ハイパーバイザー間のデータ移行をスムーズにするCommvault Complete Backup & Recovery

ハイパーバイザー間のデータ移行をスムーズにするCommvault Complete Backup & Recovery

近年、ITインフラを支えるサーバーの仮想化が注目を集めています。サーバーを仮想化する実装方法の1つが「ハイパーバイザー」です。本記事では、ハイパーバイザーのデータ移行をスムーズにする「Commvault® Complete Backup & Recovery」の機能やメリットについて解説します。

Microsoft Azure製品カタログ

ハイパーバイザーとは?

「ハイパーバイザー (hypervisor)」とは、コンピュータを仮想化するためのソフトウェアで、仮想機械を実現するための制御プログラムです。「仮想化OS」「仮想化モニタ」などとも呼ばれ、物理サーバーの中に仮想サーバーを作り出す際に使用します。

「visor」は直訳すると「管理者」となり、「hypervisor」は「上位層からプログラムを管理する」を意味する用語です。広義でのハイパーバイザーは「仮想サーバーを構築して動かすためのソフトウェア」であり、狭義では「ホストOSを必要としないタイプの仮想化ソフトウェア」と言えます。

ハイパーバイザーは、サーバーを仮想化する実装方法の1つです。企業経営におけるサーバー仮想化の目的は複数あります。その1つが、サーバー設置台数の削減による運用コストの軽減です。「仮想サーバー」とは、1台のサーバー上で複数のOSを起動し、それぞれを独立したサーバーとして運用する仕組みを指します。

従来は1台のサーバーにつき、1つのOSやアプリケーションをインストールするのが基本的なシステム構造でした。サーバーを仮想化することで、1台に複数のサーバー環境を構築できるため、物理的なシステムの設置台数を削減可能となるのです。同時に、サーバーの管理施設や設置スペースの縮小につながり、さらには情報システム部門の業務負担の軽減にも寄与します。

また、仮想化によってサーバーを集約できれば、高性能なアプリケーションを稼働させることも可能です。その結果、サーバーの導入費用と維持費用、およびシステムの運用・保守における人件費など、大幅なコスト削減に貢献します。

ハイパーバイザーの種類

ハイパーバイザーは、制御方式によって2つの種類に大別されます。それが「ベアメタル(ネイティブ)型」と「ホスト型」の2つです。ここでは、仮想サーバーの実装方法であるハイパーバイザーの種類について解説します。

Type1:ベアメタル(ネイティブ)型

物理サーバー上のハードウェアに対して、サーバー仮想用ソフトウェアを配置するのが「ベアメタル(ネイティブ)型」です。ベアメタル型はホストOSを経由することなく、仮想サーバーを構築します。厳密な定義でいえば、このベアメタル型が「ハイパーバイザー」と呼ばれるシステムです。「KVM」「Microsoft Hyper-V」「VMware vSphere」などが代表的なサービスとして挙げられます。

Type2:ホスト型

物理サーバー上のハードウェアで稼働しているOS上に、仮想サーバーを構築するタイプが「ホスト型」です。ハードウェア上に仮想環境を構築するベアメタル型に対し、ホスト型ではハードウェア上に構築されたOSの上に仮想環境を構築します。ホスト型は手軽に複数の仮想環境を運用できるものの、ベアメタル型と比較すると処理速度に劣るという特徴があります。代表的なサービスとして挙げられるのは、「VMware Server」「Parallels Desktop」「Virtual PC」などです。

Commvault Complete Backup & Recoveryで柔軟なデータ移行を

情報通信技術の発達に伴い、IT化の恩恵を受けてさまざまな産業が発展を遂げました。しかし、産業が発展する一方で市場競争性は激化の一途を辿り、消費者ニーズも多様化かつ高度化しています。このような時代背景のなか、企業が市場における競争優位性を確立するためには、膨大な情報をいかに効率よく運用するかが重要な経営課題と言えるでしょう。そこで重要となるのが、ITインフラを支えるサーバーの仮想化です。

