クラウド移行(インフラ・DB)

red hatとは?主力製品や導入の方法を解説!

redhatという企業は、社会インフラや企業のシステムを支えるイノベーションの源泉として、さまざまなテクノロジーを提供しています。redhatと聞くと、Linuxを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。その他、クラウドやインフラストラクチャ・アプリケーションなどシステム開発や自動化を支援するオープンソース企業として、世界をリードしています。本記事では、redhatの概要や歴史・主力商品を踏まえて、redhat製品の導入におけるポイントについて説明します。

red hatとは?主力製品や導入の方法を解説!

Azure SQL DatabaseとSQL Serverの違いは?

red hatとは?

まずはred hatの概要と歴史について解説します。

red hatの概要と歴史

redhatは、米国に本社をおく高い信頼性と性能を備えるLinuxをはじめ、ハイブリッドクラウド・ミドルウェア・アプリケーション開発などのテクノロジーを提供する、エンタープライズ向けオープンソース・ソリューションのプロバイダーです。

redhatといえばLinuxのイメージが広く浸透していますが、最大の特徴はオープンソース製品を提供している世界最大級の企業である点です。オープンソースは、イノベーションの源泉となる技術であり、あらゆるシステムで利用されています。
近年はクラウドの普及により誰もが自由に触れられ、コストメリットがあるオープンソースへのニーズは以前より高まっています。

redhatではオープンな文化・オープンなマインドを重要視しており、コミュニティへの参加やコラボレーションへの意欲、社員同士の自由な考え方の交換により、変化に柔軟に対応してきた歴史があります。

今後もオープンソースの理念とDevOpsの手法を組織全体で使用し、柔軟性や透過性・スピード感を最大化していくことで、最先端のオープンソース製品を生み出すと期待されています。

Windows 365とAVD ~ 最適な仮想デスクトップの選び方
あらゆる業種に提供!Azure/M365へのダイレクト接続サービス

red hatの主力製品

続いてredhatが提供している製品について紹介します。

Linux OS (Red Hat Enterprise Linux)

Red Hat Enterprise Linuxは、Redhat社が提供するOSです。幅広いハードウェアやソフトウェアに対応でき、24時間年中無休のサポート体制を利用可能です。セキュリティの自動化によるリスクの緩和やシステムの監視・運用による信頼性が高く、企業や官公庁などハイブリッド・オンプレミスを問わずさまざまな環境で活用されています。

red hatでは他にも以下のようなサービスが提供されています。

  • サービス指向アーキテクチャ、ミドルウェア ( JBoss Enterprise Middleware)
  • 仮想化 ( KVM、Red Hat Virtualization )
  • クラウド (IaaS: CloudForms、 PaaS: Open Shift)
  • ストレージ ( スケールアウト型非構造型ストレージ管理ソフト : GlusterFS )

red hat製品を使用する方法

redhat製品を導入する際のポイントを説明します。

オンプレミスかクラウドプロバイダーか

red hatの製品を使用するには、社内でオンプレミスの環境を構築するまたはクラウドプロバイダーを利用する方法があります。
オンプレミスとクラウドプロバイダー、それぞれの特徴を紹介します。
 

オンプレミスで環境構築する場合

サーバーやネットワーク・データベースサービス・データ管理・データ ストレージを自社で用意します。オンプレミスではアプリケーションの構築とデプロイに必要なプラットフォームの環境構築も行います。具体的には、LinuxなどのOS・ミドルウェアなどを社内でインストールする作業となります。また、自社に必要なソフトウェアを入れる手間も発生します。

クラウドプロバイダーを利用して環境構築する場合

ハードウェアやネットワーク・OSやミドルウェアなどのプラットフォームを自社で用意する必要がありません。すぐに利用可能なアプリケーションも用意されているため、ソフトウェアを入れる手間も削減できます。結果として、ビジネスの事業目標の達成に関わるプロセスコストを大幅に削減可能です。

