データ分析、データベース

ETLツールとは?ETLを実現するAzureのソリューション

近年、ITやICTが普及したことで、あらゆる情報がデータ化され、企業が扱うデータは増加しつつあります。データをマーケティングに活用し、ビジネスに役立てる動きも活発になっていますが、膨大なデータを手動で分析するのは現実的ではありません。そこで登場したのがBIツールです。BIツールを利用することにより、膨大なデータを自動で分析し、ビジネスに役に立つ情報として見える化できます。
しかし、BIツールを使用する為には、社内に分散して保存されているデータを統合し、総合的に運用する必要があります。そこで活用されているのがETLツールです。
本記事では、ETLツールの概要やメリット、ETLを実現するAzureのソリューションについて解説します。

TLツールとは?ETLを実現するAzureのソリューション

データ分析の工程と関連ツールを紹介

ETLとは

ETLとETLツールの概要について解説します。

ETLの概要

ETLとは、データを抽出(Extract)・変換(Transform)し、データウェアハウスに書き出す(Load)といった一連の処理のことです。この処理により、様々な場所に分散して保存されているデータを統合し、活用できる形に変えます。

ETLツールとは

ETLツールは、ETLの各プロセスの自動化や作業の効率化を実現するものです。
ETLプロセスはプログラミングによっても実現可能ですが、プログラミングには高度な知識を持ったエンジニアが必要です。ETLツールを利用すれば、高度な知識なしにETLを利用できる特徴があります。また、ETLプロセスは、データソースの数だけプログラムを開発する必要があります。ETLツールを利用すると、ETLプロセスの敷居が下がり、プログラム開発工数を削減できます。
また、ETLプロセスの最大の核心はデータの変換処理にあります。ETLツールを利用すると、精度の高いデータ変換が可能であり、品質向上につながります。

Azure を活用したデータ分析・機械学習内製化支援プログラム
令和のサーバー移行支援キャンペーン AVANADE

ETLのプロセス

ETLの3つのプロセスについて詳しく解説します。

抽出(Extract)

データを活用するために、まずは複数のデータベースから必要なデータを集める必要があります。抽出のプロセスでは、多くのデータの中から、データの中身を解析し、対象のデータであるか判断します。必要があると判断されたデータのみ抜き出され、一か所に集約されます。この時不要なデータは抽出の対象となりません。
例えば、売上を分析する目的であれば、抽出の対象となるのは、販売した商品の価格や売上個数などの情報です。在庫や仕入れについての情報は不要であるため、抽出されません。
このように、抽出のプロセスでは、どのような利用目的でデータを抽出するのかを明確にすることが重要です。

変換(Transform)

抽出されたデータをデータウェアハウスに書き出すためには、データを分析しやすい形に変換する必要があります。変換のプロセスでは、一定の規則や関数にしたがってデータを変換したり、データの重複や欠損の解消・表記ゆれの統一などの加工を行います。
例えば、売上の単位がばらばらであったり、同じ日のデータが複数ある場合、正確な分析ができません。
変換のプロセスでは、データ形式を統一することが重要です。

書き出し(Load)

書き出しのプロセスでは、変換したデータをデータウェアハウスに書き出して格納します。データウェアハウスに保存されたデータはBIツールを使ったデータ分析に利用されます。
抽出・変換したデータを外部に保存することで、データ分析の際に素早くデータにアクセスできます。書き出しのプロセスがなければ、データ分析の度に、抽出・変換を再度行うことになり、時間がかかる原因となります。これを避けるために、書き出しは重要なプロセスです。

ETLツールのメリット

ETLツールを利用すると、次のようなメリットがあります。

メリット1.複数システムのデータソースを集約できる

社内のデータは、部署や拠点ごとに管理されていたり、様々な場所に散らばって存在しています。ETLツールを利用すると、社内の様々なシステムのデータソースからデータを集約できるため、データを集約・分析する工数を削減できます。

メリット2.データを活用しやすくする

データには形式の違いがあるため、分散したデータを収集して、統合するだけでは活用できません。ETLツールの変換プロセスでは、データを分析しやすい形に加工します。このプロセスにより、データ活用がスムーズになります。

メリット3.膨大な量のデータを短時間で処理できる

ETLの各プロセスを手動で行うには、多くの時間や人員が必要です。ETLツールが自動で各プロセスを実行するため、膨大な量のデータでも短時間で処理できます。

メリット4.専門知識が必要ない

ETLツールは、GUIを利用して視覚的な操作でETLプロセスを構築できます。プログラミングなしで開発できるため、専門知識がなくても、ETLプロセスを実現できます。

