「Azure VMware Solution」を導入すべきなのはどんなとき?ユースケースと導入時の注意

「Azure VMware Solution」を導入すべきなのはどんなとき?ユースケースと導入時の注意

Azure VMware Solutionとはどんなシステムか、どんな利用方法ができるのかについてまとめました。Microsoft Azureへの移行を考えているなど、Azure VMware Solutionを導入するべきケースから、利用する場合のデメリットまで解説しています。

「Azure VMware Solution」を導入すべきなのはどんなとき?ユースケースと導入時の注意

Microsoft Azure製品カタログ

「Azure VMware Solution」とは?

VMware vSphereとは、世界でもシェア率の高いVMware社のサーバ仮想化ソフトウェアのことです。そんなVMware vSphereによって構築された仮想環境をMicrosoftが提供するMicrosoft Azure上で利用できるサービスが、Azure VMware Solutionです。

Azure VMware Solutionでは、ハイブリッドクラウド環境で仮想デスクトップとアプリケーションなどに関するサービスを提供しています。運用やサポートもMicrosoftが行っており、AzureでVMware vSphereを使用しているときに問題が発生した際には、VMware社ではなくMicrosoftからサポート対応が受けられます。これにより、MicrosoftとVMware社の各問い合わせ窓口に連絡する必要がなくなり、スムーズに問題解決が図れるのです。

そのほかにも、「vSphere ESXi」「vCenter」「vSAN」「NSX-T」「HCX」などのVMware社製品ライセンスがAzure VMware Solutionの利用料金に含まれています。したがって、これらについて個別に契約・支払いを行う必要がありません。Azure VMware Solutionは指定通りに設定を行うだけなので、2、3時間程度の作業で簡単に導入できます。

「Azure VMware Solution」のユースケース と導入時の留意点
Windows Virtual Desktopセキュリティ監視

「Azure VMware Solution」を導入すべきケースは?

仮想マシンやデータベースを使いたいだけなら、Azure VMware Solution を導入しなくても、LinuxやWindows の仮想マシンなどを利用するほうがコストや拡張性などの面から見ても便利です。それではどのような場合にAzure VMware Solutionを導入したほうがいいのでしょうか?ユースケースを考えながら見ていきましょう。

サーバのIPアドレスを変更せずにMicrosoft Azureへ移行したい場合

現在、オンプレミスでのVMware vSphere環境でシステムを稼働しているのなら、Azure VMware Solutionの導入がおすすめです。サーバのIPアドレスを変えたり、システムを止めたりする必要もなく、VMware vSphere環境をスムーズにMicrosoft Azureへ移行できます。

オンプレミス環境からIaaSやPaaSなどへ移行する際は、一般的にオンプレミス環境のアプリケーションをクラウドサービス上で利用できるように変換しなければなりません。移行後も、実際に稼働するかどうかを確認する作業も必要です。このように移行にはかなりの準備と時間がかかります。そのうえ、移行している間にはサーバも止めなければならず、そのため、事前に業務スケジュールを確認して移行の計画を立てる必要があるのです。

Azure VMware Solutionなら、オンプレミスのVMware vSphere環境をAzure上のVMware vSphere環境とL2延伸で接続できます。L2延伸とは、L2のネットワークをほかのネットワークとつなげて、すべてが1つのネットワークであるかのように扱うための技術です。L2延伸でオンプレミスとクラウドの異なるプラットフォームを接続する構成は「ハイブリッドクラウド」と呼ばれています。

主に障害に備えたサーバ構成として使われますが、「オンプレミス環境はそのまま活かしつつ、そこにAzureのクラウド環境を追加する」といった使い方ができるという大きなメリットがあります。オンプレミス環境とAzureをハイブリッドクラウド化することで、「サーバを稼働したままのワークロード移行」や「オンプレミスサーバのIPアドレスを変えずに移行」をスムーズに行うことができるのです。

Azure VMware Solutionの設定はすぐに終わりますが、オンプレミスからクラウド上へのデータ移行にはシステムやデータの大きさによって1年かかる場合もあります。日頃の業務を滞りなく行うためには、その間オンプレミス環境で同じIPアドレスを利用できる状態を維持しなければなりません。データ移行と日常業務の両方に問題が生じさせないためには、Azure VMware Solutionの導入は外せないのです。

