Commvaultが提供する包括的なクラウドバックアップ&リカバリとは?

Commvaultが提供する包括的なクラウドバックアップ&リカバリとは?

クラウドのバックアップ&リカバリは、データ保護戦略として重要です。データの保護は、事業の継続と社会の信頼を維持する意義があります。ITの課題であることはもちろん、経営課題として優先すべき位置づけにあるといえるでしょう。

企業活動によって多種多様なデータが発生しますが、それらは企業の資産であり、一度失われると二度と戻らない場合があります。ハイブリッドクラウド、マルチクラウドの拡大によって、データは分散して保存されるようになりました。したがって、包括的にデータを保護するために十分なIT投資が必要になります。

Commvault Complete Backup & Recoveryは、クラウドとオンプレミスにあるデータを高速かつ効率的に保護するソリューションです。バックアップ&リカバリが必要な理由、クラウドのデータ保護のポイントに触れるとともに、Commvault製品の機能や特長を紹介します。

Microsoft Azure製品カタログ

なぜバックアップとリカバリが必要なのか?

日常的な企業活動によって、多種多様なデータが生まれます。財務会計や勤怠などの社内的な情報から、顧客や取引先のリスト、販売管理の情報、マーケティング情報など、さまざまな部門でデータの活用と管理を効率的に行うことが求められます。

ただし、企業のデータは、前提として「失われる可能性がある」と認識すべきでしょう。

企業がデータを損失する要因には、さまざまなものがあります。リスクが高いものは、悪意のあるサイバー攻撃です。うっかり従業員がデータを削除したり、誤動作でシステムがトラブルを起こしたり、人為的なミスもあり得ます。あるいはハードウェアの老朽化、地震や台風のような自然災害による施設の損壊にも注意が必要です。

したがって、あらゆるリスクを想定して、データを定期的にバックアップしておくと安全です。

バックアップした状態に戻すことをリストア、持続可能な状態に正常化して復旧させることをリカバリと呼びます。このとき、確実にリストアやリカバリできることはもちろん、業務を中断するようなダウンタイムを最低限に抑えることが重要です。

バックアップとリカバリの体制が整備されていないこと自体、顧客や取引先を含めて企業に関わるステークホルダー全体の信頼を失います。さらに、障害発生から復旧に時間がかかった場合は、大きな機会損失です。業務アプリケーションを稼働できない状態では、全社員の仕事がストップしてしまうリスクを免れません。

テクノロジーの進歩によって、ネットワークやハードウェアの障害を最小限に抑える高可用性を実現できるようになりました。しかし、その反面、障害が起きたときに復旧までの時間が長時間に渡ると、企業の評価は著しく下がります。データと評価のいずれにおいても、損失を取り戻すためには膨大なコストが必要です。

バックアップ&リストアは、ITサービスを展開する企業に関わらずリスク回避のために必須の経営課題であり、特にSaaSなどのクラウドを積極的に活用している場合は、クラウドの特性を想定したバックアップ&リカバリの対策が求められます。

クラウドバックアップ&リカバリのポイント

クラウドバックアップ&リストアでは、オンプレミスの物理的もしくは仮想化された環境、ハイブリッドクラウド、マルチクラウドなどの多様な環境から、クラウド上もしくは物理的なアプライアンスにバックアップ&リストアを行います。

複雑になりますが、オンプレミスからクラウドへのバックアップ方式では、バックアップサーバーに保存したものをステージングする方法、バックアップサーバーからIaaSにレプリケーションする方法、クラウドストレージに直接保存する方法などがあり、目的やスケールを考えて選択します。

その他、クラウドからオンプレミスへのバックアップ、クラウド内の仮想マシンのバックアップがあり、システムが複雑に連携しているため、包括的にバックアップの状態や保存場所を把握しておく必要があります。災害復旧(DR)を考慮すると、データセンターのリージョンが分散していることも重要です。

