Javaランタイムとは?特徴やダウンロード・インストール方法を紹介!

Javaランタイムとは?特徴やダウンロード・インストール方法を紹介!

小学校でのプログラミング教育が必修化されたことからわかるように、年々プログラミングについての注目度は上がっています。しかし一言に「プログラミング」と言っても、世の中にはさまざまなプログラミング言語や動作環境があるのも事実です。ここではプログラミング言語として人気のJavaの特徴と、その動作環境について紹介します。

そもそもJavaとは?

Javaは1995年にアメリカ合衆国のSun Microsystems社によって開発・発表されたプログラミング言語です。現在はSun Microsystems社を買収した、アメリカ合衆国のOracle社によって開発が続けられています。ほかのプログラミング言語であるC++やPython、JavaScript(Javaとは異なる言語)などと並び、人気の高いプログラミング言語の1つとして知られています。

ほかのプログラミング言語と異なり、Javaで作成したプログラムはOS(オペレーティングシステム)に依存しない柔軟性があります。このことからWindowsやMac OS、Linux、スマートフォン、タブレットの他、Blu-rayディスクプレイヤーといった家電製品など、世界中のさまざまなデバイスで利用可能であることが特徴の1つです。

Javaの特徴

Javaに用いられているのは、プログラムの機能を部品(オブジェクト)に分け、それぞれを作成し組み合わせることで全体としてのプログラムを作り上げる「オブジェクト指向」と呼ばれる概念です。例えば「データを読み込むオブジェクト」「読み込んだデータを格納しておくオブジェクト」「データを加工するオブジェクト」「データを画面に表示するオブジェクト」というように、各機能をオブジェクトに分けて作成し、それらをつなぎ合わせることで1つのプログラムを完成させます。

これによりプログラムの全体像を把握しやすくなり、作成者以外の第三者のプログラマー(プログラム作成者)でもプログラムの構造や処理内容を把握しやすいなどのメリットがあります。

またJavaは大規模なシステム開発にもおすすめです。オブジェクト指向を用いていることから、1つのプログラムを部品に分け、部品ごとに複数人で並行し開発することができます。ほかにも、処理速度が早いという特徴もあります。そのため、大量のデータを高速に処理する大規模システムなどで用いられることが多くなります。

なぜJavaの処理速度が早いのかというと、Javaがプログラムの実行前に必ずコンピュータが理解可能な形式に翻訳(コンパイル)を行う「コンパイラ型言語」を使用しているためです。これに対して、コンパイルが不要な言語のことを「インタプリタ型言語」と呼びます。

一見インタプリタ型言語の方が効率的に思えますが、インタプリタ型言語もプログラム実行中に内部処理としてコンパイルを行いながら動作しています。つまり、先に言語の変換を行うJavaのようなコンパイル型言語と比較すると、どうしても処理が遅くなるのです。

さらに、Javaは世界的に多く利用されている言語であるため、クラスライブラリと呼ばれる共通部品を簡単に入手して利用できることが特徴的です。例えば、一般公開されている気象情報などのオープンデータをプログラムで処理しようとした場合、気象データはXML形式、JSON形式、CSV形式などさまざまな形式で提供されている可能性があります。これらの形式ごとにデータを読み込むプログラムを1つずつ作成するとなると、かなりの手間がかかるでしょう。こうした場合に、Javaの公開クラスライブラリの中からXMLやJSON、CSVなどのデータを読み込む機能を部品として入手して利用すれば、プログラムの開発効率が大きく上がります。また、公開クラスライブラリはほとんどが無償で入手可能です。

Javaランタイムとは?

Javaで作成したプログラムを動作させるためには、Javaランタイム(JRE)と呼ばれるソフトウェアを導入し、動作環境を整える必要があります。この項目では、Javaランタイムの概要やバージョンの確認方法を紹介します。

Javaランタイム環境に必要なJRE

Javaランタイムは、JREとも呼称されるソフトウェアです。JREとはJava Runtime Environmentの略称であり、JavaがWindowsやMacといった異なるOSでも動作可能なのは、JREをさまざまな環境で導入できるためです。JREではJavaのプログラムが動作するために必要となる部品(クラスライブラリ)や実際にJavaが動作する仮想マシン(JVM)、Javaを仮想マシンで起動するための仕組み(クラスローダー)などが提供されます。JREが動作するコンピュータであれば、パソコンから家電機器まで、さまざまな環境でJavaを動作させることが可能です。なおOracle社によると、全世界で510億個のJVMが利用されていると2020年に発表されています。

Javaランタイムのバージョンを確認する場合、Windowsでは「スタート」メニューから「プログラム」または「すべてのアプリ」を選択しましょう。表示されたプログラム一覧の中から「Java」を探して選択します。続けて「Javaの機能」をクリックしてJavaコントロール・パネルを起動してください。そうするとJavaコントロール・パネルが表示され、「一般」タブの中にある「バージョン情報」からバージョンを確認できます。また「バージョン情報」をクリックすると別ウィンドウが表示されるので、その中でJavaのバージョンを確認することも可能です。

Macの場合は、画面左上のAppleアイコンより「システム環境設定」を選択し、その中からJavaアイコンをクリックするとJavaコントロール・パネルを開けます。

Javaランタイムのダウンロード・インストール

これまでJavaの特徴について紹介してきました。ここからは、Javaで作成されたプログラムを動作させるためにはどのようにすればよいか紹介していきます。

Javaランタイムのダウンロード

Javaのランタイムは下記のサイトからダウンロードすることが可能です。Windows用やMac OS用、Linux用、Solaris用が用意されているので、利用環境に合わせたJavaランタイムをダウンロードしてください。なお、Windows版はオンライン版(インストール中にJavaランタイム本体が追加ダウンロードされる)、オフライン版(Javaランタイム本体を含めてダウンロードされる)、64bit版(64bit版Windows用)があるため注意が必要です。

Javaランタイムのインストール

ダウンロードされたファイルをダブルクリックすると、インストーラーが起動されます。この際にWindowsでは「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」というメッセージが表示される場合がありますが、「はい」をクリックして構いません。

Javaセットアップ画面が開き「Javaへようこそ」というメッセージが表示されたら、「インストール」ボタンをクリックします。

その後インストールが始まり、しばらくするとインストールが完了するので「閉じる」ボタンをクリックすれば終了です。

まとめ

Javaは汎用性の高いプログラミング言語であり、多くのWebサイトやアプリで活用されています。だからこそ、プログラミングに携わるのであればJavaやJREについての知識は必須と言えるでしょう。JREは簡単にインストールできるため、ぜひこの機会に検討してみてください。

RECENT POST「アプリケーション開発」の最新記事


Javaランタイムとは?特徴やダウンロード・インストール方法を紹介!

RANKING人気資料ランキング

RECENT POST 最新記事

RANKING人気記事ランキング