データドリブンなDX推進の初手として、手軽に始めるデータ基盤 | クラウド実践チャンネル
データドリブンなDX推進の初手として、手軽に始めるデータ基盤 | クラウド実践チャンネル

データドリブンなDX推進の初手として、
手軽に始めるデータ基盤

株式会社システムサポート

データドリブンなDX推進の初手として、手軽に始めるデータ基盤

企業が保有するデータの利活用を推進し、企業の競争力を高めるためには、データ基盤(DWH、DataLake等)が欠かせません。

昨今、データ分析への関心が高まり各種ツール群も出揃っている一方、分析を行うためのデータ準備が適切に行えておらず、その結果、データの利活用に課題を抱える企業が多く存在する実情が見受けられます。

また、これまでのデータ基盤は、帳票を主体とし、帳票データをもとに人の経験や勘に頼った運用が多くみられるましたが、DXを推進するためには、データをリアルタイムに利用可能な状態を保つことが重要です。

これら課題解決には「データの保有者であるユーザー企業を主体としたデータ運営」が必須であり、その推進を後押しするオールインワン型DWHソリューション「Smart DWH」をご紹介します。

Smart DWHはSaaS型のサービスで、手軽に始められ、システムが苦手なユーザーにも手を差し伸べるユーザーに優しいサービスです。

フォームにご記入のうえ、資料をご確認ください。

資料ダウンロード