Windows 10で便利な仮想デスクトップの機能とは?メリットと使用方法

Windows 10で便利な仮想デスクトップの機能とは?メリットと使用方法

Windows 10から実装され、標準で使用可能な「仮想デスクトップ」は、複数のアプリケーションやファイルを、見た目は別のPCを使っているかのように同一ディスプレイ上に表示し切り替えて使える技術です。デスクトップやタスクバーが乱雑になり、ストレスを感じている場合にはぜひ利用してみましょう。仮想デスクトップの利便性と、すぐに使える起動手順やショートカットについて解説していきます。

Windows 10で便利な仮想デスクトップの機能とは?メリット使用方法

Microsoft Azure製品カタログ

Windows 10から実装された「仮想デスクトップ」とは

仮想デスクトップでは、1つのパソコンの中にデスクトップ画面を複数作ることができます。表示を切り替えることで、数台の端末を1つのディスプレイモニターにそれぞれ映して作業しているように見えるのです。

Excelやブラウザ、データフォルダ、社内システムなど複数のウィンドウを同時に開いて作業していると、開いたり閉じたり、ときには探したりする手間が発生します。しかし、デスクトップそのものを複数用意しておけば、目的ごとに使い分けることができるため作業効率化に役立ちます。

Citrix Virtual Apps and Desktop Standard for Azure ~Part 2 詳細編~
CVAD+WVDで実現する 高品質・高セキュリティなテレワーク シリーズ第2弾~比較検討編~

仮想デスクトップを使用するメリット

パソコン上でデスクトップ画面を複数持った状態で作業ができるほかに、スマートフォンやタブレットなども含めた複数端末からも、共通のデスクトップ画面を利用できます。ではより具体的に、仮想デスクトップを使うことでどのようなメリットを得られるのか、見ていきましょう。

複数のアプリケーションを横断しやすい

WordやExcelファイルを編集しながら、システムデータを検索する、メールチェックする、カレンダーを確認するということもあるでしょう。また、それと並行してSNSやオンラインゲームにログインすること考えられます。そうなるとウィンドウだらけになり見づらいため、やむを得ず閉じて、次に使う際にまた起動しなおすということは多々あるのではないでしょうか。このようなとき、デスクトップを切り替えて使えるようにしておけば、画面をそのままにして一時的に見えなくできるのです。

例えば、オンライン会議に入る前に、画面共有した際に見せたくないウィンドウを閉じておく必要もなくなるといった活用の幅が広がっています。

作業内容ごとにデスクトップを分けて整理しやすい

パソコンを使って、複数の作業を同時進行することは少なくありません。突発的かつ緊急に仕事が割り込んできたような場合でも、現在の作業を終了させることなく別画面で対応可能です。また、リモートワークが可能な場合は特に、仕事用とプライベート用で画面を分けたいこともあるでしょう。仮想デスクトップなら、1つのデスクトップ上に複数の作業が混在することはなくなるため、こうした場合も視認性が格段に向上するのです。

追加のディスプレイ代がかからない

これまでは、いくつかのデスクトップをそれぞれ同時に開きたい場合、追加でディスプレイを購入する必要がありました。複数ファイルを同時に開いて作業したい場合も、オフィスであれば、デスク上にディスプレイを複数台並べられるため、そこまで不自由さは感じないでしょう。しかしリモートワークで同様の環境を整えることは難しく、実現しようとすれば、ディスプレイやその他機器の貸出・管理について手間やコストも発生します。仮想デスクトップなら、こうした手間とコストを削減しつつ、オフィスと近い作業環境を従業員宅に整備できるでしょう。

別のデバイスからもアクセスできる

テレワークが推奨され、自宅をはじめとする社外での作業が増えた昨今では、会社とは異なる環境で作業することも多くなっています。インターネット環境さえあれば、職場と自宅で別のパソコンを使って同じデータを扱い、作業可能です。つまり、オフィス勤務の従業員とテレワーク従業員とでパソコン上でできることに差がなくなります。

また、出先でタブレットからアクセスできるのもメリットです。重いノートPCを持ち歩かなくても社内データにアクセスできるといった、多くの活用法があります。

データの紛失やパソコンの破損・盗難に備えやすい

インターネット上で仮想デスクトップにアクセスする場合、端末上にデータを保存しないため、どこからでもデータを開くことが可能です。そのため利便性だけでなく、例えばパソコン本体の紛失や突然の故障、水濡れや破損によるデータ消失に際にデータレスキューの手間が大幅に削減されます。盗難による情報流出などのセキュリティリスクにおいても、紛失に気づいた時点でパスワードを変更するといった対処が可能となります。これも大きな利点の1つでしょう。

仮想デスクトップを使用するデメリット

仮想デスクトップは活用すれば有意義になる機能ですが、対象の端末によって、デメリットと感じる場面もないとは言えません。操作に慣れることはもちろん必要ですが、利用しているデバイスのスペックなども考慮する必要があります。

