クラウド移行(インフラ・DB)

DXで注目のクラウドシフトとクラウドリフトの違いとは?

近年、DXの推進が進められていますが、その時に欠かせないのが、既存のシステムをクラウドへ移行させることです。そして、クラウドへの移行で使われるのがクラウドリフトやクラウドシフトといった用語です。この記事では、クラウドへスムーズに移行できるよう、クラウドシフトやクラウドリフトの基本から、具体的な移行方法まで詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

DXで注目のクラウドシフトとクラウドリフトの違いとは?

クラウド移行 まるわかりガイド

クラウドシフトとクラウドリフトの違い

今までオンプレミスだったシステムをクラウドにする時に取れる方法には、クラウドシフトとクラウドリフトの2つがあります。クラウドシフトとクラウドリフトはクラウドに移行するアプローチである点は同じですが、移行方法が異なります。

具体的には、クラウドシフトの場合、これまであった業務システムを活用せず、クラウド用に新たにシステムを開発したり、導入したりします。クラウドリフトと比べると圧倒的な手間と時間がかかりますが、その分本質的なアプローチで、本格的にクラウドに移行するのに向いています。クラウドシフトを行う時には、最新の技術と豊富な経験を持っているSIerを活用すると良いでしょう。クラウドにスムーズに移行し、少ない手間で保守運用していくためには、サーバーレスなどの最新の技術やアジャイル開発の手法などを活用したほうが有利だからです。

一方で、クラウドリフトとは、今まで存在した業務システムをできる限りそのままの状態でクラウドに移行する手法です。新たにシステムを作るのではなくクラウド用に最適化するだけなので、クラウドシフトと比べると少ない手間でクラウドへの移行が完了します。その一方でクラウドリフトでは古いシステムをそのまま使うことになります。そのため、これまで行っていた保守や運用の業務は自動化されず、そのまま残ってしまうというデメリットがあります。クラウドリフトは簡単にできるものの、あくまで応急処置的な対応だと考えておいたほうが良いでしょう。ちなみに、現在ではクラウドリフトをするためのツールも充実しており、手間暇をかけずにクラウドリフトを実現することも可能です。

このように、クラウドシフトはクラウドリフトと比べて手間暇はかかるものの、より根本的でメリットも大きいクラウド移行手段なのです。

クラウドリフト&シフトとは

クラウドリフト&シフトとは、クラウドシフトのように今までオンプレミスで存在していた業務システムをそのまま移行した上で、必要な部分のみ改修を行って、クラウド環境に最適化する方法のことです。クラウドリフトとクラウドシフトの中間的なクラウド移行手法と言えるでしょう。

まず、クラウドリフトの進め方は上で説明したとおりです。クラウドリフトを行うと、クラウド環境に移行すること自体はできますが、クラウド上ではあまり効率的でない可能性があります。より円滑に業務を進めるためにも、リフトを行ったあとで、クラウドに最適化して、自動化できる部分は自動化したり、生産性の向上につながる改修をおこなったりします。

そんなクラウドリフト&シフトはクラウドシフトほど大きな手間をかけず、これまでのシステムを活用しながらクラウド環境に移行することが可能です。

クラウドリフト&シフトのメリット

クラウドリフト&シフトの最大のメリットは、本格的なクラウド移行ができるのに、手間がかからないことです。クラウドリフト&シフトではオンプレミスで動いていたシステムを活かしてクラウド上に移行するため、比較的手間がかかりません。その上、クラウドリフトのように応急処置的な手法ではなく、本格的にクラウドに移行できます。

また、学習コストが低い点もメリットと言えるでしょう。クラウドリフト&シフトではこれまであったシステムを活かしてクラウド上に移行します。そのため、運用方法もほとんど以前までと同じで良く、新たに運用方法を学ぶ学習コストが低いのです。また、バックアップや構成の管理など、技術者が行う運用についても、これまでと同じような手法で運用できる部分が大きいです。一部の運用はクラウド独自になりますが、他の手法と比べると、比較的楽に運用できるでしょう。

クラウドリフト&シフトの手順

いよいよ次はどのようにクラウドリフト&シフトを行うか手順を解説していきます。手順を5つに分割して詳しく見ていきましょう。

手順①既存環境の仮想化

クラウドリフト&シフトを行うためには、まずは既存の環境を仮想化する必要があります。仮想化とは、CPU、メモリ、ディスクなどのリソースを抽象化することで、ソフトウェアにより実質的に本物と同じように使えるサーバーのことです。仮想化をすれば用途に合わせて別のサーバーを用意する必要がなく、便利です。そして、クラウドを導入するためには、仮想化をすることが必須なのです。
とはいえ、多くの企業のサーバーはすでに仮想化されているため、この手順は改めて踏まなくても良い企業が多いです。既存環境の仮想化が完了したら、移行先のクラウドを選ぶ必要があります。

手順②クラウド環境をテスト利用

次に、クラウド環境をテスト的に利用してみましょう。クラウド環境が自社にどのようなメリットやデメリットをもたらすのかについては、実際にやってみて初めてわかる場合もあります。そのため、まずは停止しても影響度が低い仮想サーバーをクラウド化してみます。
ちなみに、最初からすべてのシステムをクラウドに移行するのは避けるべきです。クラウド環境と自社のサーバーの相性が致命的だった場合、大きな影響が出るからです。

手順③クラウド移行を進める

テスト利用で問題なくクラウドを導入できることがわかったら、次は全サーバーをクラウド移行していきます。全サーバーを一度に移行するのではなく、小さなブロックに分けて少しずつ移行していくのが大切です。クラウドに移行する時には、どうしてもサーバーを一度止める必要があるからです。サーバー停止が業務に大きな影響を与えないよう、配慮して行いましょう。

手順④クラウド環境での運用と効率化

サーバーをクラウドへ移行できたら、次はクラウドを運用していく必要があります。どう運用していくかは最初に決めておくことが望ましいですが、移行の段階で気づいたことがあれば運用を改善すると良いでしょう。また、クラウドならではの特徴を活かした効率化ができるのであれば、この機会に自動化・省力化して生産性を向上させることができるでしょう。

手順⑤クラウドネイティブなシステム基盤の構築

クラウドへの移行が完全に終わったら、今後作るシステム基盤はクラウドで運用することを前提とするのがおすすめです。クラウドと相性が良いシステムを作ることで、よりDXを加速させ、生産性の向上が期待できます。

今さら聞けないクラウドへ移行すべき5つの理由

大きく成長しているクラウド市場。しかし、そもそもクラウドへ移行することへのメリットなど基礎的な理解できていない。そんな方へのおすすめ記事です。

今さら聞けないクラウドへ移行すべき5つの理由

ブログ記事を見る

まとめ

既存のシステムをクラウド環境に移行するクラウドリフトやクラウドシフトはDXを加速させる上で不可欠です。取り入れてみてはいかがでしょうか。

  • fb-button
  • line-button
  • linkedin-button
RELATED SITES

関連サイト

CONTACT

サイト掲載の
お問い合わせ

TOP