SQL Server 2017 on Linux Pacemakerを利用した<br>高可用性環境の構築<

SQL Server 2017 on Linux Pacemakerを利用した
高可用性環境の構築

SQL Server 2017 on Linux Pacemakerを利用した高可用性環境の構築

Microsoft SQL Serverといえば、Windowsプラットフォームにのみ対応しているというイメージが強いリレーショナルデータベースマネジメントシステム(RDBMS)ですが、SQL Server 2017からはLinuxプラットフォームやDockerコンテナーに対応し、マルチプラットフォームで動作するように進化を遂げました。

商用環境でRDBMSを利用する場合、高可用性を検討・構築することは避けては通れません。

本資料では、Linux環境でも安心して SQL Server 2017を運用できることをご認識いただくことを目的として、高可用性ソリューションの選択肢と、高可用性ソリューションの具体的な構築手順についてご案内します。

詳細は、フォームに必要情報を入力して資料をご確認ください。

資料ダウンロード