Cloud Adoption Framework(CAF)を活用したクラウド移行のポイント

Cloud Adoption Framework(CAF)を活用したクラウド移行のポイント

オンプレミスまたはクラウドから新たなクラウドへスムーズに移行する際に、取り上げられるのがCAFです。この記事ではクラウド化を進める企業のIT担当者に必須の知識となるCAFについて解説し、MicrosoftとAmazonのCAFの特徴や構成を比較しながら紹介していきます。

shutterstock_1568074819 (1)

クラウド導入フレームワーク「Cloud Adoption Framework(CAF)」とは?

働き方改革やデジタル庁によるDX(デジタルトランスフォーメーション)の提唱により、企業は自社システムを従来のオンプレミスからクラウドに移行する必要性を感じ、クラウド化への理解も広がっています。

そうした状況の中で、「そろそろ自社でもクラウドを導入したいと考える企業IT担当者も多いでしょう。しかし同時に、アプリケーションをクラウドに移行する方法は1つではなく、「どのようにクラウド化したらよいか、実践的な方法がわからない」という声も多くなっています。そこで役立つのが「Cloud Adoption Framework(CAF)」です。

CAFは端的に言えば、組織のクラウド導入による影響をわかりやすく示し、導入をサポートするフレームワーク(枠組み)のことです。いくつかあるクラウド導入の移行方式に共通する方法論を提供しています。多くの企業に当てはまる計画から準備、実施、管理・ガバナンスなどにステージを分け、スムーズなクラウド導入を可能にしてくれます。

このCAFを活用するとクラウド化による影響を事前に測定できるため、現状と目標の差異もイメージしやすく、クラウド導入計画も立てやすいでしょう。クラウド化の影響を具体的に測定できれば、IT担当者の負担の軽減にもつながります。

[SMART_CONTENT]

Microsoft Cloud Adoption Framework for Azure

CAFの代表的な製品の1つとして挙げられるのが「Microsoft Cloud Adoption Framework for Azure」です。続いては、MicrosoftのクラウドツールAzureを導入するためのCAFの特徴と構成について解説します。

MicrosoftのCAFの特徴

MicrosoftのCAFは、クラウドツールAzureを導入した顧客の成功事例に基づいた、実証済みのガイダンスです。ITの技術的な戦略の作成と実装のほか、ビジネス戦略までを含めた指針で支援してくれます。企業はビジネスの目標を達成するためにまず戦略を立てます。そのための体制構築や、クラウドを活用するアプローチ法、さらにはクラウド導入後も成果を継続できるような仕組みづくりまでサポートしてくれるのです。

MicrosoftのCAFはこれまでのAzureへの施策を集約させたもので、ネイティブな開発・運用が可能です。導入ステージは戦略から計画、準備、導入と、統制管理、運用の2段階で構成されています。IT担当者や経営責任者が短期・長期の目標を達成するための最適なツールやコンテンツを提供してくれます。

Microsoft CAFの6つのステージ

MicrosoftのCAFは以下の6つのステージによって構成されています。各ステージの概要について、具体的に解説してきます。

1.戦略

戦略とは事業戦略を指します。クラウド導入によりビジネス戦略上、環境の変化への対応力が向上すれば、コスト削減、商品・サービス提供の時間短縮に効果を発揮し、新しい市場への進出にもつながるでしょう。
Microsoft CAFでは短期や中長期の目標に向け、クラウド導入の動機や期待されるビジネス成果を文書化や、導入の妥当性を示すビジネス事例を作成、その上で優先的に実施するプロジェクトを選択するといった一連の流れをサポートしています。
これはステークホルダーを調整し、パートナーサポートを適切に利用するプロセスの段階に当たります。

2.計画

ビジネスおける目標を具体的な技術的取り組みに変換する導入計画のことを指します。
Microsoft CAFでは、ビジネスプロセスや操作・機能を向上されるデジタル資産の収集と合理化案の検討、組織の編成や不足スキルに対しての対策や導入計画といったあらゆる面をサポートしています。
クラウド戦略を進めていくためには、各分野の専門人材で構成されるCCoE(Cloud Center of Excellence)を組織内に設置することが奨励されています。このステージでは、自社のビジネス事例に合った実行可能な計画を立て、クラウドに移行するプランニングを調整することが必要です。

3.導入準備

計画された変更のためにクラウド環境を準備するステージです。
共有するAzure環境を用意し、業務量をクラウド上にホストするランディングゾーンなどのクラウド環境を準備します。クラウド構成の設計書を展開しながら、自社業務に最適なプラクティスを検証していくことが重要です。Microsoft CAFならビジネス要件と業務の要求事項に合わせ、クラウド環境を試行しながら最適化させていくためのテンプレートの利用が可能です。

