Cloud Adoption Framework(CAF)とは

Cloud Adoption Framework(CAF)とは

DXへの取り組みから、ITシステムをクラウド環境に移行している企業が増えています。しかし多くの企業がクラウド環境におけるシステム運用に課題を抱えているのが現実です。そこで本記事では、クラウド環境に移行に最適なCloud Adoption Framework(CAF)の概要や導入メリットについて詳しく解説していきます。

Cloud Adoption Framework(CAF)とは

Cloud Adoption Framework(CAF)とは、「クラウドで成功を収めるために必要なビジネスおよびテクノロジー」について、戦略作成・実装を支援することを目的とした、実証済みのガイダンスです。

簡単に言えば、技術的なサポートだけではなく、クラウドを導入の立案から運用管理まで行えるようにするために必要なドキュメントやツールまで統括的に提供するサービスです。もちろん、Azure導入のためのフレームワークとしても利用可能です。

Microsoftでは自社のクラウド環境であるAzureで運用している多くのシステム移行をサポートしてきました。CAFとはそういったサポート活動の成果をフレームワークという形にし、これからクラウドへの移行を検討している企業に提供するサービスです。

Azureに限らず既存のシステムをクラウドに移行するには、多くの問題が発生します。しかし、CAFを利用することでそれらの課題に対処できることから、スムーズなクラウドへの移行が可能です。

CAF導入でクラウド移行と移行後のイノベーションを促進

オンプレミス環境をクラウドに移行しようとして失敗する企業は、当初予想したよりもコストがかかりすぎたり、運用技術の不足が露呈したりするなど、計画そのものの不備が少なくありません。

先ほども紹介したようにCAFとは、実証済みのガイダンスです。クラウド化に苦労する多くの企業が見過ごしやすい失敗要因をカバーするように構成されており、クラウドを活用する方法や具体的な技術による指針を示してくれます。

さらにCAFとは、移行までをガイドするフレームワークではありません。移行後のイノベーションの進め方についてのガイダンスも提供しています。

デジタルトランスフォーメーションでは、デジタル技術を活用して業務そのものの改革を迫るものです。クラウドにデータがあることで、それまで実現できないと思われていた多くのことが可能になります。

そのため、CAFを活用することで、CXやエンゲージメントの向上、製品・サービスの変革などのイノベーションも可能です。

[SMART_CONTENT]

Cloud Adoption Framework(CAF)導入の手順

先ほど紹介したようにCAFとは、これからAzureを活用したクラウドへのシステム移行を検討している企業に活用してほしいサービスです。CAFの導入は難しくありませんが、専門用語が多用されたドキュメントが多いなど、Azureに詳しくない方にとっては難しいと感じることがあるかもしれません。「何から手を付ければいいのか解らない」という方もいるでしょう。

そのような方のために、次からCAFを導入する手順の概要について紹介します。

戦略定義フェイズ

CAFは、戦略定義、計画、導入準備、採用、統制管理の5つのフェイズに分けられます。その最初のフェイズが戦略定義です。

戦略定義では、クラウドに移行する動機を明確にし、そのうえで期待されるビジネス成果、ビジネス適用の妥当性、プロジェクトの優先順位付けを定義します。

具体的には、クラウド化の背景ある動機を主要なステークホルダーから聞き出して文書化したり、クラウド化によって得られると予想される成果を文書化したりしておきます。また、クラウドをビジネス適用した場合の妥当性を示すビジネスケースを作成し、そのために最初に実施するプロジェクトを選択します。

なおこのフェイズのポイントはビジネス適用の妥当性です。クラウドに移行したからと言って、必ずコストが下がることはありません。また、システムをクラウドに移行するリスクも検討する必要があります。そのため、CAFでは投資収益(ROI)などを用いてビジネス適用の妥当性をチェックします。

計画フェイズ

計画フェイズでは、戦略定義フェイズで定義したビジネスケースを、具体的な技術的取り組みに変換します。具体的には、デジタル資産を把握し、クラウド化に対応する初期の組織配置を定め、組織のスキル習得計画、さらにクラウド化の計画を策定します。

