Cloud Native Dojo」

アプリケーション開発の内製化を支援する「Cloud Native Dojo」

アプリケーション開発の内製化、モダンなIT組織の構築を支援

「Cloud Native Dojo」は、開発の内製化を進めており、クラウドネイティブ開発手法の導入を検討している企業様へ向けた開発者育成プログラムです。

アジャイル/スクラム開発と Microsoft Azure のクラウド ネイティブ サービスの活用に長けた各パートナー様より、各社の強み・特徴に基づいたプログラムをご提供しておりますのでぜひご検討ください。

クラウド移行

クラウド移行

クラウド移行のあらゆるフェーズをサポートする移行支援サービス

クラウド移行とは、アプリケーションやデータベース、インフラストラクチャをクラウドプラットフォームへ移行することばかりでなく、システムの人員配置、業務プロセスの最適化、最新テクノロジや開発手法の活用、総保有コスト(TCO)の削減など、組織の大幅な変更管理が含まれます。

総合的な手法を採用することによって、取り組みを順調に進めることができるだけでなく、ワークロードがクラウドで実行されたときに、組織が効率性、アジリティ、スケーリングなどの新しいメリットを確実に利用することができます。

クラウドコンピューティング登場までの歴史

1970年代、企業は大量の処理を効率的に行うために「メインフレーム」と呼ばれる大型汎用コンピュータを導入しました。このメインフレームは、社内の特定ユーザーが扱うものでした。データやアプリケーションはすべてメインフレーム上に保管され処理され、端末側は、単なる入出力デバイスとして位置付けられていました。

1990年代に入るとパソコン技術の発展とMicrosoft Windowsなどの登場、そしてUNIXサーバーなどの普及によりクライアント端末にも処理能力を持たせたクライアント・サーバーモデルが企業の情報システムを大きく変えました。

そして2000年代、インターネット技術の発展に伴い、システムはWeb化されていき、アプリケーションを中央集中化しながらWebブラウザからアプリケーションを利用するWebアプリケーションへと形態がシフトしていきます。

また、2000年代後半からAWSやMicrosoft Azureなどクラウド事業者が登場し、サーバーのリソースを必要なときに必要な分だけ利用するクラウドコンピューティングのモデルへとシフトしてきました。

クラウドコンピューティング普及の背景

クラウドコンピューティング普及の背景には、技術の発展、ユーザーの要求、クラウド事業者の拡大という3つの要素があります。

技術的な背景としては、仮想化や分散コンピューティングなどのクラウド技術の発展、そしてネットワークやコンピューティングリソースの高速化および低価格化、モビリティの拡大という背景があります。

また、その一方でユーザー企業は、自社コアコンピタンスへの集中、IT投資・運用コストの削減、拡張性の高いITインフラ基盤の利用、事業スピードに追従可能なITなどを求めるためにクラウドが最適であると判断し始めます。

Microsoft  AzureやAWSなどのクラウドサービス事業者は、クラウドコンピューティングをサービスとして提供することで規模の論理による経営メリットを獲得したいという背景があります。

クラウドコンピューティングのメリット

ITシステムをオンプレミスからクラウドに移行するメリットは、一般的に以下の6つが挙げられます。

クラウドコンピューティングの種類

クラウドコンピューティングは、サービスの提供範囲によって「SaaS」「PaaS」「IaaS」の3種類に分類されています。

SaaS (Software as a Services): 通常はパソコンやサーバーにインストールして使用するソフトウェアをサービスとして提供するモデル。

PaaS(Platform as a Services): サーバーとOS、ミドルウェアの一式をサービスとして提供するのがPaaSです。

IaaS(Infrastructure as a Services ):インフラそのものをサービスとして提供するのがIaaSです。

Microsoft Azureとは

Microsoft Azure(マイクロソフト・アジュール)は、マイクロソフトが提供するクラウドサービス (PaaS/IaaS) です。 2008年のProfessional Developer Conferenceで発表され2010年1月に世界21ヶ国で正式にサービスが開始されました。2014年3月26日にはWindows Azure(ウィンドウズ・アジュール)という名称から現在のMicrosoft Azure(マイクロソフト・アジュール)へと名称変更されました。

Microsoft Azure はオープンで柔軟な、エンタープライズ レベルのクラウド コンピューティング プラットフォームです。IaaS と PaaS を使用すると、スピードや効率が上がり、コストを削減できます。

最新ブログ記事

OFFICIAL SUPPORTER

サイト掲載へのお問い合わせ