動作が重い、繋がらない⋯DaaSでよくある性能劣化を防ぐ方法とは? | クラウド実践チャンネル

動作が重い、繋がらない⋯
DaaSでよくある性能劣化を防ぐ方法とは?

日鉄ソリューションズ株式会社

動作が重い、繋がらない⋯DaaSでよくある性能劣化を防ぐ方法とは?

仮想デスクトップの運用において重要なテーマとなるのが性能管理です。「アプリケーションの動作が重い」、「ファイルがなかなか開かない」といった性能に関する問題は、業務継続性に大きな影響を与えます。

もし性能問題が発生してしまった場合には、性能劣化の原因を迅速に特定し、適切に対処することが必要です。さらに全体的な性能のトレンドを分析し、今後の性能値を予測することで性能劣化を未然に防ぐことも大切です。

しかし、こうした性能分析は注意すべきポイントも多く、お客様ご自身で実施するのは難しい面もございます。そこで、日鉄ソリューションズでは「DaaS性能可視化オプション」をご提供しております。

本資料では事例を交えて、DaaS性能可視化オプションについてご紹介いたします。

フォームにご記入のうえ、資料をご確認ください。

資料ダウンロード