Mixed Reality

Dynamics 365 Guidesとは?MRで作業効率化

Dynamics 365 Guidesとは、Microsoft社製の「HoloLens」上で「MR」を実現するためのソフトウェアで、業務効率化を目指す企業の中で注目を集めています。
本記事では、まずHoloLensやMRについて解説した上で、Dynamics 365 Guidesでできることや導入事例をご紹介します。

Dynamics 365 Guidesとは?MRで作業効率化

Microsoft Azure製品カタログ

MRとは何か

MR(Mixed Reality:複合現実)とは、現実世界と仮想世界がリンクした空間を作り出すデジタル技術です。例えば、架空のドミノをあたかも実在するかのように配置し、ユーザーのひと押しでドミノが倒れる、といったことが実現できます。MRを利用するためには、「HoloLens2」などの頭部に装着するMRデバイスが必要です。

MRデバイスは、現実世界の空間を3D認識技術によりデジタル化し、そこに仮想的なオブジェクトを配置します。そのオブジェクトは現実世界とリンクしており、ユーザー操作により動かすことが可能です。再現が難しい状況を簡単に作り出せるためビジネスでの利用価値が高く、製造業や建設業などの幅広い分野でMRが使われています。

MRと混同されやすいものに、「VR(Virtual Reality:仮想現実)」と「AR(Augmented Reality:拡張現実)」があります。VRとは、現実世界とは切り離された仮想世界を作り出すデジタル技術です。VRが提供する体験は100%仮想世界であり、現実世界が含まれない点でMRとは異なります。

また、ARとは、現実世界に仮想世界を組み合わせて表示するデジタル技術です。MRに似ていますが、現実世界と仮想世界がリンクしない点で異なります。つまり、ARで表示したドミノを指で押しても、すり抜けるだけで倒れることはありません。VRとARを組み合わせた技術がMRといえるでしょう。

[SMART_CONTENT]

HoloLens 2とは何か

MRを利用するために必要となるHoloLens 2とは、Microsoft社が提供しているMRデバイスのことです。コンピューターOSである「Windows 10」が内蔵されており、パソコンやスマートフォンへ接続せずにMRを利用できます。高解像度なホログラムを配置でき、立体音響とともに臨場感のあるMR体験を実現します。

コントローラーは存在せず、ジェスチャーまたは音声コマンドにより操作を行うのが大きな特徴です。完璧に連動するハンドトラッキング機能により、ホログラムを単純かつ直感的に動かせるため、ユーザーを選ばず快適な操作が可能です。

Dynamics 365 Guidesで何ができるのか

HoloLensやMRについて概要を理解したところで、ここからは本題である「Dynamics 365 Guides」について、改めて解説します。

Dynamics 365 Guidesとは、HoloLens用の MRアプリケーションの1つで、MRの利便性をより高めるためのさまざまな機能を持ちます。Dynamics 365 Guidesでできる主なことは、以下などです。

  • ガイドを表示できる
  • 作業データを分析できる

以下で順番に解説します。

ガイドを表示できる

Dynamics 365 Guidesを使うことで、3Dホログラムによるガイドを表示させることが可能です。例えば、作業をしているものの上に作業手順や注意点を表示することで、確認する手間を削減できるため作業がスムーズになります。

紙やオンラインのマニュアルでは、読むたびに作業が中断されるため非効率的です。その点Dynamics 365 Guidesを活用すれば、マニュアルを確認するために手を止める必要がなく作業に専念できます。人材育成を効率化できるうえに、指導者の負担軽減にもつながるでしょう。

作業データを分析できる

Dynamics 365 Guidesを使うことで、ガイドごとの使用頻度や使用時間などをグラフにより可視化することも可能です。さらに、これらのデータを「Microsoft Power BI」と連携すれば、クラウド上で共有・分析できます。

データ分析により改善すべきガイドが明確になり、HoloLensを用いた人材育成をより効率化できるでしょう。

導入事例を紹介

Dynamics 365 GuidesやHoloLensは、人材育成や、業務効率化などを目的として幅広い業種で導入されています。最後に、2社の導入事例を紹介しますので、導入を検討されているのであれば参考にしてみてください。

サントリー

飲料メーカー大手のサントリーでは、需要拡大に伴い人材確保の必要に迫られていたため、新入社員を大量に採用しました。しかし、従業員規模は拡大したものの、今度は人材育成が大きな課題となったのです。

多くの新入社員に、効果的に職場内研修を実施することは容易ではありません。特に、製造工程のオペレーションは非常に複雑なもので、1日に50種類以上のチェックリストを使用する必要がありました。色の判別や機器の洗浄・メンテナンス、小ロット生産のための切り替えなど、習得が難しい技術もあったのです。

そこでサントリーは、人材育成のためにDynamics 365 Guidesを導入しました。MRデバイスには、HoloLensの最新バージョン(2022年2月時点)である「HoloLens2」を採用。Dynamics 365 Guidesのガイド機能によって200段階もの手順を全て3Dマニュアル化し、MRでの表示を可能にしたのです。

その結果、ベテラン従業員の指導なしでも、新入社員が複雑なタスクをこなせるようになりました。また、全従業員のタスク習得に要する時間を、最大70%も短縮できると試算されています。

トヨタ自動車

世界的な自動車メーカーであるトヨタ自動車では、紙やWebの作業手順書・修理書が整備士の作業品質低下を引き起こしていました。2Dのイラストでは内部構造などの細かい表現が伝わりづらく、実際の車の該当箇所を見つけ出すのに時間がかかるのです。また、こうしたマニュアルは車種ごとに用意されているため、管理上かさばる問題もありました。

そこでトヨタ自動車も、Dynamics 365 Guidesを導入。紙やWebのマニュアルを3Dマニュアル化して、HoloLens2により自動車の部位の上に作業手順が表示されるようにしました。その結果、マニュアルを確認しながら両手で作業が行えるようになり、整備士の生産性や習熟度が向上したのです。

まとめ

Dynamics 365 Guidesとは、MR(複合現実)を実現するHoloLens2用のMicrosoft社製のソフトウェアです。現実世界の空間にガイドを表示することが可能で、人材育成の効率化につながります。また、遠隔地からの指導やガイドのデータ分析も可能です。
人材育成刷新を目指す際は、日本産業の未来を変えていくであろうHoloLens2の導入をご検討ください。

Corporate Introduction​&​ ホロラボMRパッケージ製品のご紹介
  • fb-button
  • line-button
  • linkedin-button
RELATED SITES

関連サイト

CONTACT

サイト掲載の
お問い合わせ

TOP