マルチクラウドとは?ハイブリッドクラウドとの違いやメリットを解説!

マルチクラウドとは?ハイブリッドクラウドとの違いやメリットを解説!

「マルチクラウド」の導入を検討する際、混同されやすいのが「ハイブリッドクラウド」です。当記事では、マルチクラウドとハイブリッドクラウドのどちらを導入しようか迷っている方向けに、それぞれの違いについて解説します。また、マルチクラウドを利用するメリットと、現行の課題を解決するポイントについても併せて紹介します。

マルチクラウドとは

「マルチクラウド」とは、最適なシステム環境を提供するために、複数のクラウドサービスを組み合わせる運用スタイルのことです。各ベンダー(事業者)が提供するクラウドサービスは、それぞれメリットやデメリットがあるため、個々のよいところや得意分野だけを取り入れ、より最適な環境を構築します。マルチクラウドを導入する企業は多く、構築するシステムの特性や予算に応じて、クラウドサービスを使い分けています。

マルチクラウドとハイブリッドクラウドの違い

複数のクラウドサービスを利用したシステムという点では、「ハイブリッドクラウド」もマルチクラウドと変わりません。両者の大きな違いは、複数のクラウド環境の組み合わせ方です。

マルチクラウドは一般的に、複数ベンダーのサービスを併用した運用スタイルを指します。そのため、各ベンダーが一般の利用者向けに提供している「パブリッククラウド」の名称で呼ばれることもあります。パブリッククラウドに対する「プライベートクラウド」は、自社専用に構築・運用するクラウド形態です。

一方ハイブリッドクラウドは、パブリッククラウドやプライベートクラウドも含め、環境モデルを問わず複数のクラウドサービスを混合し、相互補完できる1つのシステムとして運用するモデルです。即応性にすぐれ、用途や領域、運用コストに応じた使い分けが可能で、クラウド環境設計の自由度も高くなります。反面、クラウド環境を併用するマルチクラウドに比べ、システム設計や構築が複雑で、運用の難易度も高くなります。

Azure Sphere紹介リーフレット
Azure Cosmos DB 自習書 - Azure Cosmos DB Gremlin API 編 -

マルチクラウドのメリット

ここでは、マルチクラウドのメリットをピックアップして紹介します。ハイブリッドクラウドとの共通点もあれば相違点もあるため、よく比較しましょう。

柔軟なカスタマイズ性

自社の業務環境に合わせ、各ベンダーのクラウドサービスを選定する際、それぞれの利点を活かすことが可能です。クラウドサービスごとにIoTやAIなどの機能や、ブロックチェーンなどの先端技術、価格や品質保証サービスなど強みが異なります。単一のクラウドサービスでは、すべてに対応することは困難ですが、マルチクラウドでは各クラウドサービスの利点を引き出せます。

IoTやAI機能に特化したクラウドと、使いやすさやコスト面にすぐれたクラウドを組み合わせ、業務効率化とコスト削減を図ることも可能です。また、運用のトライ&エラーを繰り返すうちに、より自社向けにカスタマイズしたクラウド環境を構築し、機能強化を図ることもできます。

ベンダーロックインの回避

「ベンダーロックイン」とは、特定のベンダー製品やサービスの導入後、それらへの依存度が高まり、他社の製品やサービスが利用しづらくなる状況を指します。自社施設内に機器を設置し、企業のITシステムを自社運用する「オンプレミス」が主流だった時代に、しばしば問題視されていました。現在では、外部の各ベンダーが機材やソフトウェアを用意する「クラウド(オフプレミス)サービス」が主流になっています。

ただ、クラウドサービスのベンダーを特定してしまうと、システムの更新や改良などはベンダーに依存するため、システムの柔軟性が失われます。価格改定やサービス改変などで、ビジネスに与える影響のリスクも小さくありません。クラウド技術の進歩に迅速に対応することも困難です。

マルチクラウドの運用は、柔軟な環境を構築することが可能で、クラウドサービスでも起こり得るベンダーロックインのリスクを回避できます。パッケージ製品を活用したり、各ベンダーの技術を共有したりすることで、技術の進歩に対応し、最新サービスの導入にも対応可能です。マルチクラウド環境なら、変化するニーズに柔軟かつスピーディに対応できるでしょう。

