Azure移行前に準備しておきたいポイントとは

Azure移行前に準備しておきたいポイントとは

多くの企業がクラウド移行を進めている一方、日々の業務に加えてクラウド化への準備をしなければいけないことを負担に感じているIT担当者も多いのではないでしょうか。本記事では、オンプレミス環境からMicrosoft Azureへの移行前に準備しておきたいポイントと、その際に役立つツールやサービスを紹介していきます。

Azure移行前に準備しておきたいポイントとは

Microsoft Azure製品カタログ

Azure移行のために準備したいポイント

Microsoft Azure(以下:Azure)への移行にはどんな点に注意すればいいのでしょうか。以下ではAzure移行の手がかりとして、事前に注意・準備したいポイントについて解説していきます。

実践的なクラウド活用ガイダンス

Azureへの移行を進めるためには、入念に練られた移行計画の策定が欠かせません。そしてその際にどういった手順で計画を立て、作業を進めていけばいいのかを示す指標が、「実践的なクラウド活用ガイダンス」です。このガイダンスにおいて、クラウドネイティブ開発を実現するためにどのように行動したらいいか、その考え方を体系的に学ぶことが可能です。

このガイダンスを提供しているAZPower 株式会社は、Microsoftパートナーとして、これまで数多くの企業でAzure移行を手掛けてきました。同社が、Azure移行の手順を「CCoEの構成」「戦略定義」「計画」「導入準備」「採用」「統制管理」「管理」の各フェイズに分け、それぞれのフェイズでユーザー企業がどんな作業をすればいいのか、あるいはどんなことに注意すればいいのかを、それぞれ適切な視点から解説しているのが、上記ガイダンスです。

こうしたガイダンスを参考にすることで、企業は自社のAzure移行計画をどのようにして策定・実行していけばよいのか、戦略的なビジョンを持つことができるでしょう。

[SMART_CONTENT]

移行に関する制約を確認

Azureへの移行に取り組む際には、オンプレミスのワークロードを評価して、クラウドへの対応性やリスクを図り、コストや数々の課題を可視化することが必要です。そうした準備過程の具体例としては、例えばVMwareやHyper-V 、物理マシンなど、移行に要する制約性の確認も含まれます。要するに、「これまでオンプレミス環境で運用していたものをクラウド化するとき、どのような性能の仮想マシンやストレージ容量が必要か」という、各種要件を確認するのがこのプロセスです。

これらの制約の内容については、後述する「Azure Migrate」というサポートサービスにおける検出・評価ツールを使用することによって確認できます。これらのプロセスはAzureへの移行計画において必ずしも必須ではありません。しかしAzure移行のために必要な要件やコスト、推奨されるツールなども確認できるので、Azure移行においてなるべく正確な見通しを立てるためにも実施することをおすすめします。

移行するマシンの要件を確認

上記の作業と並行して、移行するマシンの要件を確認することも大事な点です。ハイパーバイザー、オペレーティングシステム、あるいは物理サーバーの要件なども確認し、Azureにレプリケートするオンプレミスのマシンが、Azure VMの要件に準拠していることを確認しましょう。

Azure移行を成功に導くツール・サービスの紹介!

Azureへの移行を効率的に行い、ビジネスで成果を挙げていくためには、Azureへの移行を手助けする便利なツール・サービスを利用するのがおすすめです。以下では、Azure移行を成功に導く主要なツール・サービスを紹介していきます。

Microsoft Cloud Adoption Framework for Azure(CAF)

「Microsoft Cloud Adoption Framework for Azure(CAF)」は、ユーザー企業がクラウドで成功するために必要なビジネス戦略やテクノロジー戦略の策定と導入を支援するために設計された実証済みのガイダンスです。ここにはAzureへの移行・運用を成功させたユーザーの成功例が凝縮されており、AzureのベンダーであるMicrosoft自身が提供しています。

CAFにおいては、クラウドアーキテクトやITの専門家、あるいはビジネスの意思決定者が、短期的および長期的な目標を成功させるために必要なベストプラクティス、ドキュメント、ツールを提供しています。CAFのベストプラクティスを活用することで、組織はビジネス戦略とテクノロジー戦略をより適切に調整し、Azureへの移行を成功させることができます。

CAFにおいても、クラウド化の成功の鍵は導入計画の策定にあります。この計画の策定は「デジタル資産の把握と合理化」「初期の組織配置」「スキルの準備計画の立案」、そしてこれらを踏まえた「クラウド導入計画の策定」というプロセスによって構成されています。

また、クラウド化の手法としては、「再ホスト」「リファクタリング」「再設計」「再構築」の4つが挙げられており、どの程度の深度でアプリケーションのクラウドネイティブ化を行なうことがここで問われます。基本的には、クラウドネイティブ化してクラウドの性能をフル活用したいなら、再設計か再構築を採用するのがおすすめです。