サポート切れのWindows Server 2008を稼働させている場合

普段使用している環境がWindows Server 2008であるなら、Azure VMware Solutionの導入はおすすめです。Windows Server 2008は2020年1月でサポートが終了したため、現在、更新プログラムの提供は行われていません。それでも、Windows Server 2008のままサーバを使用し続けている企業もあるでしょう。Windows Server 2008をAzureの仮想マシンに移行すれば、オンプレミス環境で利用中のライセンスを、ソフトウェアアシュアランス(SA)つきで無償使用できるサービスが受けられます。

SAとは、アップグレードやサポートなどを含め、複数のソフトウェアのライセンスをまとめて利用者に提供するMicrosoftのサービスです。これにより、終了していたセキュリティ更新プログラムなどの特典が2023年1月まで利用できるのです。オンプレミス環境のままでWindows Server 2008を使用する場合でも延長サポートは利用可能ではありますが、Windows Server 2008の価格×75%の費用がかかります。

しかしながら、Windows Server 2008を使い続けることで、専用の人材確保が難しくなるという課題も起こるでしょう。なぜなら、Windows Server 2008は2008年に公開されたOSであり、現在、最新サーバとしてWindows Server 2019があります。そのためエンジニアは基本的には、「Windows Server 2008という10年以上も前の技術を今さら学ぶよりも、現在の技術を学んで実践経験を積みたい」と考えるからです。

そもそも、Windows Server 2008のサポートは2023年1月で終わるものです。Azure VMware Solutionの導入も延命措置でしかありません。やはり企業としては、新しいサーバへ移行するための足掛かりと考えて、Azure VMware Solutionの導入を検討してみる必要もあるでしょう。

仮想マシンを塩漬けしたい場合

「塩漬け」とは古いOSやアプリケーション、ソフトウェアを仮想環境にそのまま移植して、アップデートなどの変更を加えずに使い続けることです。すでにライセンスが切れ、メーカーサポートが受けられないOSでありながらも、既存のオンプレミスVMware vSphere環境で現役として使われている場合もあるでしょう。このように、古いOSやソフトウェアなどの使用を続けたい場合にも、Azure VMware Solutionなら対応できます。

同じVMware vSphere環境で利用を続けるためには、vSphere ESXi、vCenter、vSAN、NSX-T、HCXなどの利用が必要です。一つひとつ購入しようとすると大変ですが、これらのソフトウェアはAzure VMware Solutionにコンポーネントされています。そのため、Azure上でオンプレミス環境をそのまま塩漬けすることも可能なのです。

「Azure VMware Solution」を利用するデメリット

Azure VMware Solutionの導入は数時間で設定が終了しますが、サーバのデータ移行には1ヶ月程度かかることも多く、大量のデータを扱っている企業などの場合は1年もの時間がかかるケースもあります。そのうえ、データの移行中には、オンプレミス環境のIPアドレスを変えないように維持し続けなければなりません。また、移行時にはかなりの時間がかかることから、通常業務などに問題が生じないよう高速で質の高いネットワーク回線を利用する必要があります。

Azure VMware Solutionは、1時間単位の従量課金制を採用しており、利用期間が短ければ、コストは割高になります。基本金額として1,165.03円/時間が設定されていますが、1年予約では34%割引の774.37円/時間、3年予約では53%割引の543.94円/時間とよりお得に利用できます(2021年7月現在)。ただし、これは1ノードあたりの金額のため、導入の際には必要となるノード分を購入しましょう。

まとめ

Microsoft Azureへの移行を検討しているなど紹介したケースに該当する場合、「Azure VMware Solution」のデメリットに注意すれば導入は大きなプラスになります。「Azure VMware Solutionインテグレーションサービス」も利用できるなど付加価値も大きいため、利用の検討をおすすめします。

RELATED POST関連記事


RECENT POST「仮想デスクトップ」の最新記事


「Azure VMware Solution」を導入すべきなのはどんなとき?ユースケースと導入時の注意

RANKING人気資料ランキング

RECENT POST 最新記事

RANKING人気記事ランキング

サイト掲載へのお問い合わせ