マルチクラウド時代のクラウド データ管理のポイント

マルチクラウド時代のクラウド データ管理のポイント

現代ではあらゆる場面でクラウドによるデータ管理が行われています。そしてテクノロジー発展に伴ってクラウドの利便性の進化はますます加速していくことでしょう。本記事ではマルチクラウド時代のデータ管理について、ポイントを詳しく解説します。

マルチクラウドとは

マルチクラウドとは、1つの組織の中で複数のクラウドサービスを使用している状態を指します。マルチクラウドを導入することで、最適な運用環境の実現が期待できます。

社内で1つの業務を適切なフェーズにそれぞれ分割することで、通信量の消費を抑えることにもつながります。

例えば、従業員の研修のためにSaaSのサービスを利用したり、IoTデータの収集はパブリッククラウド、企業分析のためにハイブリッドクラウド環境を使用したりするというようなイメージです。それぞれのクラウドのよいところを組み合わせて、自社独自の運用形態を作り出すのがマルチクラウドの考え方です。

クラウドでデータ管理を行うメリット

クラウドによるデータ管理を行うことでどのようなメリットがあるのでしょうか。

特に知っておきたい3つのメリットについてそれぞれ解説します。

最新のセキュリティ

クラウドは、最新テクノロジーによるセキュリティ対策が自動で行われるため、セキュリティ対策を特に意識しなくても、コストをかけずに運用していくことが可能です。

近年の技術の発達により、毎日数千~数万個ほどの新しいウイルスが世界中で生まれています。そのウイルスからサーバーを守り安全に運用していくには、セキュリティ対策や定期的なメンテナンスを行える体制が常に必要不可欠になります。

新しいウイルスにも随時対応したセキュリティを持つクラウドでデータ管理を行うことで、セキュリティ面の管理が安全に行えます。

万全の管理体制

クラウドは、まるで警備が整った専用の施設内のような環境で、常に稼働状況の監視が行われています。そのため速やかにデータのバックアップなどのメンテナンスが行われ、トラブルを未然に防ぐことが可能です。

何かインシデントなどが発生した場合は、すぐに動ける専門家が待機しているためスムーズに問題解決することができます。

どこでもデータにアクセスできる

クラウドは、インターネットにつながったモバイルデバイスさえあればどこからでも社内データや顧客情報などに接続することが可能です。その場でデータの確認ができるため、社外にいる際でも情報を確認するためにオフィスに戻る必要はなくなります。これにより、従業員の負担軽減、業務の効率化が期待できるでしょう。

クラウドの活用によって多様なワークスタイルを実現することが期待されており、実際、従業員の在宅ワークや時差出勤など働き方にも変化が出てきています。

以上のようなメリットがあることから、今後のデータ管理はクラウドに委ねる方が賢明な判断と言えるでしょう。

マルチクラウドでデータ管理をする際の注意点

上手く使えば便利なマルチクラウドですが、データを管理する場合の注意点があります。

特に重要な3つの点について解説します。

データの検出

自社内でクラウドを運用している人が使用しているサービスについて理解していない場合は、そのサービスを保護することは困難になってしまいます。そのため自社で使用しているサービスについて、その実態をしっかりと把握しておく必要があります。

さらに理想の状態をいえば、従業員の全員が情報保護の重要性を理解して、会社の方針に沿って仕事に取り組む姿勢を持つことが必要でしょう。

運用の一貫性

クラウドサービスは、複数のサービスを並行してそれぞれのよいところを組み合わせて、自社独自の運用形態を作り出すのが特徴です。しかし複数のサービスを並行して運用するとなれば、管理が煩雑になってしまう可能性は否定できないでしょう。

「自社内でAのサービス管理はできていたけど、Bのサービスは管理ができていなかった」という状況では、クラウドを複数利用している意味がありません。

自社内でデータ保持、複製に関する一貫したルールを決めて、維持することが非常に重要です。

コスト管理

クラウドサービスは、利用した分だけ料金が発生するという従量課金制です。主にデータの保存やサービスからデータを取り出す費用が含まれています。そのため、必要のないクラウドまで導入していても、効果を得るどころかコスト損失になってしまいます。

IT運用に携わる方は自社内で何が必要なサービスなのかをしっかりと見極め、極力コストをかけずに運用していくことが非常に重要となります。

マルチクラウドのデータ管理をする際のポイント

マルチクラウドのデータ管理をする際に「運用の一貫性」が非常に重要です。

例えば、AWSにはAWS Backupのように同一のサービスで2つのパブリッククラウドサービスを使用し、さらにオンプレミス環境も運用すると、3つの異なるデータ保護ソリューションを使用していることになります。

