クラウド移行(インフラ・DB)

分散クラウドの特徴とは?導入するメリットとビジネスモデルなど解説!

分散クラウドとは、各サーバーの機能を分散し負荷を軽減させ全体的なパフォーマンスを向上させる仕組みのことです。使用者の意図やニーズに沿った仕組みの構築をすることで、複数のローケーションに散在するITインフラを一元管理することが可能です。本記事では、分散クラウドの特徴やメリット・ビジネスモデルに基づく価値などについて解説しています。
また分散クラウドの実現方法についても紹介していますので、ぜひ最後までご覧ください。

分散クラウドの特徴とは?導入するメリットとビジネスモデルなど解説!

Azure SQL DatabaseとSQL Serverの違いは?

分散クラウドとは

分散クラウドは、ITインフラを構築するうえで重要なポイントの1つです。タスクやストレージをマネジメントする際にネットワークにかかる負荷を軽減させるために、必要な仕組みともいえます。ここでは、分散クラウドの概要や特徴・メリットについて紹介します。

分散クラウドとは

分散クラウドとは、ITインフラ構築においてネットワーク環境の負荷分散を目的とし、クラウド上にシステムを設計することでロケーションに影響することなく運用できる仕組みです。一般的には、クラウド事業者のマネジメントによって利用可能な仕組みであり、上手く活用することで企業にとって散在しているロケーションのITインフラを一元管理できます。
複数のベンダーを一元管理するには、分散クラウドのような仕組みが必要ですが、本来はさまざまなITプラットフォームをマネジメントする人的負荷を軽減させる目的があります。

分散クラウドの特徴

分散クラウドによる一元管理によって、ベンダーが管理するプラットフォームの運用が簡素化できたり複数ロケーションに位置するサーバーマネジメントが容易となります。
この仕組みを確立するには、分散クラウドならではの特徴を理解する必要があります。具体的な特徴を、下記にまとめました。

  • 複数のロケーションに散在する仕組みを一元管理
  • システムの簡素化
  • コストパフォーマンスの向上

猥雑な仕組みをマネジメントコントロールするにあたり、分散クラウドは十分なパフォーマンスを発揮し、企業のコスト削減にも寄与することでしょう。
また、分散クラウドによる一元管理によって、システムをシンプルに運用できるところは大きな特徴といえます。

分散クラウドのメリット

分散クラウドの特徴からみえるメリットは数多く存在します。具体的には、下記のとおりです。

  • エッジコンピューティングを導入しやすい
  • 同一のコントロールプレーンにおけるマネジメントが可能
  • 最新技術のオートイントロダクション
  • コンプライアンスの強化

分散クラウドにおけるエッジコンピューティングによって、マルチクラウドをシンプルに管理できます。
また、同一のコントロールプレーンで一元管理できるため、スムーズに最新技術を導入することが可能です。コンプライアンスに則って運用し、的確なマネジメントが行える点は大きなメリットといえます。

プロジェクト管理スタートアップガイド
人は職場でどのように時間を使っているのか

分散クラウドのビジネスモデルと価値

分散クラウドの代表的なビジネスモデルとして、パブリッククラウドやハイブリッドクラウドが挙げられます。
また、散在しているロケーションのシステムを一元管理することで、その価値を享受できます。

分散クラウドのビジネスモデル

分散クラウドのビジネスモデルには、パブリッククラウドとハイブリッドクラウドがありますが、具体的にはどのような仕組みなのでしょうか。
クラウドサービスは、物理的に近い環境で運用されていますが、もともと遅延しにくいという特性があります。しかし、データウェアハウスのような膨大なボリュームを運用するにはパブリックでは限界がみられていました。
このような背景から、ハイブリッドクラウドによるビジネスモデルが誕生し、現代において重要な仕組みが構築されました。

分散クラウドの誕生により、一貫したコントロールプレーンにてクラウドインフラストラクチャをマネジメントできるようになりました。
特にプライベートクラウドからパブリッククラウドまでのストラクチャに拡張性を持たせることはビジネスへの展開としても重要な判断の1つとなります。その結果、ネットワーク負荷による遅延を回避させることへと繋がり、ビジネスへの転嫁が可能となりました。

パブリッククラウドからハイブリッドクラウドにビジネスモデルを転換したことにより、クラウドの特性を活かした構想と遅延に起因する問題回避を実現することが可能となった現代。分散クラウドによってプロバイダへとすべての責任を転嫁できるようになりました。

分散クラウドの価値

分散クラウドの価値といえば、散在しているロケーションの一元管理による一貫性の向上です。
各ベンダーが抱える現状の課題として、クラウド上に置く数々のプラットフォームの猥雑さと一貫性のない分散管理による人的負荷の向上が挙げられます。
しかし、このような環境下に置かれる仕組みを分散クラウドに転嫁することによって、その価値が見出されることでしょう。
将来的には、各ベンダーがマネジメントするプラットフォームの多くは、分散クラウドによって一貫性が担保される可能性が示唆されています。

分散クラウドの実現方法

分散クラウドの特徴ともいえるITインフラの一元管理によって、ネットワーク環境の負荷軽減だけでなく仕組みの一貫性を担保することも可能です。
現代では、ハイブリッドクラウドやパブリッククラウドをマネジメントプレーンによって運用することで実現することができます。
たとえば、「Azure Traffic Manager」「Azure Load Balancer」などによる負荷分散の仕組みも分散クラウドの代表的な1つです。DNSなどのネットワークトラフィックのロードバランサによって負荷を最適化できます。

その他、アプリケーションレベルでマネジメントプレーンを行う「Azure Application Gateway」「Azure Front Door」なども存在することからオンプレミスにて実現することも可能です。データウェアハウスに蓄積されたビッグデータをマネジメントするにあたり、コンプライアンスを遵守するだけでなくネットワークリスクを軽減することも念頭におかなければなりません。
このように、コンプライアンスに基づいた負荷分散を実現するためにも、Azure製品を導入することはおすすめです。

まとめ

今回は、分散クラウドの特徴やメリットなどについて解説してきました。
また、負荷分散のビジネスモデルにおいて、パブリッククラウドやハイブリッドクラウドを例に挙げて考察しました。
プライベートクラウドからパブリッククラウド、ハイブリッドクラウドへのマネジメントプレーンを軸に、その将来性と今後の展望には大きな期待ができることでしょう。
また、分散クラウドにおける一貫性を担保にしたITインフラストラクチャによって、その価値を見出すことも可能。負荷分散の仕組みを導入するにあたり、Azure製品はおすすめです。

New call-to-action
  • fb-button
  • line-button
  • linkedin-button
RELATED SITES

関連サイト

CONTACT

サイト掲載の
お問い合わせ

TOP