SAP S/4HANA基幹システム及び周辺システムの安定運用と運用負荷軽減を実現 | クラウド実践チャンネル

SAP S/4HANA基幹システム及び周辺システムの
安定運用と運用負荷軽減を実現

J’s SMART(SAPシステムクラウド移行支援)事例紹介

SAP S/4HANA基幹システム及び周辺システムの安定運用と運用負荷軽減を実現

長年SAP ERP6.0基幹システムをオンプレミス環境で運用していた食品製造業D社様が、SAPの次世代バージョンであるS/4HANAへの更改を機に、周辺システムも含めて、Microsoft社のクラウドサービスであるAzureの環境へ統合し、安定運用と運用負荷軽減を実現した事例をご紹介します。

導入前の課題

  • パブリッククラウドでS/4HANAの安定運用が可能か、専門家の知見と実運用を基にしたノウハウがほしい
  • システムインフラ(ハードウェア)を自社で運用する場合、非効率なシステム毎の個別管理は避けられない

解決のポイント

  • クラウドコンサルタントの分析と実運用を基にしたノウハウを確認し、安心してMicrosoft Azureの採用を決定
  • Azureの利用によりハードウェアの管理は不要に、クラウドを活かした効率的なインフラ運用を開始

フォームにご記入のうえ、資料をご確認ください。

資料ダウンロード