アプリケーション開発におすすめの言語とは?

アプリケーション開発におすすめの言語とは?

アプリケーション開発をしたいけど、どのプログラミング言語を選んだらいいのか分からない方も多いのではないでしょうか。

この記事では、これからアプリケーション開発を検討したい方に向けて、

  • 3つのアプリの種類
  • 主流であるWEBアプリ開発に必要な言語

について解説します。

それぞれの開発手法やプログラミング言語の特徴を理解して、自社に最適なアプリケーションを明確にしていきましょう。

アプリケーション開発におすすめの言語とは?

Microsoft Azure製品カタログ

アプリ開発の種類とは?

「アプリ開発」と一言に言っても、スマホアプリやWEBアプリなど、その種類は様々です。また、アプリを作るためのプログラミング言語の選択も様々です。

しかし、言語にはそれぞれ特徴があるため、開発したいアプリの種類によって適切な言語も異なります。まずは、どんなアプリを作りたいのかアプリ開発の目的を明確にすることが必要になります。アプリの形はWEBアプリ、ネイティブアプリ、ハイブリッドアプリという3つの種類に大きく分けることができます。

WEBアプリ

WEBアプリとは、インターネット上のWebブラウザで動作するアプリケーションの総称です。Webブラウザは、馴染みのあるGoogle ChromeやMicrosoft Edge、Safariなどを指します。

Amazonや楽天などのECサイト、YouTubeやニコニコ動画などの動画共有サービス、食べログなどはWEBアプリに該当します。

WEBアプリは、PCやスマホなどの端末へのインストールが不要という特徴があり、端末環境に依存せず使ってもらえることがメリットと言えます。
逆に、インターネット接続をしながら動作するため比較的動作が重くなってしまうことはデメリットであると言えます。

ネイティブアプリ

ネイティブアプリとは、PCやスマホ、タブレットへインストールして端末上で使用するアプリケーションの総称です。
例を挙げると、スマホアプリやPayPayなどが該当します。
スマホの場合、iPhoneならApp Store、AndroidならGoogle Playストアからインストールして使用します。

ネイティブアプリは端末に直接インストールして使うため、カメラを使ったり、FaceIDや指紋による認証をしたり、プッシュ通知を送ったりと端末の機能を使うことができることがメリットと言えます。
逆に、アプリストアを通してインストールをしてもらうため、売上の一部がAppleやGoogleに支払う必要があることはデメリットであると言えます。

ハイブリッドアプリ

ハイブリッドアプリとは、WEBアプリとネイティブアプリの両方の特徴を兼ね備えたアプリケーションの総称です。ネイティブアプリと同様に端末にインストールして使用する形ですが、中身はインターネットに接続した状態で使用するWEBアプリの特徴も持つということです。

例えば、Gmailや食べログ、Amazonなどのアプリはブラウザ上でWEBアプリとしても使用できるし、スマホにインストールしてネイティブアプリとしても使用ができます。

また、ハイブリッドアプリは、クロスプラットフォームと言って、iOSやAndroid、Windows、macOSなどの異なるプラットフォーム上で動作するという特徴があります。
そのため、一度の開発でiOSとAndroid両方に対応したアプリを作ることができるため、事業をスケールさせる際に検討されることが多くなります。

[SMART_CONTENT]

WEBアプリ開発に必要な言語とは?

WEBアプリを開発する際におすすめの言語はあるのでしょうか。
ここでは、WEBアプリを開発する際に代表的な下記5つの言語を紹介します。

  • HTML/CSS
  • JavaScript
  • PHP
  • Ruby
  • Python

それでは、1つ1つ言語の特徴を説明します。

HTML/CSS

HTMLは、WEBページを生成するためのマークアップ言語です。
「ここにタイトルを表示する」「ここに画像を表示する」「ここに本文を表示する」いったように、WEBページ内のどこに何を配置するのかを決定する言語です。

WEBアプリを開発する上では、HTMLはほぼ必須で使われると考えて良いでしょう。
CSSやJavaScript、またはPHPと並行して使用されます。

HTMLだけでWEBアプリを開発は難しい為、他の言語と合わせて習得が必要です。

またCSSは、WEBページの見た目やデザインを決めるための言語です。HTMLと同時に使用されます。
文字の大きさや色、ページ背景の色、文章の行間など様々なページの見た目に関することを決定する言語です。

JavaScript

JavaScriptは、WEBページにアニメーション等の動きをつけるための言語です。
例を挙げると、画像がスライドする、カーソルを合わせるとコメントが表示される、郵便番号を入力すると住所が自動入力されるなどが可能になります。

ほとんどの場合、HTMLやCSSと同時に使用されることが多いです。

PHP

PHPは、動的にWEBページを生成することができるスクリプト言語です。

HTMLが「静的なWEBページ」を生成するのに対し、PHPは「動的なWEBページ」を生成することができます。動的にWEBページを生成することができる言語にはほかにJavaScriptがあります。
PHPはHTMLと一緒に使用されることが多く、HTMLで書かれたファイル内にPHPを組み込んで使用します。

Ruby

Rubyは記述がとてもシンプルで読みやすく書きやすい、オブジェクト指向のスクリプト言語です。
アプリケーションサイトやショッピングサイトの開発で多く使用されます。

Ruby on Railsというフレームワークと共に使われることが多いので学習しておくとより全体像が俯瞰できます。

Python

PythonはRubyと同じく記述がシンプルで分かりやすい、オブジェクト指向のインタープリタ型言語です。

同じ処理でも他の言語と比べて少ない行数で非常にシンプルに書くことができ、読みやすく初心者にも学びやすい言語です。
誰が書いても比較的同じような記述になるので、エラー箇所が分かりやすいというメリットがあります。

Pythonが得意としているのは、何と言ってもAI(人工知能)を用いた開発や大規模なWEBアプリ開発で使用されます。代表的な例としてYouTubeやInstagram、DropboxはPythonで作られています。

まとめ

本記事では、アプリケーション開発の言語や開発の種類について紹介しました。

まずはアプリケーション開発の目的を明確にして、使用するプログラミング言語を選定することが重要になります。

RELATED POST関連記事


RECENT POST「アプリケーション開発・管理・運用」の最新記事


アプリケーション開発におすすめの言語とは?

RANKING人気資料ランキング

RECENT POST 最新記事

RANKING人気記事ランキング

サイト掲載へのお問い合わせ