仮想デスクトップ

SQL Serverが利用できるクラウド型データベースを紹介

2022年に集計されたDB-Engineランキングによると、SQL Serverは利用率3位につけるほどの、多くの企業が導入しているデータベースです。

近年、オンプレミス環境からクラウド環境にシステムを移行する企業が増えています。この記事では、SQL Serverをクラウド上で利用する方法などをご紹介します。

SQL Serverが利用できるクラウド型データベースを紹介

Azure Virtual Desktop(AVD)とWindows365の違いを徹底解説!

SQL Serverとは?

SQL Serverは、Microsoft社が開発したRDBMS(リレーショナル・データベース・マネジメント・システム)の1つで、正式名称は「Microsoft SQL Server」です。データを縦横で構成されたテーブルに格納するため、Excelのような見た目をしています。複数の異なる表にあるデータを紐付けて取り出せるというメリットがあり、現在では多くのシステムに採用されています。
また、Microsoft社開発のデータベースなのでWindowsとの親和性が高く、Office製品との連携もできます。システムの基本的な仕組みは他のリレーショナル・データベースと変わりませんが、独自の機能を備えた多機能データベースです。いくつか機能が制限されるものの、Developer、Expressと無料プランも用意されています

無償で体験!Office 365 脅威可視化 + Microsoft Sentinel 検証支援サービス
Windows 365とAzure Virtual Desktop徹底比較セミナー

SQL Serverの特徴

SQL Serverの特徴について解説します。

操作が比較的簡単

SQL Serverでは、グラフィカル・ユーザー・インターフェイス(GUI)が無償で用意されているため、キーボードでの操作はもちろん、マウスを使って視覚的にデータベースの操作ができます。コマンドを打ちこむ必要もないので、プログラミング技術を持たない従業員でも、スムーズに操作できるでしょう。
たとえば「SQL Server Management Studio(SSMS)」と呼ばれる統合管理ツールでは、データベースの参照や更新、バックアップのみならず、テーブルの作成・変更やユーザー管理までを行えます。
これらの作業をコマンド入力で行うには、時間的にも教育資金的にもかなりのコストが必要ですが、SQL Serverならそれらの解決の一助となるでしょう。

Windows OSとの相性が良い

SQL Serverは、Microsoft社が提供するツールであることから、Windows OSでの利用がしやすいというメリットがあります(Linux、Dockerでの利用も可)。
たとえば前述したGUIツールです。SSMSのほか「SQL Server Date Tools(SSDT)」は、Windowsのみで利用できるツールです。そのため、管理・開発の利便性を考えると、Windows OSでSQL Serverを使用することをおすすめします。
さらに統合開発環境であるVisual Studio Codeを使用できるのもポイントです。SQLの編集が容易に行える他、テーブルの管理・編集が行えるテーブルデザイナーやUIを使用したデータの編集も可能です。また、Excelデータとのインポート・エクスポートにも対応しており、取得したデータを簡単にコピペできます。
他のリレーショナル・データベースと比べても有用で、Windows OSと利用すれば、さまざまなシステムとの連携が可能です。このようにWindowsでの利用メリットが高いため、最近ではWindows Serverと併用されることが多くなっています。

拡張機能が使える

拡張機能として、Transect-SQL(T-SQL)が利用可能です。これは通常のSQLに「変数」「制御構文」「UPDATE・DELETEステートメント」「数値関連ファンクション」などを追加したものです。変数の代入や制御構文が使えるので、繰り返し処理や条件分岐などが使用できます。
通常のプログラミング言語のように扱えるため、データ処理を効率的に行えます。前述したSSMSやSSDTのほか、Azure Data Studioでも使用できるので、設計・開発・展開も簡単に行えるでしょう。

セキュリティの信頼性が高い

SQL Serverには、セキュリティを向上させるための機能が複数備わっています。これらを活用することで、大切なデータをサイバー攻撃から防ぐことが可能です。特に「アクセス権限の付与」「バックアップの暗号化」「認証モードの選択」「ポリシーベース管理」においてその有効性を実感できるでしょう。
たとえば、アクセス権限の付与では、ユーザーごとにアクセスできるシステムを分けることで不正やトラブルを防ぎます。この機能で重要なデータへのアクセスを管理者など特定のユーザーのみにすれば、情報漏洩リスクの軽減が図れます。
また、不正アクセス対策には、バックアップファイルの暗号化がおすすめです。データを暗号化しておけば、ファイルを不正に取得されてもリストアを防げます。

