クラウド移行(インフラ・DB)

IaaSのメリットとデメリットについて

多くの企業が導入しているクラウドサービスですが、ITインフラを提供するクラウドサービスとしてIaaSが挙げられます。システム開発に欠かすことのできないIaaSについて、ここでは特徴やメリット・デメリットなどをまとめました。

iaas

Microsoft Azure製品カタログ

IaaSとは

オンラインを介して必要なときに必要な分だけサービスを利用できるクラウド。その中でも、サーバに代表されるインフラをオンラインで提供し、利用者が使えるようにしたものをIaaSといいます。

IaaSとは、「Infrastructure as a Service」の略語です。クラウドが台頭する前からサーバを提供するサービスは存在していましたが、ユーザーにとってさまざまなデメリットもありました。そうしたデメリットや制約を排除し、よりユーザーが利用しやすいサービスになったのがIaaSです。

なお、クラウドを大きく分類するとIaaSとSaaSPaaSに分類できます。SaaSはソフトウェアを、PaaSはプラットフォームを提供します。

IaaSのメリット

導入におけるコストが安く、IT投資を可視化できるのが一つのメリットです。また、環境構築の自由度が高く、柔軟性に富んでいるのも大きな魅力といえるでしょう。現代の企業に欠かせないBCP対策(自然災害や事故などの有事でも事業が継続できるようにする計画)にもなります。

コストが安い

自社でシステムを構築する場合だと、サーバが必要です。このようなケースだと、障害が発生したときに復旧や改修などのコストが発生しますが、IaaSではそれがありません。

予想外の出費が発生しないので、事業における予算も組みやすくなるでしょう。予算が組みやすくなれば安定した経営もできるようになります。

国内外のIoT先進事例100選
Azure Cosmos DB 自習書 - Azure Cosmos DB Gremlin API 編 -

環境構築がしやすい

環境構築の自由度が高いのも大きなメリットです。システムの開発や構築に必要となるインフラだけを借りるので、利用したいアプリケーションやプラットフォームを組み込めます。

構築や開発の自由度が高いため、事業も迅速にスタートできるでしょう。形を変える、拡張させるといったことも可能です。要らなくなったときには解約すればよいだけなので、これもメリットといえるでしょう。

BCP対策ができる

BCPとは事業継続計画のことをいいます。東日本大震災が発生して以来、BCPが注目されるようになりました。IaaSは自社ではなく遠隔地にあるデータセンターにデータを預けています。そのため、仮に災害などが起きたとしてもネットでアクセスすることが可能です。バックアップもとれるので、大切なデータを失うことがありません。

IaaSのデメリット

メリットも多いですが、いくつかのデメリットもあるのでしっかり覚えておきましょう。導入したあとの扱いに専門的な知識が必要なことや、管理も必要でインターネット接続が必須な点もデメリットといえます。詳しく見ていきましょう。

管理が必要

システム環境の管理は基本的にユーザーが行わなくてはなりません。システムの更新やメンテナンスといった作業を行う必要があるため、その都度コストが発生するほか、システムの管理を行う人材も必要です。

ネット接続が必須

当たり前のことかもしれませんが、クラウドサービスはインターネットを介して利用するサービスです。IaaSもオンラインで利用することを大前提としているため、インターネット接続できる環境でないと利用ができないのです。

インターネットが使えなくなる状況というのはいくらでも考えられます。ネット接続に関するトラブルは多く、日常的に起こっています。どうしても必要なときにネットが繋がらず、IaaSも利用できないという状況に陥ることも考えられるのです。

不正アクセスの恐れ

IaaSを利用するときには、ユーザー自身のアカウントでログインしなくてはなりません。ログインすることでサービスを利用することが可能になりますが、そのためにはパスワードやIDが必要になります。

このパスワードやIDを、もしユーザー以外の人が知りえたとしたらどうでしょうか。勝手にサービスにログインされる恐れがあり、さまざまな不利益を受ける可能性もあります。

ただ、これはIaaSに限った話ではなく、どのようなクラウドサービスにもいえることです。利用するときはIDとパスワードの管理を徹底し、第三者に知られることのないよう注意しなくてはなりません。

例えば以下のようなページを参考にベンダーのドキュメントを確認することが重要です。

専門知識が必要

導入するのはそれほど難しいことではないのですが、そこから先は専門知識が必要です。あくまでハードウェアの部分だけをレンタルするサービスなので、OSのインストールなどはユーザー自ら行う必要があります。

別の考え方をすれば、利用者の自由度が高いとも考えられるのですが、きちんと使いこなすためには一定の専門知識が必要なのです。

Microsoft Azureとは何か?入門から応用まで徹底解説

クラウドとは何か?Azureとは何か?導入のメリットや構成、コストに至るまでの基礎的な知識から、どのように活用すべきかまでを徹底的に解説しています。

Microsoft Azureとは何か?入門から応用まで徹底解説

ブログ記事を見る

メリット・デメリットをしっかり理解しよう

IaaSにはメリットもデメリットもあります。導入を検討している方だとメリットばかりに目が奪われやすいですが、きちんとデメリットにも目を向けましょう。

現在ではクラウドサービスの安全性が広く認知され、ITシステムを自社で構築するよりも必要なときに必要なだけクラウドで利用したほうがよいと考える方も増えてきました。ここでお伝えしたIaaSの特徴やメリット、デメリットなども踏まえた上でシステムの構築を検討してみましょう。

Microsoft Azure製品カタログ
  • fb-button
  • line-button
  • linkedin-button

関連記事

ハイブリッドクラウドとマルチクラウドの違い、メリット・デメリットも解説
ハイブリッドクラウド
クラウドとオンプレミスを比較!それぞれのメリットとデメリット
クラウド移行(インフラ・DB)
日本におけるクラウド導入率は低い?進まないその理由は?
クラウド移行(インフラ・DB)
クラウドを利用する際に知っておきたい基礎技術の仮想化とは?
クラウド移行(インフラ・DB)
クラウドファーストとは?そのメリットともに解説
クラウド移行(インフラ・DB)
クラウドコンピューティングの種類とは
クラウド移行(インフラ・DB)
SaaSのメリットとデメリットについて
クラウド移行(インフラ・DB)
経産省のクラウドサービス利用のための情報セキュリティマネジメントガイドラインとは?
セキュリティとガバナンス
クラウド移行とは?システム担当者が知っておくべき5つのメリットを解説
クラウド移行(インフラ・DB)
クラウドコンピューティングってどんなもの?定義やメリットをわかりやすく紹介(初心者向け)
クラウド移行(インフラ・DB)
クラウド管理とは何をすれば良いのか?ガートナーを参考に考える
クラウド移行(インフラ・DB)
クラウドサービスの選び方。これだけは抑えておきたい5つのポイント
クラウド移行(インフラ・DB)
クラウドへの移行を成功させるための4つのテーマ
クラウド移行(インフラ・DB)
政府のクラウド利用基本方針「クラウド・バイ・デフォルト原則」とは
業界向けソリューション
クラウドネイティブ・アプリケーションとは
クラウド移行(インフラ・DB)
PaaSのメリットとデメリットについて
クラウド移行(インフラ・DB)
IaaS, PaaS, SaaSそれぞれの違いをわかりやすく解説
クラウド移行(インフラ・DB)
政府が推進するクラウド導入ガイドラインについて
セキュリティとガバナンス
クラウド時代のセキュリティ CASB(キャスビー)とは?
セキュリティとガバナンス
RELATED SITES

関連サイト

CONTACT

サイト掲載の
お問い合わせ

TOP