4.採用-移行

既存のワークロードを移行して最新化するステージです。
優先順位の高い既存の業務をクラウド環境に移行します。移行シナリオの拡張で対応しながら、最適なプラクティスを検証し、運用改善を行います。
また、イノベーションの指針となるガイドに沿って、開発シナリオの拡張、ベストプラクティスの検証、開発プロセスの改善も必要です。

5.統制管理(ガバナンス)

環境とワークロードを管理するステージです。継続的に安定したクラウド環境が維持できるように、ガバナンスを確保し、業務量を管理していきます。方法論の作成、自社の指標や基準の策定といった統制管理が必要です。

6.管理

クラウド ソリューションおよびハイブリッド ソリューションのための運用管理です。ビジネス目線に合わせた運用管理のステージであるため、コスト管理やセキュリティ基準、リソースの整合性、ID基準、デプロイ高速化といった分野が体系化されています。組織のクラウド導入作業をサポートするチームと役割を連携させ、運用管理していきしょう。

AWS Cloud Adoption Framework

CAFの代表的なもう1つの製品が「AWS Cloud Adoption Framework」です。続いては、AmazonのクラウドツールAWSを導入するにあたった、CAFの特徴と構成について解説します。

AWSのCAFの特徴

AWSのCAFは企業や組織がクラウドを導入するための設計とプロセスを、効率的かつ効果的にサポートするフレームワークです。AWSのCAFを利用することで、クラウド化を迅速に進め、ビジネス面で測定可能なメリットを実現します。企業や組織全体でシステムのクラウド化を包括的に進めるのに役立ち、より少ないリスクでクラウド環境を構築していけるでしょう。

クラウドの導入段階は構想、調整、起動、価値実現と4つのステージに分かれます。構想で導入目標と測定できる価値基準を定め、調整で各ステークホルダーの役割を定めるなど、それぞれのステージで何をすべきか定義しています。

AmazonのCAFの6つの重点分野

AWSのCAFのガイダンスは、パークペクティブ(観点)と呼ばれる6つの重点分野ごとに用意されています。それぞれ対応するステークホルダーと機能が異なるので解説していきます。

1.ビジネス

ビジネスパースペクティブは、ビジネスとITを別々に策定する戦略から、IT戦略を統合したビジネスモデルに移行するために活用できます。対象はビジネスマネージャーやファイナンスマネージャー、戦略ステークホルダーなどです。IT経費の予算を作成し、割り当て、管理できるITファイナンスや、クラウドのITアプローチを活用するIT戦略といった機能を有しています。

2.人員

人員パースペクティブは人事担当や人事管理部門が、従業員のスキルや組織の変更を管理し、クラウド管理のレベルを高められるようにします。また、クラウド移行や運用に必要なスキルをサポートし、従業員の能力を開発するトレーニングも可能です。

3.ガバナンス

ガバナンスパースペクティブはIT と組織のガバナンスを統合し、望ましいビジネス成果に基づいたガバナンスを提供します。CIO(最高情報責任者)やプログラムマネージャー、ビジネスアナリストなどが対象です。ポートフォリオやライセンスの管理、プログラムとプロジェクト管理、ビジネスパフォーマンス測定などの機能を有しています。

4.プラットフォーム

プラットフォームパースペクティブでは、ビジネスの目的とそれを達成するための目標に基づき、AWS技術の構造を設計・実装・最適化を実行します。CTO(最高技術責任者)やITマネージャー、ソリューションアーキテクトなどが対象です。システム設計とアーキテクチャの標準の定義、クラウド環境のインフラストラクチャのプロビジョニング、アプリケーション開発などを推し進める際に、有効な効果を発揮します。

5.セキュリティ

セキュリティパースペクティブは、コントロールの選択と実行を構造化し、適切なガイダンス沿ったセキュリティ策定を主導します。対象として想定されているのは、CISO(最高情報セキュリティ責任者)やITセキュリティマネージャーなどです。ID管理や認証・許可のリソース統合機能、データ保護、潜在的なインシデントの特定に役立つガイダンスなどを備えています。

6.オペレーション

オペレーションパースペクティブは、日常のIT業務をビジネスステークホルダーのレベルを満たすまで、実行・使用・運用・復旧するために活用できます。IT運用管理者やITサポートマネージャーが対象です。サービスレベルやアプリケーションパフォーマンスのモニタリング、レポート作成・分析、災害対策などに有効に働く機能を有しています。

まとめ

Cloud Adoption Framework(CAF)は組織のクラウド導入による影響をわかりやすく示し、導入をサポートするフレームワークです。代表的なCAFはMicrosoftとAmazonがそれぞれのクラウドツール向けに提供していますので、特徴や構成を比較し、ぜひ自社に合った導入を検討してみてください。

RELATED POST関連記事


RECENT POST「クラウド移行」の最新記事


Cloud Adoption Framework(CAF)を活用したクラウド移行のポイント

RANKING人気資料ランキング

RECENT POST 最新記事

RANKING人気記事ランキング