クラウド型ETLツール

ETLツールが登場したばかりの頃は、ほとんどがオンプレミスでした。しかし、クラウドの台頭により、近年はクラウド型ETLツールを導入する企業が増えています。

クラウド型ETLツールを利用するメリット

クラウド型ETLツールは、オンプレミス型と比較して、拡張性が高いのが特徴です。ストレージ容量が不足した際にも、容量の増加や機能の追加が可能です。また、クラウド上に保存されたデータは、どこからでもアクセス可能なため、利便性が高いです。低コストで導入でき、セキュリティが担保されていることもクラウド型ETLツールのメリットです。

Azure Data Factory

Azure Data Factoryは、ETLを実現するAzureのソリューションです。Azure Data Factoryでは、オンプレミス・クラウド・ビックデータなど様々な場所に点在するデータを、保存場所やデータ形式を意識することなく収集でき、加工までをクラウド上で完結できます。

Azure Data Factoryは、下記の特徴があります。

操作性

Azure Data Factoryは、GUIの操作でデータの変換・管理画面の設定・管理などが可能です。直感的な操作でプロジェクトを作成できるため、専門的な知識がなくても、ETLプロセスを構築できます。また、開発者向けにはPythonを使うことで細やかな設計も可能です。

料金

Azure Data Factoryの料金は、アクティビティの実行回数やデータ統合単位時間数・Data Flow に使用されるコンピューティングの種類・コア数・インスタンス数・実行期間などによる、従量課金制です。システムの稼働時間、データアクティビティとパイプラインの実行回数、実行時間によって課金されます。料金の詳細は、Microsoftの公式ページの料金計算ツールで見積もりをしてみてください。

様々なシステムとの連携

Azure Data Factory自体はETLツールですが、その他のAzureのシステムを併用するとより高度な利用が可能です。例えばAzure Batchと併用すれば、膨大なデータを並行して処理できます。また、Azure Data Factoryでは、既存オンプレミスのSQL ServerをAzureに移行することも可能です。

まとめ

近年、企業が扱うデータは増加しつつあります。社内に分散して保存されているデータを統合し、総合的に運用するために重要となるのが、ETLツールです。
最近では、オンプレミス型に代わって、クラウド型のETLツールが主流となってきています。今回はETLを実現するAzureのソリューションとして「Azure Data Factory」を紹介しました。Azure Data Factoryは、わかりやすい操作性と料金システムが特徴です。また、他Azureサービスとの連携も可能で、柔軟な活用も期待できるソリューションです。
Azure Data Factoryは様々なレベルのユーザーに対して、データ活用の機会をもたらします。

Azure を活用したデータ分析・機械学習内製化支援プログラム
  • fb-button
  • line-button
  • linkedin-button

関連記事

Azure Notebooksでプログラミング学習を!ノートブック機能の説明の概要
データ分析、データベース
Azure Functionsはサーバーレス、FaaSの時代を拓く
ハイブリッドクラウド
Azure Monitorとは?その基本と監視内容を解説
仮想デスクトップ
Azure DevOpsで開発と運用を連携させ、品質の向上を
アプリケーション開発・管理・運用
Azure Portal(Azureポータル)とは?統合型コンソールで何ができるのか
アプリケーション開発・管理・運用
Azure Kinect DKのSDKと活用シーン
アプリケーション開発・管理・運用
Azure Stackによってオンプレミスで構築するクラウド
ハイブリッドクラウド
Azureを導入する際の流れと検討するべき3つのポイント
クラウド移行(インフラ・DB)
Azure Information Protectionでメールや文書を保護
セキュリティとガバナンス
Azure Web Appsでビジネスチャンスを迅速につかむ
アプリケーション開発・管理・運用
IoTとは?5分で概要からポイントを解説
クラウド移行(インフラ・DB)
Microsoft Intuneとは? 導入メリットやEMMを実現する3つの機能を解説
セキュリティとガバナンス
Azure Pipelinesとは?その概要、料金体系、そして構文サンプル
アプリケーション開発・管理・運用
Azure Storage Explorerとは?概要と使い方
クラウド移行(インフラ・DB)
Azure CLIとは?Azure PowerShellとの違いについても解説
クラウド移行(インフラ・DB)
Azure Machine Learning(Azure ML)とは?人工知能の実践的活用
AI、機械学習
Azure SQL Databaseで生産性向上と持続的な経営を
セキュリティとガバナンス
RELATED SITES

関連サイト

CONTACT

サイト掲載の
お問い合わせ

TOP