クラウド移行(インフラ・DB)

Azureへの移行ツール「Azure Migrate」について解説

近年、自社システムをオンプレミスからAzureへ移行する企業が増えています。そこで活用したいのが、システムのAzure移行をサポートする「Azure Migrate」です。本記事ではAzure Migrateの概要や、移行時の注意点などを解説します。Azure移行を安全に行う方法をお探しの方は、ぜひ参考にしてください。

Azureへの移行ツール「Azure Migrate」について解説

Azure SQL DatabaseとSQL Serverの違いは?

Azureへの移行ツールとは

「Microsoft Azure」のクラウドプラットフォームで提供される製品や利用できるサービス数は200を超えており、多くの企業の事業を支えています。しかし、それらの便利ツールを自社のビジネスで有効活用するには、オンプレミスからの移行作業が必要であり、実行するのはなかなか大変です。そういった移行作業でかかる負担を少しでも軽減したい場合は、Microsoftが提供している移行支援ツール「Azure Migrate」を使うとよいでしょう。

国内外のIoT先進事例100選
Azure Cosmos DB 自習書 - Azure Cosmos DB Gremlin API 編 -

Azure Migrateとは

Azure Migrateとは、オンプレミスの物理サーバー、仮想環境、現在利用しているクラウドサービスで稼働中のマシンのAzure移行をサポートするツールです。移行ガイダンスなどの機能を備えており、Azure移行時のハブになります。以前は「Migrate Project」という診断だけ行うサービスとして提供されていましたが、Azure Migrateにアップデートされてからは、移行に必要な機能が一通り揃った状態になっています。これを利用することで、迅速かつ安全なAzure移行が実現します。

移行支援機能としては、移行するサーバーの評価機能や移行実行機能、不具合検出機能、オンプレミスのデータベースをAzureに移行する機能などが代表的です。多様な環境からのAzure移行に対応しており、Windows/Linux Server/Webアプリ/SQLなど主要なワークロードの移行をサポートします。

計画的に移行できるように、中央ダッシュボードから分析や進捗情報をチェックで切るのも便利です。また、Azure対応性の分析やコスト見積もり、アプリの依存関係の視覚化といった、移行に便利な機能が数多く備わっています。

AzureといえばIaaSPaaSがよく知られていますが、VMware vSphere環境を利用できる「AVS」というサービスもあります。移行先をAVSにすべきかどうか悩んでいるという場合でも、移行支援ツールのAzure Migrateを活用すれば、移行の可否や大まかな費用を簡単に確認できるため、最適な移行方法を探る手段としても活用できます。

以下では、Azure Migrateが有する主要な4機能についてご紹介します。

Server Assessment

オンプレミス環境の物理サーバーや、VMwareなどのソフトウェアで構築した仮想サーバーの評価ができるツールです。クラウド移行を行うには、まず移行ができるかどうか確認する必要があります。Server Assessmentは、その確認作業を行ってくれる移行評価ツールで、移行の可否や仮想マシンの推奨サイズ、月間のコストを表示してくれます。

Azureの対応性で移行可否がわかり、問題なく移行できるかどうかが表示されます。問題がある場合は修復方法を提示してくれるため、適用することで推奨環境に最適化することが可能です。

Server Migration

評価したオンプレミスや仮想サーバーのAzure移行をサポートするツールです。エージェントベースの移行とエージェントレス移行の両方に対応しています。

テスト移行機能も搭載されているため、実行することで予定通りに移行が完了するか確かめることが可能です。テスト時は複製したデータを使ってAzure VMを作成し、テストシミュレートが実行されます。予定外のトラブルを避けるためにも、一度はテスト移行を試しておくことをおすすめします。

Azure Database Migration Service

オンプレミスのデータベースをAzureに移行するためのツールです。複数のデータベースソースのAzureプラットフォーム移行をサポートします。

移行する前にData Migration Assistantを使用することで、評価レポートを生成でき、推奨される必要な変更や実行手順を知ることが可能です。実行するかどうかはユーザーの判断に任せられます。準備が完了したら、移行に必要な手順はベストプラクティスを利用してツールがすべて実行してくれます。

