PaaSのメリットとデメリットについて

PaaSのメリットとデメリットについて

さまざまな企業が導入しているクラウドですが、クラウドは大きく分類するとIaaSとPaaS、SaaSなどに分けられます。その中でもPaaSがよく分からない、という方は少なくありません。ここでは特徴やメリット、デメリットをまとめてみました。

paas

PaaSとは

クラウドは大きく3つの種類に分けられます。ソフトウェアの提供を行うSaaSや、ネットワークなどのインフラを提供するIaaSなどがありますが、PaaSはどのようなことができるのでしょうか。

PaaSは、アプリケーションソフトが稼動するためのハードウェアやOSなどのプラットフォームを、インターネット上で提供するクラウドサービスです。「Platform as a Service」の頭文字を取った略語で「パース」と読みます。ITシステムにはアプリケーションサーバやデータベース機能といったミドルウェアが必要ですが、こうしたプラットフォームをクラウドで提供するのがPaaSなのです。

これだけは押さえたい!マルチクラウド活用の進め方と勘所~Step2:オンプレミスに加えてマネージドクラウドという選択~
Windows Virtual Desktop の導入から運用を強力に支援

PaaSのメリット

PaaSを利用するメリットは2つあります。まず、初期投資やランニングコストを削減できるのこと。もう一つは、システム開発をスピーディに始められることです。両者について詳しく見ていきましょう。

コストの削減が可能

自社でプラットフォームを用意するとなると、OSはもちろんサーバも必要になります。これだけでもそれなりの費用が発生しますが、さらにバックアップを構築するためのハードウェアが必要となると、その額も馬鹿になりません。

そこでPaaSの登場です。PaaSを利用すれば、それらのコストが必要ありません。プラットフォーム一式を提供してもらえるため、最小限の初期投資で事業を始められます。余計なお金を使わずに済むので、別のところにお金をかけるなど、さまざまな事業計画が立てられるでしょう。

また、プラットフォームが不具合を起こすことも考えられますが、このようなときもサービスを提供するクラウド事業者に任せておけばよくなります。自社で用意したものだと当然対応しなくてはなりません。そのために、運用の知識を持った人間を雇う必要も出てきます。しかし、クラウドなら、こうしたトラブルへの対応もクラウド事業者が行ってくれるのです。

自社アプリケーションを開発しても、うまく軌道にのるかは分かりません。もしかすると、多大な費用をかけたのに事業がとん挫してしまう、といったことも考えられます。その場合、初期費用が少ないPaaSの利用はかなり大きなメリットとなるでしょう。

開発をスピーディにできる

クラウドサービスとしてインフラ環境が整っているため、利用したいときにすぐ利用できます。バックアップの設定やミドルウェアをインストールするといった作業もないため、負担の軽減にもなるでしょう。

そのため、利用を始めたら、最新の環境ですぐにでもアプリケーション開発に取り掛かることができます。どんなによいアイデアが思い浮かんでも、それを形にできなければ事業として成り立ちません。すぐに開発に取り組めないような脆弱なシステム環境も、ライバルや他社に差をつけられる要因になります。少しでも早くアイデアを形にして世の中にリリースすることができるのはPaaS利用の大きなメリットです。

PaaSのデメリット

大きなメリットが2つもあるPaaSですが、デメリットが全くないわけではありません。きちんと覚えて、サービスを選択する際の指針としましょう。デメリットとしては、インフラ環境をユーザーが自由に選べないことが挙げられます。また、セキュリティにやや不安が残るという点も見逃せません。

自由度の低さ

ストレージやCPUなどをユーザーが選べないのはつらいところ。せっかくPaaSを導入したとしても、使おうと思っていたミドルウェアや言語が使えないといったケースも十分考えられます。こんな状況では開発を進めるどころではないので、導入前に必ずチェックしなくてはなりません。

製品によってはインストールができないことも考えられます。また、設定が制限される、セキュリティ要件を満たせないといったこともあり得ます。仮にシステム障害が発生したときなども、クラウド事業者側が動かない限り対応できることはなく、できたとしても再起動程度です。

セキュリティ

クラウドを利用する上で気になるのは、やはりセキュリティ面について。オンプレミスだと自社で一からシステムを構築し、閉鎖されたネットワークで利用するため、セキュリティは自社だけでしっかり行えば大丈夫です。しかし、クラウドはインターネットを介して多くのユーザーが利用するサービスなので、どこから情報が漏洩するか分からず、セキュリティに関して不安が残ります。

ただ、現在では多くのクラウド事業者がセキュリティの強化に力を入れているため、大きなデメリットとはなり得ません。さまざまな対策を施しているので、安全性は以前に比べてかなり向上しています。

クラウド事業者を選ぶときには、サービス解約後におけるデータの取り扱いや、通信における暗号化対策などをきちんと明確にしているかどうかを確認しましょう。クラウド事業者の公式ホームページで、ポリシーとして掲げているなら安心です。

参考ページ:Microsoft Azureのセキュリティドキュメント

導入前にしっかりと検討を

PaaSを導入することで初期費用を大きく抑えることができ、システムの開発にもスムーズに取り掛かることができます。これは企業にとって大きなメリットですが、デメリットがあることも忘れてはなりません。確かにPaaSはとても魅力的なサービスです。けれども、自由度があまり高くない、セキュリティに一抹の不安が残るなど、企業によっては大きな痛手となることも考えられます。

IaaSやSaaSとの違いについても把握し、メリットとデメリットをきちんと理解した上で導入を検討しましょう。

Microsoft Azure製品カタログ
これだけは押さえたい!マルチクラウド活用の進め方と勘所~Step2:オンプレミスに加えてマネージドクラウドという選択~
Windows Virtual Desktop の導入から運用を強力に支援
PaaSのメリットとデメリットについて
Horizon Cloud on Azure 環境構築手順書 Microsoft Azureインシデント サポートサービス

RANKING人気資料ランキング

RECENT POST 最新記事

ブログ無料購読

RANKING人気記事ランキング

関連記事