デスクトップの切り替えが手間に感じることも

仮想デスクトップを切り替えるためには、ワンアクションながら手間が生じます。(具体的な切り替えの方法は、後述の「仮想デスクトップの使用方法」にて解説していきます。)

追加のディスプレイを購入し、マルチディスプレイ環境にした場合は、こうした切り替えの手間がなく、目線を動かすだけで別のデスクトップを確認できます。

したがって、より膨大な資料を同時閲覧したい場合や、多くのディスプレイを設置する環境を完璧に再現した場合は、仮想デスクトップは向いていないでしょう。

パソコンが重くなる可能性がある

利用しているパソコンのスペックによっては、高い処理能力が必要なツールを同時並行で起動してしまうと、重くなってしまう可能性があります。仮想デスクトップを増やしすぎると、その分CPUやメモリの使用率が高くなり負荷がかかります。快適に作業を行うために、CPUやメモリなど十分なスペックがあるか確認しておくことも必要です。とくに動画編集、レンダリング、CAD、オンラインゲームなどまで行う予定があるなら、設置するパソコンのスペックにはよく注意を払いましょう。

十分なネットワーク速度が必要

データを端末内に保存せず、共有できることは大きなメリットですが、ネットワーク環境が整備されていない場合は、一転して何もできないということになってしまいます。接続状況が不安定な場合は、高速回線への変更を検討しましょう。それでも接続しにくいようであれば、ルーターの置き場所を変えたり、中継器を使用したり、Wi-Fiにつないでいるデバイス数を減らす、また可能なら有線LANへの接続が有効です。

仮想デスクトップの使用方法

仮想デスクトップの使い方は一度覚えてしまえばとても簡単です。追加や削除、切り替えなど、よく使う機能はショートカットキーを覚えておくとさらに手間が省けて便利です。

仮想デスクトップを追加するとき

「Windows」+「Ctrl」+「D」キーの同時押しで、新規追加ができます。ショートカットキーを実行した瞬間に新しいデスクトップに切り替わるため、これまで使っていた画面を消すことなく、追加したデスクトップで違う作業を始められます。

仮想デスクトップを削除するとき

もう使わない仮想デスクトップ画面は、「Windows」+「Ctrl」+「F4」キーを同時に押すと、削除できます。追加されたら右に1つずつ増えていくイメージで、削除すると1つ前に戻ります。その際、削除したデスクトップ上で表示されていた画面は、1つ前に移動するため、誤って削除した際にデータを失ってしまうことはありません。

仮想デスクトップを切り替えるとき

「Windows」+「Ctrl」+「←」または「→」でいくつかあるデスクトップの表示を切り替えます。もしいくつ作ったかわからなくなってしまっても、「Windows」+「Ctrl」+「←」を何度か押せば最初の画面に戻り、「Windows」+「Ctrl」+「→」では同様に最後まで順に移動します。

【補足】タスクビューを使って操作することも可能です

「Windows」+「Tab」を同時押し、または、タスクバーのタスクビューアイコンをクリックするとタスクビュー画面が表示されます。これは、すべての仮想デスクトップと起動中のウィンドウを一覧でわかりやすく表示してくれるもので、クリックして開きたい場所へ移動することも可能です。どこで何を動かしていたかわからなくなったときにも便利です。簡単なショートカットキーですので、覚えておくことをおすすめします。

Windows 10仮想デスクトップに関するQ&A

最後に、仮想デスクトップを利用する前にチェックしておきたい、よくある疑問についての回答を紹介します。

Q:仮想デスクトップが作業効率アップに役立つのはなぜ?

  • 複数のウィンドウを同時に開きながら作業できる
  • 作業ごとにウィンドウを分けて管理できる
  • ウィンドウを都度開く(閉じる)手間を削減できる

これらの理由で、作業効率がアップして快適に作業できるようになるのです。

Q:シャットダウンや再起動をしてしまうと仮想デスクトップはどうなるの?

裏で別の仮想デスクトップを開いていたことを忘れてうっかりシャットダウンしてしまったり、なにかの拍子に再起動されたりしまうことも考えられます。このような場合でも、自分で削除をしない限り、以前と同じ状態で保持されます。「業務を終了してシャットダウンし、翌日以降にまた同じ状態から始めたい」という場合などに大変有効です。

まとめ

今回は、Windows 10に標準で搭載された、仮想デスクトップについて解説しました。

Windowsの標準機能を使用する場合、管理は個人に委ねられる部分がありますが、例えばCTRIX社のCitrix Cloudのようなサービスを利用すると、統一的な管理画面から、仮想デスクトップや仮想アプリケーションのユーザー環境を整備し、運用が可能です。仮想デスクトップ(VDI)の技術をさらに活用したい場合は、こういったサービスも検討してみてはいかがでしょうか。

RELATED POST関連記事


RECENT POST「仮想デスクトップ」の最新記事


Windows 10で便利な仮想デスクトップの機能とは?メリットと使用方法

RANKING人気資料ランキング

RECENT POST 最新記事

RANKING人気記事ランキング

サイト掲載へのお問い合わせ