Azureを活用したSaaS開発のポイント | クラウド実践チャンネル

Azureを活用したSaaS開発のポイント

株式会社オルターブース

Azureを活用したSaaS開発のポイント

企業によるクラウド利用が本格化していくなかで、SaaS(Software as a Service)としてプロダクトやWebサービスを提供する場面が増えてきています。

SaaSの開発においてユーザーや市場からのフィードバックを得るため、アプリケーションの迅速な開発や展開が重要となり、DevOpsやクラウドサービスの活用が非常に重要なポイントになります。
しかし、実際はビジネスの加速に反してプロトタイプレベルでの開発環境やアーキテクチャーの未整備などの問題が重なり、対応に苦慮するケースも少なくありません。

本動画ではそのような課題を抱えている方々に対して、クラウドネイティブアプリケーションを開発するための基礎技術をご紹介します。
クラウドネイティブアプリケーションとしてSaaSを開発することで、パブリッククラウドの恩恵を最大限受けることを目指します。

コンテンツとして、株式会社オルターブースが提供する「KOSMISCH (コーズミッシュ)」を題材とし、パブリッククラウドである「Microsoft Azure」およびクラウドネイティブアプリケーションの開発指針としての「The Twelve-Factor App」に関する知識や技術の習得を支援します。

詳細は、フォームに必要情報を入力して動画をご確認ください。

動画を視聴