中小企業に適したERP!経営情報システム「 MJSLINK NX-Plus」とは?

中小企業に適したERP!経営情報システム「 MJSLINK NX-Plus」とは?

「ERP」は大企業向けのものだと考えている方も多いのではないでしょうか。一口にERPといっても、中小企業向けに設計された製品は数多くありますし、中小企業に導入するメリットも少なくありません。本記事では、中小企業にERPが有効な理由や、中小企業向けのシステム「MJSLINK NX-Plus」についてご紹介します。

中小企業に適したERP!経営情報システム「 MJSLINK NX-Plus」とは?

そもそもERPとは?

「ERP」とは「Enterprise Resource Planning」の略称で、「経営資源計画」とも呼ばれています。ERPそのものは抽象的な概念であり、その内部には企業活動の一環として行われる会計や生産、営業、人事に関することなども含まれます。

一般的には、資源計画を具体的に実現するために利用する、「統合基幹業務システム」を指して呼ぶことが多いようです。そのため、代表的なERPとしては会計管理システムや生産管理システム、営業支援システムなどが挙げられます。ほかにも幅広い業務を包含し、たとえば財務・予算、販売・購買、顧客関係、プロジェクト管理、人材管理、マーケティング、EコマースなどのシステムもERPにより提供されています。

いずれにおいてもERPの場合、社内の多様な業務が一元的に管理されるという特徴を持ちます。部門ごとにバラバラに管理されていた情報をまとめられるため、効率的な運用が実現できます。二重入力による無駄な作業負担を軽減し、結果として生産性向上やコストカットなどにも寄与します。

ほかの外部ツールと連携できる製品も多いため、広範にわたって作業効率を向上させられるのも強みです。さらには、全社の情報がリアルタイムで把握できることから、経営戦略にも有効活用できます。多くの情報を使った分析を迅速化し、企業としての意思決定を支援してくれるでしょう。

ERPの種類

一口にERPといっても、実際はさまざまな種類があるため、どのタイプを選択するかによって享受できるメリットは変わってきます。特に「オンプレミス型」と「クラウド型」の違いは大きいでしょう。

オンプレミス型は、ネットワーク機器などのハードウェアを自社で用意し、内部でソフトウェアを管理・運用するタイプです。カスタマイズ性が高く、自由自在に自社のニーズにマッチした開発が行えます。その分、運用には高い技術レベルが求められるため、人材の配備が欠かせず、メンテナンスや異常発生時などの手間も比較的大きなものとなります。

一方クラウド型は、システムを自社内ではなくクラウド環境に置くタイプです。そのため、インターネット経由での利用が前提となり、どこにいてもシステムにアクセスできます。導入ハードルが低く、メンテナンスなどにかかる手間は小さく済むほか、欲しい機能を自社開発する必要もないため、素早く利用ができるメリットがあります。

反面、クラウド型はカスタマイズ性に乏しい傾向があるうえ、ネットワークに依存する都合上、接続環境によっては作業が滞るおそれもあります。ただ、利便性の観点でいえば、デメリットに対してメリットが余りあると判断されるケースが多いため、近年ではクラウド型のほうが主流になりつつあります。

クラウド型はさらに「パブリッククラウド」「プライベートクラウド」に分類できます。パブリッククラウドは、一般にイメージされるタイプのクラウドサービスです。対してプライベートクラウドは、オンプレミス型に近い感覚で利用でき、自社で環境を占有し高度なカスタマイズも可能です。ただし、コストが高くつくなどのデメリットもあるため、どのタイプが自社に適しているのか、よく検討する必要があるでしょう。

なぜ、ERPは中小企業に有効なのか

では、なぜERPが中小企業にも有効なのでしょうか。ERPが中小企業に推奨される理由について見ていきましょう。

スピード経営の推進

ERPが中小企業にも有効とされる理由としては、まず「スピード経営の推進」が挙げられます。大企業は資金も人材も潤沢であるため、規模の異なる中小企業が同じ戦法で戦うことは困難です。そのため、中小企業ではスピーディーかつ妥当性のある経営判断が求められます。これをサポートしてくれるのがERPです。

ERPはさまざまな情報を集め、分析する役割を担ってくれるため、経営者自身がデータ解析の特別な技術やノウハウを持っている必要がありません。また、そのために人材を確保することも必須ではなくなります。一元管理された情報をもとに検討すればよいため、経営判断の迅速化が図れるのです。

経営資源の効率運用

経営資源(ヒト・モノ・カネなど)に多少余裕のある大企業とは違い、中小企業ではリソースが限られています。そのため、少ないリソースをいかに有効活用するかが重要です。ERPを導入すれば、人材管理や給与計算、在庫管理などさまざまな機能が提供されるため、資源の運用に関して総合的なサポートが期待できます。

財務体質の改善

中小企業の中には、支払いや資金繰りなどで課題を抱えているケースも多く見られます。たとえば、「どの支払いがいつ発生するのか」「将来必要となる資金はどれほどなのか」といったことを適切に把握できている企業ばかりではありません。

ERPによって財務状況をデータ化し可視化すれば、自社が今何をすべきかが明らかとなるため、財務における行き詰まりを打破できます。結果として、財務体質の改善に向けた取り組みが促進され、そのための効果的な手法も見出せるでしょう。

中堅・中小企業向け経営管理システム「MJSLINK NX-Plus」

中小企業向けのERP製品としては、「MJSLINK NX-Plus」がおすすめです。これは、株式会社ミロク情報サービス(MJS)が提供する未来型経営管理システムです。同社の約40年分もの財務会計に関するノウハウが蓄積されており、スピード経営や業務効率向上、データ連携など生産性向上に資する機能が多数搭載されています。

MJSLINK NX-Plusの6つの特長

「MJSLINK NX-Plus」には、主に以下の6つの特長があります。

  • 全業種に対応し、導入実績も豊富
  • 最新の法改正にも対応
  • 操作性が高く、ITツールに慣れていない人にも優しいUI
  • サポート体制が万全で安心できる
  • 高品質
  • 開発から導入、保守までカバーしたワンストップサービスを提供

ERPとして高い機能性・操作性を実現しつつ、導入後の運用で失敗することがないよう、手厚いサポート体制も敷かれています。初めてツールを導入する企業でも安心して始められるため、この機会にぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

ERPはスピード経営をサポートし、経営資源の効率運用から財務体質の改善まで、広範にわたって中小企業を支援します。製品によって特徴はさまざまですが、今回ご紹介した「MJSLINK NX-Plus」であれば、安心して導入できるでしょう。自社へのERP導入を考えている方は、「MJSLINK NX-Plus」のご利用を検討されてみてはいかがでしょうか。

RELATED POST関連記事


RECENT POST「業界向けソリューション」の最新記事


中小企業に適したERP!経営情報システム「 MJSLINK NX-Plus」とは?

RANKING人気資料ランキング

RECENT POST 最新記事

RANKING人気記事ランキング

サイト掲載へのお問い合わせ