中堅・中小企業に適したERPとは? | クラウド実践チャンネル

中堅・中小企業に適したERPとは?

株式会社ミロク情報サービス

中堅・中小企業に適したERPとは?

ERPの最も大きなメリットは社内の様々な業務の一元管理が可能になることです。中小企業の多くは、部門ごとに最適化されたソフトが社内に複数存在しているケースが多いのではないでしょうか。このように在庫管理ソフト、販売管理ソフト、会計ソフトなどが別々に稼働している場合、受注データを入力した後、さらに会計ソフトに入力するなどの二重入力が多数発生していました。

このような各業務をERPによって一元管理することで、例えば受注データを入力すると同時にそのデータが統合されて会計システムにも反映されるようになります。従来のようにそれぞれのソフトでの再入力の手間がなくなり、転記や入力ミスも大幅に軽減。業務効率と正確性を向上させます。

詳細は、フォームに必要情報を入力して資料をご確認ください。

資料ダウンロード