カーボンニュートラル・SDGs対策ウェビナー 全6回 第2回:フリートの電化とCO2排出管理:次世代フリート導入と運用を考える

カーボンニュートラル・SDGs対策ウェビナー 全6回
第2回:フリートの電化とCO2排出管理:次世代フリート導入と運用を考える

複雑な国際バリューチェーンにおいて、カーボンニュートラル・SDGsへの対策が、各企業に義務として課せられ、その対応が急がれています。また企業の自主的なCSR活動としても注目が集まっています。しかしどのように着手し、付加価値を生み出していくのかが多くの企業の課題となっています。

日本TCSは2021年8月から全6回のウェビナーを通して、この解決策を段階的に解説しております。バリューチェーンの上流から下流まで、二酸化炭素排出スコープの1から3までを網羅し、企業がどのようにカーボンニュートラルで持続可能なビジネス戦略を実現できるか、TCSの世界各地での経験と取り組みをもとにご紹介します。

第2回は、「フリートの電化とCO2排出管理:次世代フリート導入と運用を考える」と題して、海外を中心に加速する企業の商用電気自動車(EV)の導入事例と現状における課題をご紹介します。さらにサステナビリティと投資回収の観点から、EVをフリート単位で管理し、車両本体とバッテリーを有効利用するエコシステム構築の重要性についてご説明いたします。

皆さまのご参加を心よりお待ち申し上げます。

開催概要

開催日時 2021年9月17日(金)11:00~11:40
開催場所 オンライン開催
主催 日本タタ・コンサルタンシー・サービシズ株式会社
参加費用 無料(オンラインイベント参加には事前登録が必要です)
定員 500名
対象者

対象:

  • EV導入を検討しているロジスティクスおよび経営計画に携わる方
  • カーボンニュートラルやSDGs戦略などをリードする部門の責任者および担当者
  • サプライチェーン現場における省エネ・コストダウンの管理者

本ウェビナーでの気づき:

  • EV導入の目安と考慮すべきポイント
  • EV導入に対する投資回収のイメージ
  • 効果的な協業・パートナーシップの構築方法
  • 世界の商用EV導入事例

上記対象の方に限らず、幅広いご参加をお待ちしております。

次回第3回では、第2回のテーマを踏まえ、ロジスティクス全般を対象としたサステナビリティをテーマとしてTCSの取り組みをお伝えする予定です。

ご参加方法

お申し込みボタンより参加登録後

ご視聴方法は、開催前日までに別途メールにてご連絡します。
ご用意いただくもの セミナーは、ウェブ会議システム「Cisco Webex Events」により配信し、ブラウザでご視聴いただけます。
プログラム内容
  1. オープニングとイントロダクション
  2. スライド説明
  3. 質疑応答
  4. TCS PacePort™のご紹介
  5. クロージング
お問い合わせ先 日本タタ・コンサルタンシー・サービシズ株式会社 IoT 事業開発&コンサルティングチーム
JpnIoT.Event@tcs.com
備考

本セミナーはユーザー企業の方向けです。競合他社、個人、学生の方のご参加はご遠慮申し上げます。

▼カーボンニュートラル・SDGs対策ウェビナー▼
第1回:TCS Clever Energy™によるサステナブル時代のビジネス戦略とエネルギー管理
第2回:フリートの電化とCO2排出管理:次世代フリート導入と運用を考える
第3回:フリート管理からバリューチェーン管理へ:グリーンロジスティクスへの道
第4回:原料調達の持続可能性:上流管理のDX戦略の課題とチャンス
第5回:廃棄物管理やリサイクルの戦略的運用:アナリティクスやマーケットプレイスを活用した下流DX
第6回:COP26を終えて:TCSのサステナビリティ提案

サイト掲載へのお問い合わせ