この状況で社内のルールや一貫性を維持していくことは極めて困難と言えるでしょう。

そのため一貫性のある管理プラットフォームの利用が必要となります。具体的にどのようなプラットフォームが適切か、次のパートで詳しく解説します。

Commvault社が提供する「クラウド データ管理」とは

Commvault社が提供する「クラウド データ管理」は、クラウドとオンプレミス環境間でのファイルやアプリケーション、データベースなどのデータ移動、Commvaultデータの管理、バックアップやリカバリ、電子情報の開示などのデータ使用を行うことができます。そして、マルチクラウド、データ管理アクティビティの一元管理が可能になります。これにより、業務効率の向上が期待できます。

そのほか、クラウドデータプロジェクトにセキュリティ、柔軟性、選択肢を提供してくれるうえに、自動検出によりワークロードの保護を開始することも可能です。さらに、データの迅速な保護とリカバリを実現しています。

「クラウド データ管理ソリューション」が選ばれる理由

「クラウド データ管理ソリューション」が選ばれているのには理由があります。

その4つの理由をそれぞれ解説していきます。

さまざまなクラウド環境にあるデータの現在の状態をまとめて把握

クラウドデータ管理の導入により、1つのCommvaultダッシュボードからパブリック、ハイブリッドなどクラウド環境にあるデータの状態をまとめて把握することができます。Commvaultは複雑な組織のデータ復旧SLAにも応えることができるように設計されているツールであるため、安心して利用していけるでしょう。ネイティブクラウドツールのギャップを埋めることで、幅広くユースケースに対応しています。

通常であればクラウドへのバックアップは困難を極めますが、Commvaultを使用することで機敏にかつ効率的に最適化されたバックアップを行うことができるでしょう。またサーバー全体のパフォーマンス調整を行い、重複したデータの除去や圧縮によってコスト削減を推進しています。

山のようなデータを管理する今の時代では、さまざまなクラウド環境の把握をスムーズにできるのは大きなメリットだと言えるでしょう。

ディザスタ リカバリ (災害復旧) を効率化しシンプル化

クラウドデータ管理の導入で、クラウドのデータ移行や毎日のデータ保護タスクなどを同じインターフェイスで管理することができます。これにより、日々の業務に使用しているものと同じインターフェイスを使って、ディザスタ リカバリ(災害復旧)も管理し得ます。こうして業務効率化、労力やコストの削減、リスク低減をしながら複数のクラウドの自動化、といったことが実現されるのです。

クラウド データ管理プラットフォームを一元管理

成長している組織であれば、バックアップ製品やディザスタ リカバリ製品を2つ持ち合わせていることがよくあります。

しかし、クラウドのデータ管理を複数のサービスで行うと管理が煩雑になってしまう可能性は高いでしょう。Commvaultであれば、包括的なクラウド管理プラットフォームが1つ備わることで、データを効率的に管理することへつながります。

まずバックアップSLAを満たすクラウドを選択してから、日付スタンプを保持したまま古いワークロードを移動させることができるのです。自社内で複数のクラウドサービスを使用して管理が難しくなっている場合は、サービスを乗り換える絶好のチャンスだと言えます。

また、セキュリティ面、コスト面、業務効率化など、さまざまな視点から見ても1つのクラウド管理ソリューションで一元管理してしまうのが賢明だと言えるでしょう。

主に「Veritas NetBackup」「IBM Spectrum Protect」「Dell EMC NetWorker」「Microsoft Data Protection Manager」などのシステムをバックアップやアーカイブを自動的にキャプチャして、クラウドにデータ移行することが可能です。

代表的なクラウドパートナーとの連携が可能

Commvaultは、AWS、Microsoft Azure、Google Cloud、ORACLEなどといった代表的なクラウドパートナーとの連携が可能です。パブリッククラウドやプライベートクラウドなども含めると、合計40種類以上のオプションをサポートしています。データストレージの場所やハイブリッド環境において一貫したSLA、ワークフローのポリシー制御管理に対して包括的なビューを提供しています。

また現代はテクノロジーの発展により変化がとても速い時代なので、Commvaultは顧客ごとのデータ管理戦略に合わせたサービスの提供を行っています。

例えば組み込みの人工知能・機械学習を通じて、分析・自動化に役立ちます。これらは主に「自動でのリソース管理」「自社内ポリシーのクラウド上データへの拡張」などとして、実践されるでしょう。こうした自律的な運用支援により、コスト・労力の削減に期待できます。

以上の理由からCommvault社が提供する「クラウド データ管理」を企業が使用することは、業務効率化などを図る意味でもとても効果的だと言えます。「データをクラウドで管理していきたい」「セキュリティやコスト面などを考えてクラウドを使用していきたい」とお考えの方は、一度Commvault社が提供する「クラウド データ管理」をご検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回はマルチクラウド時代における、クラウドによるデータ管理のポイントについて解説しました。多くの企業がクラウドによるデータ管理を行うためにサービスの導入を進めています。セキュリティの強固やコスト面、業務効率化を図るためにもクラウドサービスはこれから必要不可欠となっていくでしょう。

RECENT POST「データと分析」の最新記事


マルチクラウド時代のクラウド データ管理のポイント

RANKING人気資料ランキング

RECENT POST 最新記事

RANKING人気記事ランキング