クラウドのバックアップではデータ量が膨大になります。柔軟に対応できることがクラウドのメリットではありますが、リカバリ時の時間短縮やコスト削減を考慮すると、差分や増分をバックアップするとともに重複排除などの機能が必要です。また、セキュリティの観点からは、ストレージおよび転送時の暗号化が求められます。

自然災害を考慮したリカバリにおいては、災害発生時から通常業務に戻るまでの時間(RTO:Recovery Time Objective、目標復旧時間)、どこまで復旧するかという目標の時点(RPO:Recovery Point Objective、目標復旧時点)が重要になります。それらを算出して、最適なプラットフォームを検討します。

Commvault Complete Backup & Recoveryとは

Commvault Complete Backup & Recoverによって、保存されたファイル、アプリケーションやデータベース、ハイパーバイザーなどの広範なバックアップとリカバリが可能になります。ひとつのクラウド、マルチクラウド、オンプレミスやクラウド内のワークロードというように、さまざまな環境のバックアップとリカバリをサポートしています、

今後ますます需要が高まるマルチクラウドですが、Azure のほか、AWS、Google Cloud Platform、Oracle Cloud Infrastructureといった主要なクラウドストレージのバックアップ&リカバリに対応します。

クラウドバックアップを網羅するソリューション

Commvault Complete Backup & Recoveryは、強力なクラウドバックアップ&リカバリの管理機能を備えています。ファイル、アプリケーションやデータベース、仮想マシンの完全なバックアップとリカバリ、ファイルと仮想マシンのアーカイブを行います。ファイル共有の用途にも利用できます。災害復旧対策にも適したソリューションです。

マシンのスナップショット管理、レプリケーションと仮想マシンの増分レプリケーションに対応し、バックアップ時のデータは圧縮と重複排除を行います。転送中および保存中のデータは暗号化されます。

コストを抑えたワークロードの移行を実現し、Commvault Command Centerでバックアップの運用レポートを確認できます。

クラウドバックアップの多様なビジネスニーズに対応

変化の激しいビジネス環境に最適な、クラウドによるデータ保護ソリューションを提供します。オンプレミスのデータセンター、プライベートクラウドパブリッククラウドなど、あらゆる場所のデータストレージを包括的に確認できます。オンプレミス、クラウドのワークロードに対してポリシーを設定して制御することが可能です。

ハイブリッドクラウドやマルチクラウドなどの環境に合わせた戦略的なデータ管理が可能になり、俊敏なレスポンスを実現します。オンプレミスとクラウドのハイブリッドの環境において、一貫したSLAによりバックアップ&リストアの確実性を高めます。

クラウド活用の強化と豊富なストレージオプション

オンプレミスとクラウドの環境で、データの利用、移動、管理に関するあらゆるソリューションを備えています。環境の制限を受けずに、オンプレミスからクラウドへ、クラウド内、複数のクラウド間においてバックアップ&リカバリが可能です。

物理的環境から仮想環境へ、仮想環境と仮想環境、仮想環境から物理環境へ、物理環境からクラウドへ、クラウドからクラウドへといった、さまざまなデータ移行をサポートしています。さらに、パブリッククラウドとプライベートクラウドにおける40を超えるクラウドストレージオプションがあります。

まとめ

リスク管理の一環として、クラウドバックアップ&リカバリによるデータ保護戦略が重視されつつあります。ハイブリッドクラウド、マルチクラウドの活用拡大にしたがってバックアップ&リカバリの方法は多様化しつつあり、包括的な管理のできる仕組みが求められるようになりました。

IT部門の煩雑な作業を減らすだけでなく、障害が起きたときにビジネスの信頼性を維持するためには、最適なソリューションを検討すべきです。Commvault Complete Backup & Recoveryは、包括的なクラウドバックアップ&リカバリを実現します。

RELATED POST関連記事


RECENT POST「セキュリティとガバナンス」の最新記事


Commvaultが提供する包括的なクラウドバックアップ&リカバリとは?

RANKING人気資料ランキング

RECENT POST 最新記事

RANKING人気記事ランキング

サイト掲載へのお問い合わせ