Microsoft Azure VMware Solution Hands-on Lab環境のご紹介

Microsoft Azure VMware Solution Hands-on Lab環境のご紹介

ツールのクラウド化が進んでいて、複数の社内ツールをオンプレミスからクラウドに移行している企業は多いでしょう。しかしクラウドサービスの数も多いため、選択肢に迷うかもしれません。

そこで本記事では、Microsoft Azure VMware Solution Hands-on Lab環境についてご紹介します。

Microsoft Azure VMware Solution Hands-on Lab環境のご紹介

Microsoft Azure製品カタログ

Azure VMware Solution(AVS)とは

Azure VMware Solutionは、VMwareベースのワークロードをAzureへシームレスに移行できます。慣れ親しんだオンプレミスのVMware環境を、そのままクラウド上で利用することが可能です。

AVSのサービスを提供しているのはMicrosoftで、このMicrosoftが提供しているクラウドサービスがAzure VMware Solutionです。似たようなサービスにAWSがありますが、こちらはAmazonが提供しているクラウドサービスです。

AWSでもAVSと類似するサービスが提供されているので、どちらを選択するかは他のツールとの兼ね合いになるでしょう。AWSを利用するためにはAmazonのアカウントが必要ですが、AVSならMicrosoftのアカウントで利用可能です。

普段どちらのアカウントを使用しているかも選択肢の基準になるはずです。

Azure with VMware SD-WAN - VMware SD-WANの概要とAzureとの親和性についてご紹介致します-
Microsoft Azure VMware Solutionの概要

Azure VMware Solution(AVS)のメリット

次に、AVSのメリットをご紹介します。ここではいくつかのポイントに絞ってメリットをご紹介しますが、実際のところはすべてと言っても過言ではないほど、オンプレミスからの移行にはメリットがあります。

強いて言うならオンライン環境が必要になるというデメリットはありますが、それ以外はクラウド化した方が圧倒的に業務効率化は進むはずです。

VMware環境をそのままクラウドへ移行

AVSは、オンプレミスと同様にVMwareを利用できます。IPアドレスの変更が難しい、できるだけサーバーを止めたくないといった不安を解消可能です。IPアドレスの変更も不要なので、クラウド移行を簡単に行えます。

オンプレミス環境からクラウド移行したい場合にぴったりのツールなので、クラウド移行したいがどのサービスを利用すべきかわからないという場合はAVSをご利用ください。ツールによってはAWSでもそれほど違いはないので、普段使用しているツールとの互換性などの問題になるでしょう。

Azureサービスの活用

AVSは、Azureのインフラストラクチャ上で稼働します。グローバルレベルのセキュリティ基準、盤石のバックアップ体制など、Azureのメリットを最大限に活かすことができます。使用感としてもオンプレミスとほとんど同じで、クラウドならではの難しさなどはありません。

今まで社内のオンプレミス環境で業務スキルを培ってきた従業員などもいるかと思いますが、AVSでオンライン化してもスキルはそのまま使えます。ワークフローやツールの操作感などもそれほど変わらないので、心配する必要はないでしょう。

またオンプレミス環境で、外部のツールと連携させていたなどの事情もあるかもしれません。具体的には、Microsoftのツールに結果を抽出することです。こういったツール間の連携も問題なく、オンライン、オフライン問わずにツールと連携できます。

普段Microsoftのツールを使用している方が多いかと思うので、その点はAWSよりも互換性は高いと言えます。

コストの最適化

アプリケーションを作り直す必要がないため、過去の投資が無駄になることがありません。VMwareとAzureを総合管理することで、管理コストの削減にも貢献できます。また基本的にコスト面を考えるならオンプレミス型よりもクラウド型のツールを使った方が良いです。

クラウド型のツールは自動的に更新され、またシステム規模に合わせてサーバーを変更するような費用もかかりません。クラウド型のツールを導入することで利便性が高まるだけでなく、コストも抑えられるため一石二鳥と言えます。

オンプレミスから乗り換える際に一時的にコストがかかりますが、その後運用を継続すればオンプレミスを継続した場合よりも最終的にはコストは抑えられるでしょう。そのため、なるべく早めにクラウド移行していった方がコストは低くなります。

ハンズオンラボ(Hands-on Lab)とは

ハンズオンラボとは、インターネット環境さえあれば気軽に試すことができる実習サイトです。ハンズオンラボには、VMware vSphereやvSANなどがあり、製品ごとにハンズラボのコースが設けられています。

他にもAWSのツールなどのラボもあり、短時間でツールの使い方を学べます。時間としては30分程度で、ラボでの学習は完全オンラインです。手軽に簡単にノウハウを学べるので、利用する価値は大きいと言えるでしょう。

ツールの利用方法などに不安がある方は、ぜひお試しください。

ハンズオンラボの登録方法

ハンズオンラボに登録して使用する流れはシンプルです。具体的には以下の流れです。

  1. パソコンからハンズオンラボの公式サイトにアクセスする。
  2. ハンズオンラボの公式サイトから学習したいコンテンツを選択する。
  3. アカウント登録に必要な情報を入力する。
  4. ハンズラボを開始する。

以上の流れでハンズオンラボに登録し、利用することができます。登録から利用までの流れは簡単なので、難しい点はありません。学習まで含めても1時間以内に終わるはずなので、気軽に取り組めます。

まとめ

ハンズオンラボはMicrosoft Azure VMwareなどを学べるラボです。ツールは業務で使用していればある程度慣れてくるものですが、なんとなく使っていると気づかない機能があったり、初期の頃に失敗して損失を出したりする可能性もあります。

ハンズオンラボなら短時間でツールの使い方を学べるので、利用をおすすめします。

RECENT POST「仮想デスクトップ」の最新記事


Microsoft Azure VMware Solution Hands-on Lab環境のご紹介

RANKING人気資料ランキング

RECENT POST 最新記事

RANKING人気記事ランキング

サイト掲載へのお問い合わせ