アプリケーション開発の種類と特徴を徹底解説

アプリケーション開発の種類と特徴を徹底解説

アプリケーションの開発を始めてみようとしても、具体的にどうすればいいのかわからない方もいるかと思います。

アプリには様々な種類があり、開発の方法も多岐にわたります。それらを正しく認識していないと、目的から大きく逸れたものが出来上がったり、開発期間が膨大になったりする恐れがあります。

今回は、アプリ開発の基礎を理解するために、アプリケーション開発の種類とその特徴をご説明します。

アプリケーション開発の種類と特徴を徹底解説

Microsoft Azure製品カタログ

アプリケーション開発の種類とは

アプリは大きく分けて3つの種類があります。

  • Webアプリ
  • ネイティブアプリ
  • ハイブリットアプリ

それぞれの特徴を把握した上で、適切なアプリの種類を選びましょう。

WEBアプリ

インターネット上のWebブラウザで動作するアプリを総称して、WEBアプリと呼びます。Webアプリの範囲は広く、食べログやクックパッド、AmazonのWEBサイトなどもWebアプリに該当します。

Webアプリの長所は、利用するためにアプリをインストールする必要はないことです。ブラウザを使ってWebサイトにアクセスするだけで使用できるため、非常に利用のハードルが低いと言えます。

また、GoogleやAppleのようなプラットフォームからの審査が必要ないため、リリース・アップデートを高速で行うことができます。

一方で、動作はどうしても遅くなるため、ゲームのようなリアルタイムなやり取りには向きません。また、スマートフォンからの通知機能なども利用できないデメリットもあります。

ネイティブアプリ(スマホアプリ)

iTunesStoreやGoogle Playからダウンロードして端末で使用するアプリを総称して、ネイティブアプリと呼びます。

ネイティブアプリは、スマホの機能を最大限に利用できるのが特徴です。ユーザーはカメラやGPS機能などを、様々な形で利用できます。一例を挙げると、カメラを使って現実の映像上に3Dモデルを出現させるAR機能などが利用できます。

また、プッシュ通知も大きな魅力です。WEBアプリではユーザーがアプリのお知らせを確認する必要がありましたが、ネイティブアプリでは自動で通知が行われるため、その必要はありません。通知機能を活用することで、非常に高いリピート率を維持できます。

難点として、アプリ開発の際には、GoogleやAppleのようなプラットフォームからの制約が大きいことに注意しなければなりません。

ハイブリットアプリ

ハイブリットアプリは、WEBアプリとネイティブアプリの両方の要素を持つアプリです。ブラウザからでも利用できますが、ネイティブアプリのようにストアからアプリをインストールしての利用も可能です。アプリそのものはWebアプリベースで開発されます。GmailやTwitterのアプリがこれに該当します。

ハイブリットアプリには開発工数が少なく済むというメリットがあります。

ネイティブアプリの場合、iOSとAndroid環境それぞれで開発が必要になります。対して、ハイブリットアプリはクロスプラットフォームと呼ばれ、WEBアプリ開発技術があれば、両方の環境で動かすことができます。

[SMART_CONTENT]

アプリケーション開発の特徴とは

アプリケーション開発のためには、それぞれの特徴を理解しなければなりません。iOSとAndroidでは同じものを使えるというわけではなく、それぞれの環境に合わせてそれぞれ開発する必要があります。

iOSアプリの特徴

iOSはiPhone、iPadといったApple製品に利用されるOSです。日本では国内普及率が60%前後と、iOSアプリには非常に高い需要があります。

アプリ開発には主にswiftという言語を使用します。swiftはiOSアプリ開発のために作られた言語で、複雑な処理をシンプルにコーディングできるなどのメリットがあります。また、swiftだけではなく、Objective-Cという言語も用いられます。swiftはまだ歴史の浅い言語のため、ライブラリが十分ではない部分があります。Objective-Cはそのような箇所を補ってくれるため、補助的に利用することが可能です。

アプリ開発はAppleのPCであるMacで行うのが一般的ですので、Macを持っていない場合は別途購入の必要があります。Windowsと操作方法がやや異なるため、操作方法を学習する必要もあります。

また、アプリ開発者はライセンス料として年間約12、000円を支払う必要があります。月あたり1000円程度ではありますが、継続的な出費が必要なことは留意しておきましょう。

Androidアプリの特徴

AndroidアプリはKotlinという専用のプログラミング言語を利用します。Javaというプログラミング言語をベースに作られた言語ですが、Javaに比べてシンプルにコーディングできるメリットがあります。

開発にはJavaを使用することも可能です。Javaはアプリに限らず、非常に広い範囲で利用されているプログラミング言語です。既存のプログラムをアプリ開発のために利用するなども使い方もされているため、Javaにふれる機会はなくならないと言われています。

開発にはWindosPCかMacを利用します。パソコンを持っていれば新しく用意する必要がないため、準備のハードルが低いと言えます。

アプリをリリースするには3000円程度の開発者登録が必要になります。一度の支払いで済むため、Appleと比べて総額は低くなります。

アプリケーション開発における注意点

アプリケーション開発においては、いくつか注意しなければならないことがあります。これらを意識することで、素早くで効率的な開発ができるだけでなく、ユーザー満足度の高いアプリを作ることができます。

フレームワークを活用する

フレームワークとは、開発のために必要な機能を揃えた骨組みのようなものです。1から開発を行うと膨大な工数になってしまう場合でも、フレームワークを活用することで、作業を効率化できます。結果として、短い期間で、安いコストで開発ができます。

プログラミング言語を選択する

開発に必要なプログラミング言語は、事前に把握しておくようにしましょう。

たとえば、iOSはswift、AndroidはKotlin、WEBアプリではHTML・CSS・JavaScriptなどの言語が必要です。

適切なプログラミング言語を選択しなければ、余分な手間が発生したり、そもそもアプリが動かせなかったりといった問題が発生します。配信媒体や開発プラットフォームに合わせて、言語を選択することが重要です。

階層化してUX向上を行う

ユーザーがアプリを快適に利用して良い体験を得るためには、階層化を意識した開発が必要です。ここでのユーザー体験はUXと呼ばれていますが、UXデザインには「JJGの5階層モデル」が用いられます。階層は戦略、要件、構造、骨格、表層、の5つに分けられており、それぞれが個別の目的を持っています。

これらの階層を意識してデザインを行うことで、ユーザーはアプリを快適に利用できるようになります。たとえば、構造をシンプルにすることで、コンテンツを見たり、お目当ての機能にアクセスしたりしやすくなります。また、コメント投稿に必要なステップを最低限にしたり、タイピングしやすいUIデザインにしたりすることで、気軽に投稿してもらえるようになるでしょう。

まとめ

アプリケーション開発には、必要な環境、費用、学習難易度、ユーザビリティを意識する必要があります。これらを意識して臨まなければ、開発がうまく進まずに頓挫したり、期待した満足度を得られなかったりすることもがあります。

今回ご紹介したことを踏まえて入念に計画を立て、スムーズな開発を行えるようにしましょう。

RELATED POST関連記事


RECENT POST「アプリケーション開発・管理・運用」の最新記事


アプリケーション開発の種類と特徴を徹底解説

RANKING人気資料ランキング

RECENT POST 最新記事

RANKING人気記事ランキング

サイト掲載へのお問い合わせ