サーバーの仮想化において近年主流となっているのが、物理サーバーのハードウェア上に専用ソフトウェアを配置し、仮想サーバーを構築するハイパーバイザーです。ハイパーバイザーの構築または移行を検討している企業にとって、懸念事項となるのが「データの移行」でしょう。企業にとって情報とは重要な経営資産であり、データ移行時のトラブルなど万一にもあってはならない事態です。したがって、安全かつ確実なデータ移行環境を構築する必要があります。

そこでおすすめしたいのが「Commvault® Backup & Recovery」です。これは、さまざまなITソリューションを手掛ける「JBCC株式会社」が提供するバックアップソフトウェアです。オンプレミス環境からクラウド環境へ、あるいは物理環境から仮想環境へ、各環境におけるデータ移行を総合的に支援します。安全かつ安心なデータ移行や変換、さらには保護やリカバリといったサポートを提供するITソリューションです。

Commvault Backup & Recoveryの機能

Commvault Backup & Recoveryは、データのバックアップに特化したITソリューションです。オンプレミス環境における物理サーバーだけでなく、クラウド上の仮想サーバーも対象として一括管理でバックアップします。さまざまなシステム環境に対応し、1つの製品でバックアップ体制を完全網羅できる統合データ保護ソリューションです。

近年、システム環境をオンプレミス型からクラウド型へと移行する企業が増加傾向にあります。オンプレミス型のシステム基盤を強化するためには、サーバー機器の増設や管理施設の拡充が必須であり、多額のコストがかかります。

しかしクラウド環境であればサーバーや施設の拡充が不要で、情報システム管理部門の業務軽減にもつながります。このような背景から、オンプレミス型からクラウド型へと移行する企業が増加しているのです。

Commvault Backup & Recoveryは、このようなシステム移行においても、柔軟に対応可能です。例えば、ITインフラを「Microsoft Azure」や「AWS」へと移行する際も、一括管理で安全かつ確実なバックアップ体制を提供します。

そのほかの機能として、リカバリ体制の自動化が挙げられます。プラットフォーム全体で、データとアプリケーションのリカバリ体制を自動的に構築します。リストア機能を備えているため、万一の事態に陥ったとしてもデータ復旧が可能です。システム全体のリカバリを自動化し、オンプレミスやクラウドといったシステム環境を問わず、盤石なバックアップ体制を構築できるでしょう。

Commvault Backup & Recoveryのメリット

システム基盤の設置において重要となるのは、自社の企業規模や経営戦略に沿った環境の構築です。例えば、オンプレミス環境とクラウド環境は、一概にどちらが優れているというものではなく、それぞれにメリットとデメリットがあります。サーバーの仮想化においてもメリットばかりではなく、運用管理に高度な知識や技術が求められるといったデメリットもあります。したがって、自社にとって最適なシステム環境の構築が重要と言えるでしょう。

Commvault Backup & Recoveryを導入することで、システム環境の移行に対して柔軟かつ迅速な対応が可能です。

また近年、多くの企業において「DX(デジタルトランスフォーメーション)」の実現が経営課題となっています。DXを実現するためには、最先端テクノロジーの活用が不可欠であり、場合によっては現在のシステム環境を見直す必要があるかもしれません。Commvault Backup & Recoverは、オンプレミス環境からクラウド環境への移行、あるいは仮想サーバーの構築など、システム環境の移行や刷新時に大きな力となるでしょう。

まとめ

ハイパーバイザーとは、仮想サーバーを構築する実装方法の1つです。ハイパーバイザー環境の構築は、サーバー台数と管理コストの削減に貢献します。また、IT環境を一元管理することで、業務効率の改善と労働生産性の向上にも寄与するでしょう。サーバーの仮想化を検討している方は、ぜひ本記事を参考にして経営戦略にご活用ください。

RELATED POST関連記事


RECENT POST「クラウド移行(インフラ・DB)」の最新記事


ハイパーバイザー間のデータ移行をスムーズにするCommvault Complete Backup & Recovery

RANKING人気資料ランキング

RECENT POST 最新記事

RANKING人気記事ランキング

サイト掲載へのお問い合わせ