このフェイズのポイントはデジタル資産を把握です。なおデジタル資産とは、サーバーなどのIT機器のような物理的な資産だけではありません。ビジネスプロセスや操作手順を向上させるIT資産も含みます。そして、デジタル資産を合理化するうえでクラウドを活用するのが計画フェイズの重要なポイントです。

なおクラウドを導入する人員がいなければ計画を実行できません。人の配置とその教育も重視してください。

導入準備フェイズ

導入準備フェイズから実際にAzureを操作してクラウドの構築を準備します。なお、CAFではAzureセットアップガイドを公開しています。管理者として導入作業を始める前に必ず読んでください。

導入準備フェイズで最初にやることは、CAF移行ランディングゾーンの準備です。なおCAF移行ランディングゾーンとはシステムをクラウドに移行することを前提にしたテンプレートで、これをカスタマイズして企業や組織のニーズにあわせることが可能です。

そして、CAF移行ランディングゾーンを利用してブループリントをデプロイします。なおブループリントとは、Azureのサブスクリプションを作成するためのテンプレートです。これにより、リソースを適切に展開させてくれます。

採用フェイズ

採用フェイズでは、これまでの戦略定義、計画、導入準備までに用意した移行計画や移行のためのリソースを使い、実際にAzureにサーバーを用意してシステムの移行を進めるフェイズです。

実際には物理的なサーバーがクラウド上に準備されたサーバーに変わるだけで、システムのインストールやデータの移行に必要な操作に大きな差はありません。またCAFではオンプレミスからAzureへの移行手順を解説したドキュメントも準備しているので参照してください。

ただし、移行したらそれで終わりではありません。「オンプレミスと同じパフォーマンスが得られるか」のチェックも重要です。Azureのアセスメントツールを利用して移行後のサーバーを検証し、必要なら構成の見直しも実施してください。

さらにCAFではAzureのイノベーションガイドも公開しています。これを利用して、Azureの各種サービスやアセスメントツールなどを活用した、クラウドを活用したイノベーションも可能です。

統制管理フェイズ

クラウドへの移行をサポートするCAFとは直接関係ないように思えるのが、統制管理フェイズです。しかし、実際にクラウドを運用する場合、統制管理の考え方が重要です。そのためCAFでは、統制管理の方法もサポートしています。

移行作業中には多くのメンバーがアクセスして、分担作業するのが一般的です。しかし、その設定を放置して運用を開始したのでは、リソースの変更やデータの消失といった事故が発生し得るでしょう。そのようなトラブルを防止するためのガバナンスが欠かせません。

Azureにはガバナンスの機能とサービスが用意されているので、それを活用してください。ポリシーを登録することで管理対象のリソースに一括で反映させることが可能です。さらにポリシーはリソースに応じて別にするなど、細かな設定まで可能です。

また、移行当初に設定したガバナンスの設定をそのまま運用してはいけません。ベンチマークなどにより、必要に応じて見直しする仕組みによる運用も必要です。

まとめ

これまで紹介したように、Cloud Adoption Framework(CAF)を導入することにより、企業のクラウド導入が容易になり、効果的なクラウド導入を実施できます。

CAFがクラウドへの移行に必須のサービスだからと言って、すべての企業がこのサービスで簡単にクラウドに移行できるわけではありません。そしてクラウドへの移行を確実に実施するには、クラウドのサポートに実績のある外部リソースのサポートが不可欠です。

もしAzureのクラウドへの移行を検討されているなら、ぜひAZPower社のクラウド導入支援サービスを利用してみてはいかがでしょうか。

RELATED POST関連記事


RECENT POST「クラウド移行(インフラ・DB)」の最新記事


Cloud Adoption Framework(CAF)とは

RANKING人気資料ランキング

RECENT POST 最新記事

RANKING人気記事ランキング

サイト掲載へのお問い合わせ