計画の立案と言っても、ゼロからクラウド導入計画を組み立てていくのは担当者の負担が大きくなってしまいます。そこでおすすめしたいのが「Cloud Adoption Plan Template」の活用です。ここにはAzure移行のために必要な標準的な工程がすでにテンプレート化されているので、担当者はそのテンプレートに沿って自社の計画を落とし込んでいくことでプランニングを行なえます。また、アセスメントサービスである「クラウドジャーニートラッカー」を活用することでも、どんな工程でAzureの移行を進めていけばよいのか確認することが可能です。

準備段階においては、「Azureセットアップガイド」でランディングゾーンの作成に必要なツールや手法を確認することができます。Azureセットアップガイドは、管理者が組織に向けてAzureの計画やセットアップ、セキュリティ保護を行う際にも活用可能です。

Azure Migrate

Azureへのクラウド移行にあたっては、「Azure Migrate」の活用もおすすめです。Azureへシステムを移行する場合、従来のオンプレミス環境をそのまま活かす形でAzureに引っ越す形(IaaS型)と、よりクラウド化の恩恵を得ることができるようにクラウドに適応したシステムへと変える形(PaaS型)があります。

Azureへ引っ越すためのステップは、主に「評価」「移行」「最適化」というフェイズに分けられます。Azure Migrateはこのクラウド移行のステップをスムーズに進めるために役立つハブサービスです。すでに上述したように、Azure MigrateではAzure移行のために必要な仮想マシンの要件などを確認できます。また、「Azure Migrate Azure Site Recovery」や「Azure data Box」「Azure Data Box Disk」などユーザーのニーズに合わせた移行を可能にするツールが充実しています。Azure移行後のバックアップやログ管理、セキュリティなど最適化に役立つツールも搭載されているので、Azure移行の前後に渡ってユーザー企業を大いにサポートしてくれるでしょう。

Azure Migrateによって、ユーザーはAzure運用のアセスメントを行うことができます。ここではサーバーやストレージの使用状況やコストなどについてさまざまな観点から評価を受けることができます。また、コスト面について言えば、Azure移行による費用対効果を計測する「Azure TCO Calculator」というツールを、Azureは用意しています。これはオンプレミス環境でシステム利用をする場合のコストと、Azureに引っ越した場合のコストの両方を「見える化」してくれるものです。

AZPowerのアセスメントサービス

Azure移行に向けた支援はMicrosoft以外の企業からも受けられます。そうしたAzure移行サービスの中でも特におすすめしたいのは、Azure専門のインテグレーターであるAZPower株式会社が提供するアセスメントサービスの利用です。

AZPowerはMicrosoftパートナーとしてAzureへの移行について高いノウハウを有しており、アセスメントから設計、PoC、構築、運用、決済に至るまでワンストップでAzure運用のサポートを提供しています。AZPowerは1台からの利用でもサポート対応しているので、事業の規模を問わず安心してご利用できます。

Azure Migrateのアセスメント機能にも見受けられるように、客観的指標としてクラウド移行の見込み効果やコストを提示してくれるアセスメント評価は、クラウド戦略を構築する上で非常に重要な手がかりを提供してくれるものと言えるでしょう。

AZPowerのアセスメントサービスは、顧客のクラウド戦略を支援し、Azure移行で生じるコストの変化や得られる技術的なメリットなどについて、具体的且つ客観的な洞察を提供します。これによって自社のクラウド戦略とビジネスニーズとの整合性を正確に把握し、ビジネスに役立つ実効的なクラウド移行が可能となるでしょう。このようにAZPowerのアセスメントサービスは、IT資産の棚卸しやDX検討を強力に支援します。

また、クラウドを実際に活用していく上では、ID・認証基盤(Active Directory)の整備は欠かせません。Azureの運用について豊富なノウハウと実績を持つAZPowerは、こうしたセキュリティに重要な認証基盤の構築についても数多くの役立つ知見を有しています。さらにAZPowerは、より安全にAzureを利用するためのインターネットVPNや閉域VPNといった、セキュアなVPN環境の手配も行っています。つまりAzure内部の構成だけでなく、Azureへの接続環境まで含めてワンストップで高度なセキュリティサポートを提供しているのです。

通常、接続環境のセキュリティとシステム内部のセキュリティは、それぞれ別々の事業者に手配する必要がありますが、AZPowerにご依頼いただければ一括して盤石なセキュリティを構築できます。

AZPowerは、クラウドビジネスを実施する上で必要な考え方、知っておくと役に立つかもしれない裏話、あるいは過去の失敗談なども含めて、クラウドインテグレーション事業を通して培った豊富なノウハウを惜しみなく提供してくれます。これによってスムーズにAzureへの移行を完遂し、クラウドを最大限に活用するビジネスを、効率的に展開できるでしょう。

まとめ

Microsoft Azureへのクラウド移行を準備する際には、Microsoftが提供するCAFのようなフレームワークや、Azure Migrateのようなアセスメントツールが役立ちます。また、自社だけではクラウド移行の対応が難しい場合は、AZPowerなどの専門家が提供するサポートを利用するのもおすすめです。

RELATED POST関連記事


RECENT POST「クラウド移行(インフラ・DB)」の最新記事


Azure移行前に準備しておきたいポイントとは

RANKING人気資料ランキング

RECENT POST 最新記事

RANKING人気記事ランキング

サイト掲載へのお問い合わせ