業務マニュアルや関連資料がバラバラ  得意先ごと一元管理、業務効果を実現! | クラウド実践チャンネル

業務マニュアルや関連資料がバラバラ
得意先ごと一元管理、業務効果を実現!

商品情報管理サービス「PlaPi」導入事例

業務マニュアルや関連資料がバラバラ 得意先ごと一元管理、業務効果を実現!

特注品メーカーD社では、担当者が得意先ごとの業務に合わせて、柔軟に対応してくれる点が高く評価されていました。得意先や拠点、案件ごとに異なる在庫管理、ロジスティック指示、受発注などの業務フローやマニュアルなどの各種資料を整備し、この業務フローを自社の強みとして運用していました。しかし、得意先が増えるにつれて管理が煩雑になり、現場の業務時間が膨れ上がっていたのです。

本資料では、特注品メーカーD社の商品情報管理に関する以下の課題と対応策についてご紹介いたします。

  1. マニュアル管理が属人化し、問い合わせが多数発生している
  2. 得多数存在する複数のマニュアルを探すのに時間がかかっており、検索効率を上げたい

フォームにご記入のうえ、資料をご確認ください。

資料ダウンロード