アプリケーション開発基盤とは?メリットや特徴を解説

アプリケーション開発基盤とは?メリットや特徴を解説

昨今のアプリケーション開発に関わった際に「アプリケーション基盤」は無視できない概念の一つです。ここでは、そのアプリケーション開発の基盤について基礎からメリットやアプリケーション基盤の標準化まで全体的に紹介していきます。

アプリケーション開発基盤とは?メリットや特徴を解説

Microsoft Azure製品カタログ

アプリケーション開発基盤とは

アプリケーション開発基盤とは、アプリケーションにおける土台となる部分のことです。

昨今では従来のシステムから変わり、自由度の高いオープンシステム上でアプリケーションを開発することが主流です。従来、カスタマイズ性が高いオープンシステム上では、選択肢が増えたことに伴って複雑になったという側面があります。

そのため、基盤的要素まで考慮に入れて開発に取り組まなくてはなりません。このように、昨今の流れに合わせてアプリケーション開発において基盤の存在感が大きくなってきているのが現状です。

また、オープンシステム上での開発において、アプリケーション基盤を標準化することも重要になります。標準化をすることは、以降の開発の円滑な進行に直接繋がるためです。

アプリケーション開発において重要である標準化について具体的方法を詳しく紹介していきます。

[SMART_CONTENT]

アプリケーション基盤の標準化方法

ここからは、アプリケーション開発における基盤の標準化について具体的な方法を紹介していきます。基盤の標準化を行うことは、以降の開発進行をより効率的かつスムーズに進めるために大きく影響があります。

以下がアプリケーション開発基盤の具体的な標準化の方法です。

  • MVCアーキテクチャの採用
  • DIの採用
  • テスト自動化ツールの導入

それぞれ詳しく見ていきましょう。

MVCアーキテクチャの採用

まずアプリケーション基盤を標準化する具体的な方法の一つとして挙げられるのが、MVCアーキテクチャの採用です。MVCアーキテクチャとは、

  • 「Model」:データを処理する
  • 「View」:ユーザーが入力や出力を行う画面などのインターフェース
  • 「controller」:上記二つを制御する

上記三つの観点からデータ処理を行う方法です。この方法のメリットとして以下の2点が代表されます。

  • 業務の分担が容易:機能の独立性が高いため、それぞれの部門に業務を分担しやすくなる
  • 変化に強い:表示される部分とデータ部分が別なため、どちらか一方の変化に対応しやすい

このような柔軟性の高さがMVCアーキテクチャの特徴といえます。

DIの採用

次に紹介するのは「DI」の採用です。

「DI」とは、「Dependency Injection」の略語で、「依存性の注入」という意味を持ちます。

依存性の注入とは、それぞれ紐づいてしまって分離して動作、修正させることが難しい機能に対して効果的な対策をとります。具体的には、動作関係の紐付けを緩めた上で、外部からの入力で個別の機能を分離して動作、修正させることを可能にすることを指します。

DIを採用することで得られるメリットとして以下のものが期待できます。

  • それぞれ個別で機能させることが可能になり、個々のパーツについての情報が得られやすい
  • 個々の機能を別個に検証、変更できるのでソフトウェアの柔軟性が高くなる

上記のように、DIを導入することはより柔軟性が高いソフトウェアを作ることに大きく寄与してくれます。

テスト自動化ツールの導入

最後に紹介するのはテスト自動化ツールの導入です。これはその名の通りシステムやプログラムの動作を自動でテストしてくれるツールを指します。テスト自動化ツールを導入することで得られるメリットとして以下があります。

  • 自動化によってテストに割くリソースを抑えられる
  • テストにおけるミスが少なくなる

このように、テスト自動化ツールを導入することで、長期的なコストカットと作業工数削減に繋がります。

アプリケーション構築に必要な要素

ここからはアプリケーション構築に必要な要素を紹介します。アプリケーション開発における基盤として大まかに以下の三つの要素に大別できます。

  • フレームワーク
  • ガイドライン
  • サンプルプログラム

それぞれ詳しく確認していきましょう。

フレームワーク

フレームワークとは、アプリ開発における共通的な機能を事前に提供するプログラムのことです。フレームワークが存在することで、開発者側は共通する基礎的な機能を開発する必要がなくなります。また、フレームワークがあることでアプリケーション固有の特徴的な機能をフレームワークに当てはめて開発できるため、半自動的に統一感のある質の高いプログラムとなることが期待できます。

ガイドライン

ガイドラインとは、プログラミングを実行する上での一定のルールなどがまとまった指示書のことを指します。ガイドラインがあることで、開発者側に一定の共通認識をルールとして付与することが可能です。そのため無駄な修正や確認の必要がなくなり、作業を効率的に進行できます。

サンプルプログラム

サンプルプログラムは、フレームワークの上で実際に動作するプログラムを想定したサンプルフォーマットのことです。実際のプログラムの動きをリハーサル的に確認することで、文面などでは認識しづらい問題点を発見することができます。その結果として、開発における作業工程を効率的に削減していくことが可能になります。

アプリケーション基盤を作成するメリット

アプリケーション基盤を作成することは、アプリケーションを開発における開発進行に大きく影響を与えます。基盤を作成することで、結果的に高品質なアプリケーションの作成に繋がります。

特にアプリケーション基盤を作成する上で以下の2点が代表的なものといえます。

業務効率化が期待できる

アプリケーション基盤を作成することのメリットとして、業務全体を効率的に進行できること挙げられます。開発におけるフレームワークを確立されることで、製作者全体のパフォーマンス向上し、結果として生産性が向上することが期待できます。

トラブル発生時の対応スピードが向上する

アプリケーション基盤の作成によるメリットとして、トラブル発生時の対応スピードの向上もその一つです。基盤が作成されていることで、問題点やトラブルの発見が容易になり、また早急に対応することが可能です。結果的に、無駄のない開発作業に繋がるため、その分のリソースをサービス品質向上に再分配することも可能です。

まとめ

ここまで、アプリケーション開発の基盤について包括的に紹介してきました。

アプリケーション開発において基盤作成をすることによって得られるメリットは、長期的に見ても大きくアプリケーション開発に影響します。

特に、基盤作成のメリットは開発においてそこまで多くのリソースを割きたくないトラブル探査や対策といった箇所に特効的に作用してくれるものです。もし、アプリケーション開発においてフラストレーションを感じる場合は、アプリケーション基盤についてもう一度見直してみることをおすすめします。

RELATED POST関連記事


RECENT POST「アプリケーション開発・管理・運用」の最新記事


アプリケーション開発基盤とは?メリットや特徴を解説

RANKING人気資料ランキング

RECENT POST 最新記事

RANKING人気記事ランキング

サイト掲載へのお問い合わせ