また、クラウドには種類があり、パブリッククラウドやプライベートクラウドなど、自社の環境やデータのアクセス頻度・重要度・種類によって、柔軟な組み合わせで環境を構築できます。社内のIT人材が不足している企業は、マネージドのクラウドサービスを利用すると自社に必要なアプリケーションのデプロイや設定・管理を、クラウドプロバイダーが提供してくれるのでおすすめです。

Red Hatの認定クラウドプロバイダーとは

Red Hat製品を正規に動かすことができる主要なパブリッククラウド企業として、Alibaba Cloud、Amazon Web Services (AWS)、Google Cloud Platform (GCP)、IBM Cloud、Microsoft Azure などがよく知られています。
世界中にはその他にも多数のクラウド・コンピューティング・プロバイダーがあります。

クラウドプロバイダーの選び方

最適なクラウドは、自社のビジネスニーズや事業規模・現在のシステム環境との互換性などにより異なります。まずは、特定のクラウドプロバイダーの使用が自社の戦略とマッチしているかを確認してみましょう。続いて、戦略に必要となるクラウドサービスは何か確認します。具体的には、企業内で容易に運用できるクラウドは、パブリッククラウドか、プライベートクラウド、マネージドクラウドサービスか、を確認します。

他に、最適なクラウドプロバイダーを選択するポイントを紹介します。

セキュリティ

パブリッククラウドを提供する多くのプロバイダーでは、セキュリティ対策の標準サポート契約を提供しています。これには、 Linuxカーネルの監視やソフトウェアの検証、エラーや脆弱性が検出された場合の問題解決、パッチのデプロイなどが含まれます。また、企業独自のセキュリティポリシーやコンプライアンス要件を満たしているプロバイダーであるかの検証も必要です。

コスト

クラウドプロバイダーは、提供するリソース・プラットフォーム・サービスなどの時間またはバイト単位で課金されます。従量課金制が一般的なため、使用量に応じて変動する可能性があります。マネージの場合は、固定の料金体系で契約となるケースがあり、企業のアクティビティが増加した場合でもコストの上昇を抑えられます。

所在地

基本的に世界のどこからでもデータへアクセスできますが、地域密着の場合データを規制される場合があります。またクラウドのサーバーやデータセンターをサポートするスタッフが常駐していない場合、ハードウェアの突発的なトラブルが発生した際に復旧に時間を要する場合があるため、リスクとなりやすくなります。

信頼性

プロバイダーの多くは、一定の連続稼働時間を保証しています。信頼性の高いクラウドサービスを選ぶ際は、連続稼働時間が限りなく100%に近い形で提供されていることが望ましく、エラー発生時においても継続して利用できることが求められます。サービス契約時は、変更要求やサービス復旧に関する規定について、自社のシステム要件を満たしているか確認します。

技術

クラウドプロバイダーを選ぶ場合は、既存システムと統合されたOSやストレージ・ミドルウェア・管理システムであるか、実行が保証された認定を取得した事業者を選びます。

自社のシステム環境をクラウド移行するのは、容易ではありません。Azureはアプリケーションを期待通り実行するために、柔軟で信頼性が高く、セキュリティに重点をおいたハイブリッドクラウド環境を実現できるソリューションを提供しています。是非検討してみてください。

まとめ

redhatは今後もオープンな文化やマインドを重視し、最先端のオープンソース製品を生み出すと期待されます。Red HatとAzureを使用した最新のイノベーションである「Red Hat on Azure」は、オンプレミスとクラウド環境の管理の統合・自動化を可能とします。企業のニーズを満たし、将来の変化にも柔軟に対応できるIT環境の構築を実現できるため、是非検討してみてください。

使い慣れたWindowsファイルサーバをクラウド移行させるガイドブック
  • fb-button
  • line-button
  • linkedin-button
RELATED SITES

関連サイト

CONTACT

サイト掲載の
お問い合わせ

TOP