データ分析レポート作成の例とは?重要ポイントも解説

データ分析レポート作成の例とは?重要ポイントも解説

企業の経営戦略や顧客管理、マーケティングなど、さまざまな分野で活用されるデータ分析。分析結果をきちんとビジネスに活用するには、データ分析レポートを作成するとよいでしょう。この記事では、データ分析の概要やレポートの書き方、気をつけるべきポイントなどを紹介します。

データ分析レポート作成の例とは?重要ポイントも解説

Microsoft Azure製品カタログ

データ分析レポートとは

データ分析レポートとは、実施したデータ分析の結果をまとめたものです。主に論文やビジネスシーンなどで活用されています。

データ分析は、ツールや分析方法、扱う情報などによっては結果がわかりづらく、それをそのままミーティングなどで使用しても伝わらないことが少なくありません。データ分析レポートは、分析の目的や分析方法、結果、考察などを効率的に伝えられるため、複雑なデータの分析結果を共有するのに役立ちます。

そのため、データ分析レポートを作成する際は、「重要なポイントを誰でもすぐに把握できるか」「データを元に客観的に検証できるか」などに注意する必要があります。専門的な用語を多用するよりは、誰にでも理解できる言葉や形式で、シンプルにまとめることが望ましいでしょう。

国内外のIoT先進事例100選
Azure Cosmos DB 自習書 - Azure Cosmos DB Gremlin API 編 -

そもそもデータ分析とは?概要について

データ分析とは、顧客情報や購買情報など、企業が収集するさまざまなデータを整理し、調査目的に合ったものを抽出することです。近年、ビジネスシーンのDX化や働き方改革の推進により、企業が収集できるデータの数や種類が大幅に増加しました。その結果、それらのデータを活用した事業戦略の検討やマーケティング施策などが主流になり、現在は多くの企業がデータ分析を企業活動に導入しています。

データ分析は、過去の傾向や現在の状況などを把握することで、今まで気づかなかった課題を発見したり、これからの市場の動きなどを予想できたりと、さまざまな効果が期待できます。ビジネスシーンでは、商品管理や経営戦略、マーケティングなど多くの分野でデータ分析が活用されており、今後もますますデータの重要性が高まっていくと予想されています。

データ分析レポートは「IMRAD形式」で作成

IMRAD形式とは、「Introduction」「Method」「Results And Discussion」の頭文字を取ったもので、もともとは論文などで採用されていた文章の構成です。分析結果を客観的にわかりやすく伝えられることから、データ分析レポートでも多く用いられるようになりました。ここでは、データ分析レポートの基本形式である「IMRAD形式」について、手順や注意点、作成のポイントなどを紹介します。

Introduction:目的

「Introduction」の部分は、レポートの序論にあたり、データ分析の目的や分析に至った背景などを記載します。注意すべきポイントは、「データ分析の結果をビジネスでどのように活用したいのか」「分析を行ったことで何を得たいのか」を明確にすることです。仮説を立ててデータ分析を行った場合は、「どのような仮説を立ててどんな検証が必要なのか」「その結果、何を得たのか」などを記述するとよいでしょう。

Method:データ分析手法

「Method」の部分では、データ分析の対象や手法を記載します。さまざまな属性や数値が集まるデータやその分析方法をわかりやすく説明するのは難しいものです。そのため、まずは5W1Hを用いて「いつ、どこで、どのように収集したデータなのか」など、データの対象を説明するとよいでしょう。BIツールなどを用いて情報を絞り込んだ場合は、その条件や「どのようにデータを抽出したか」などを記載します。ほかの人がレポートを読んだとき、同じ条件でデータを収集できるレベルまで、具体的かつわかりやすく記述することがポイントです。

データ分析の手法に関しては、分析に用いた統計的手法を記載します。「なぜその手法を選んだのか」「結果の数値を算出するまでにどのような計算をしたか」など、順を追って記述しましょう。統計的手法にはさまざまなものがあり、なかには専門知識が必要なものや、計算が複雑なものなどがあります。本質を理解しないまま複雑な分析手法を用いると、思ったような結果を得られなかったり、過程や結果をうまく記述できなかったりと、失敗を招く可能性があるので注意しましょう。

Results and Discussion:結果と考察

「Results and Discussion」の部分では、データ分析から得られた結果とその考察について記載します。まずは、Introductionで示した分析の目的に立ち返り、分析結果を客観的に記述しましょう。ポイントは、専門知識がない人でもひと目で結果を把握できるように、グラフや表、地図などを用いて分析結果を可視化することです。状況に応じて、比較対象など、基準となるデータも併せて記載するとよりわかりやすく伝えられます。

また、分析結果からわかる事実と自身が考える考察は、必ず分けて記述することが大切です。まず分析結果を記述し、そのあとに考察と結論を記述しましょう。考察では、「Introductionで提示したデータ分析の目的は達成されたのか」「将来はどのような展望があるのか」などを記述します。分析結果を受けて、どのように次の行動につなげていくのかを意識するとよいでしょう。

IMRAD形式で作成する重要性やメリット

IMRAD形式のメリットは、ビジネスの現場で重要なポイントをすぐに把握できることです。データ分析レポートは、客観的事実と作成者の考えを明確に区別することが大切です。しかし、複雑なデータ分析結果をビジネスに絡めてわかりやすく記述するのは難しいため、文章の構成やレポートの組み立てなどに注意する必要があります。IMRAD形式は、学術論文の代表的な構成であり、自身の研究内容やその結果をわかりやすく伝えるのに優れているため、ビジネスのデータ分析レポートの使用にも適しています。

IMRAD形式は、再現性の担保に優れているというメリットもあります。再現性の担保とは、記述した内容に従えば、同様の結果を得られることであり、IMRAD形式が昔から多くの論文やさまざまな分野のレポートで使用されてきた所以です。また、IMRAD形式を用いることで読者も次に記述されている内容を予想しやすく、より深く理解できるでしょう。

エンタープライズ(IT主導)型のデータ統合と課題点

データ分析は、マーケティングや事業戦略、顧客管理など、さまざまな分野でのメリットが期待できることから、近年多くの企業で導入されています。しかし、データを正しく扱い、分析結果をビジネスに活用するには、専門知識やスキルが必要です。データを収集したものの、「意思決定にうまく反映できない」「分析に時間がかかり最新の情報を確認できない」などの課題を抱える企業も少なくありません。

そのような場合に効果的なのが、データの収集・蓄積、加工、分析などを自動で行ってくれるBIツールの導入です。Microsoftが提供する「Microsoft Azure」は、さまざまな場所に蓄積されるデータを1つにまとめ、リアルタイムで集計し、分析が可能なため、それらを活用したスピーディーな意思決定が可能です。分析結果のビジュアライズにも優れており、作成した表やグラフなどをすぐに共有し、会議やミーティングなどで使用することもできます。これからBIツールの導入を検討している人は、Microsoft Azureを採用してみてはいかがでしょうか。

まとめ

データ分析の結果を伝えるのに役立つ、データ分析レポート。分析の目的や結果などをわかりやすく記述するためには、学術論文の代表的な構成であるIMRAD形式を用いるとよいでしょう。データ分析をより効率的に行いたい人は、高性能なBIツールを搭載する「Microsoft Azure」の導入を検討してみてはいかがでしょうか。

Azure を活用したデータ分析・機械学習 内製化支援プログラム

RELATED POST関連記事


RECENT POST「データ分析、データベース」の最新記事


データ分析レポート作成の例とは?重要ポイントも解説
New call-to-action

RECENT POST 最新記事

ブログ無料購読
New call-to-action

関連サイト

サイト掲載へのお問い合わせ