移行方法はオフラインとオンラインに対応しています。オフライン移行を選択した場合は、移行開始と同時にアプリケーションのダウンタイムが発生します。テスト移行が可能なため、ダウンタイムが許容範囲に収まるか確かめておくことをおすすめします。一方、オンライン移行を選ぶことで、ダウンタイムがほぼ最小になるような移行が可能です。Azureへシームレスに移行させたい場合は、オンラインがおすすめです。

Data Migration Assistant

Azure SQL Databaseへ移行するとき、オンプレミス側のSQL Serverの影響により、不具合が起きる可能性を検出するツールです。移行に影響がありそうな問題を検出し、解決方法のガイダンスを提供します。検出する問題は主に、移行の障害となる互換性の問題や、機能がサポートされているかどうかなどです。新機能の推奨事項も確認できます。

Azureへ移行する時の注意点

Azure移行にあたっては、いくつか注意点があります。以下のポイントをしっかりと押さえたうえで、移行を実施しましょう。

システム設計の見直し

オンプレミスからクラウド環境へ移行しようとしている場合、移行前後でシステムの仕様が異なるため、計画段階でシステムの確認やテストなどを十分に行っておく必要があります。確認が不十分だと、既存のシステムをクラウド環境で再現する予定だったのに、選んだクラウドサービスでは要件を満たせず、稼働させられないおそれがあるからです。この場合、稼働させるためには予定外のシステムが必要になることもあります。

よくある失敗としては、IOPSが不足する事例があります。「IOPS」とは、SSDやハードディスクの性能指標のことで、1秒間に読み書きできる回数のことを指します。Azureではディスク容量とIOPSが紐付け関係になっているため、仕様を見落としていると「移行の前後でIOPSが実は違っていた」ということが起こり得ます。オンプレミスと同じディスク容量をAzureでも選択すればよいと判断しがちですが、あとになってからIOPSが不足していることに気付き、ディスク構成から検討し直しになるケースもあるのです。

オンプレミスからの移行を成功させるには、準備段階が鍵となります。移行後に大きな変更が発生しないようにするためにも、十分な設計やシステムの洗い出しを行い、Azureの仕様を把握しておくことが重要です。

セキュリティ対策を検討

AzureはMicrosoftが提供していることもあり、強固なセキュリティ体制が整えられています。しかし、クラウドという仕組み上、どうしてもインターネットに接続されている状態となるため、完璧に安全であるとは断言できません。

Azureを提供するMicrosoftはセキュリティの責任を負っていますが、その責任範囲(責任分界点)は利用者がIaaSとPaaSのどちらを選んだかによって変わってきます。たとえば、利用者がIaaSを選んだ場合、仮想マシンやネットワークなどのITインフラのセキュリティに関しては、Microsoft側に責任があります。利用者が責任を持つ範囲は、提供されたインフラ上で稼働させるデータベースやアプリケーションなどのセキュリティです。すべての保護をAzure任せにはできないため、機密性が高い情報など重要なデータを扱う際は、自社でセキュリティ対策を講じる必要があります。

とはいえ、セキュリティの状態を確認するにも手間がかかるものです。Microsoftが提供するサービスのひとつに「Azure Security Center」があり、これを利用すると無料で現在のセキュリティ対策の状況をわかりやすく可視化・評価してくれます。また、従量課金制ですが脅威からワークロードを保護する機能もあります。保護機能は30日間無料で試せるため、必要に応じて検討してみてください。

Microsoft Azureとは何か?入門から応用まで徹底解説

クラウドとは何か?Azureとは何か?導入のメリットや構成、コストに至るまでの基礎的な知識から、どのように活用すべきかまでを徹底的に解説しています。

Microsoft Azureとは何か?入門から応用まで徹底解説

ブログ記事を見る

まとめ

Azure Migrateを利用することで、オンプレミスからAzure環境へ安全かつ円滑に移行可能です。移行に必要な機能が利用でき、オンプレミスの評価から移行の実行まで、1つのサービスで実現できるためおすすめです。移行の際は、計画段階から十分な設計を行い、セキュリティ対策も自社で行うことを忘れないようにしてください。

日本ビジネスシステムズ株式会社提供、サーバー移行キャンペーン資料
  • fb-button
  • line-button
  • linkedin-button
RELATED SITES

関連サイト

CONTACT

サイト掲載の
お問い合わせ

TOP