豊富なエディション

SQL Serverでは構築するデータベースの規模によってエディションを選択できます。エディションは、以下のように無償版と有償版で5つに分かれています。

  1. Express:無償版
  2. Developer:無償版
  3. Web:有償(要問い合わせ)
  4. Standard:CAL:209米ドル、サーバー:899 米ドル、コア単位:3,586米ドル
          (サーバーとコア単位は価格レベルなし (NL) の推定小売価格)
  5. Enterprise:13,748米ドル(価格レベルなし (NL) の推定小売価格)
  • サブスクリプション
    1.Standard:年間1,418米ドル
    2.Enterprise:年間5,434米ドル

無償版と有償版の違いは、「データ容量の制限」「機能制限」です。たとえば、無償版のデータベース容量は「10GB」ですが、有償版では「524PB」と比べると大きな違いがあります。機能的な面で言えば、無償版は、「バックアップ機能」や「メンテナンスプラン」が使用できません。
これらの制限を気にしなければ、無償版はコストパフォーマンスの高いツールです。そのため、無償版は個人利用や小規模開発の現場向けとも言えるでしょう。

Azure SQL Databaseへの移行で効率の良いデータ管理を行う

さまざまな恩恵が受けられるSQL Serverですが、実はクラウド上での利用も可能です。ここからはAzure SQL Datebaseについてご紹介します。

Azure SQL Databaseとは?

Azure SQL Databaseは、SQL Serverのクラウド型リレーショナル・データベースです。Azure上で利用できるフルマネージドPaaS型のサービスで、用意されたプラットフォームを登録するだけで気軽に利用できます。
修正プログラムの適用やバックアップなどが自動で行われるため、本来注力するべき作業に集中できます。また、CPUやメモリ、ストレージサイズなどのリソースをあらかじめ予測して準備してくれるので、都度、自由に変更できます。そのため、リソースが不足するなどの心配もいらず、スムーズな運用が可能です。

Azure SQL Databaseの特徴

Azure SQL Databaseは、Microsoft社がシステムの管理を行います。そのため、最新のSQLを堪能できるうえ、ネットワーク・セキュリティやデータの暗号化はもちろん、アクセス、キー管理を含むセキュリティ・コントロールが行われるなど、多層的なセキュリティ環境で大切な情報をしっかり守ります。また、99.99%の可用性を謳っており、システム障害時などにも安心です。この数値を維持できなかった場合には、SLA(サービスレベル契約)に則って対処されます。

24時間365日の稼働を実現しており、安定したサービスが利用できるのもユーザーとしてうれしいところです。テンプレートも豊富に用意されており、業務に沿ったテンプレートを使用することで効率化を図れます。

Azure SQL DatabaseとSQL Serverの違い

Azure SQL Serverは、SQL Serverのクラウドバージョンなので基本的な機能に違いはありません。しかし、サービスの管理において多少の違いが見て取れます。
SQL Serverは、オンプレミス環境で運用されるため、ユーザーが管理を行わなければいけません。その点Azure SQL Serverなら、更新プログラム・修正プログラム、バックアップが永続的に自動で適用されるため、セキュリティやシステムが常に最新の状態に最適化されます。
一方クラウドサービスのデメリットとして、提供されているシステムしか利用できないという点が挙げられます。Azure SQL Database においても、Microsoftが提供しているサービスの範囲内でしかシステム構築はできません。反対にSQL Serverなら、フレキシブルなシステム構築が可能です。

Azure SQL Databaseへ移行するメリット

Azure SQL Serverでは、クラウド上でデータベースを構築・保存するため、ユーザーが物理サーバーを持つ必要がありません。その分、初期費用も抑えられます。
また、物理サーバー上でデータベースを構築するには、多くの環境設定が必要です。しかし、クラウドサービスなら、すでにできあがった環境を利用するだけです。そのため、データベースの導入に日数を要することもなく、すぐにデータベースの運用が開始できます。
アップグレードやメンテナンス、バックアップも不要なので、それらに要していた時間や手間もかからず、安定した運用を実施できるでしょう。

まとめ

Microsoft Azureは、SQL Serverをクラウドサービスとして提供しており、クラウド上にデータベースを構築できます。
Microsoft Azureは、アプリケーション制作からデータ分析まで幅広い用途での利用が可能です。オンプレミスでの開発基盤をクラウドに移したい場合は、Microsoft Azureがおすすめです。

実際どうなの?Microsoft 365・AzureSecurity入門編~TISのゼロトラストセキュリティ自社事例を大公開~
  • fb-button
  • line-button
  • linkedin-button
RELATED SITES

関連サイト

CONTACT

サイト掲載の
お問い合わせ

TOP