リスクの分散

マルチクラウドでもっとも重要なメリットが、リスクの分散です。いかに安定度や信頼性の高いクラウドサービスでも、システム障害が発生するリスクはゼロではありません。またクラウドサービスの稼働率も、各ベンダーで100%を達成しているとは言えません。万が一のシステムトラブルに備えるには、普段からリスクを分散しておくことが必要です。

マルチクラウドは複数のサービスを同時に運用するため、システムトラブルのリスクを分散するのに最適な運用スタイルです。1つのクラウドサービスで障害が発生し、システムダウンしたとしても、システム全体への影響を限定的にとどめられます。そして、ほかのクラウドサービスでカバーしている間に、バックアップやリカバリーの復旧作業を容易に行えます。サイバー攻撃など予測不能なトラブルに見舞われた際も、被害を最小限に食い止められるでしょう。

マルチクラウドの課題

マルチクラウドはメリットが多い一方、利用するうえでの課題もあります。特に、1つのクラウドサービスから移行を検討している企業の場合、以下のような点に注意することが求められます。

運用コスト・負荷の増加

一般的にクラウドサービスの導入目的で多いのは「コスト削減」ですが、複数サービスを利用するマルチクラウドは、1社のみのクラウドサービスよりも運用コストが高くなりがちです。1社のみであればパッケージ割引サービスも期待できますが、それもないため、結果的に初期費用も増加することが予想されます。

また、管理権限のあるアカウントで使用可能なツールも、多様化します。各ベンダーのクラウドサービスで管理ツールが異なり、それぞれのノウハウが必要となるので、管理者の負担を減らすため運用体制を新たに整備しなければなりません。社内での利用についても教育や研修が必要です。頭に描いたシステムは実現しても、管理部門や社内システム担当者への負担増は避けられないでしょう。

セキュリティ対策

クラウドサービスを利用するのにIDやパスワードでログインが必要であれば、クラウドサービスの数だけIDとパスワードを管理しなければならず、それだけ複雑化します。利便性を優先して、すべて同じ設定にしてしまうと、セキュリティ面のリスクと不安があるので問題です。

また、クラウドサービスに保管するデータを分散すれば、データが消失するリスクは低くなりますが、逆にセキュリティ面のリスクが高まります。1つのクラウドサービスに対応する従来のセキュリティ対策ではなく、新しい管理体制の構築が必要です。

マルチクラウドの課題を解決するポイント

マルチクラウドを導入し、そのメリットを活かすには、上記の課題を解決する必要があります。導入を検討する際、企業が整理しておきたいポイントを解説します。

現行システムの課題・問題の洗い出し

まずは導入前に、現行の社内システムでの問題点をすべて洗い出しておきましょう。それらの問題を改善するのに最適なクラウドサービスが見えてくるはずです。例えば「障害トラブルが発生すると、システム全体がダウンし、業務がストップしてしまう」「監視業務が自動化されておらず、手間がかかっている」「データ収集・集計に時間がかかり過ぎる」などの問題は、マルチクラウドで同時に複数のクラウドサービスを運用すれば改善できるでしょう。

一方、すでに複数の管理システムを利用し、担当者に負担がかかっている場合は、マルチクラウドでも問題は同じです。また、オンプレミスで社内管理のコストが負担となっている場合、マルチクラウドだと逆に負担増大の恐れもあります。つまり現行システムの問題によっては、単にマルチクラウドを導入したところで解決するわけではないことに注意してください。

運用管理ツールの活用

運用が複雑化し、負担も増しがちなマルチクラウドの対策としては、運用管理ツールの活用をおすすめします。クラウドサービスに適した運用管理ツールであれば、クラウドを一元的に管理できます。また、サービスごとにデータセンターや自社システムなどと相互接続する、インターコネクトサービスを利用すれば、セキュリティ対策の一元化も可能です。ブラウザ上で各サービスの接続環境を管理できるため、担当者も少人数で済みます。

まとめ

マルチクラウドは、複数のクラウドサービスを併用する運用スタイルです。ハイブリッドクラウドのように、1つのシステムとして運用しないため、リスクの分散化が可能です。カスタマイズが柔軟で、特定ベンダーへの依存度も低く、運用管理ツールを使えば運用の負担も減らせます。まずは自社の課題を洗い出し、最適なサービスを検討しましょう。

RELATED POST関連記事


RECENT POST「ハイブリッドクラウド」の最新記事


マルチクラウドとは?ハイブリッドクラウドとの違いやメリットを解説!

RANKING人気資料ランキング

RECENT POST 最新記事

RANKING人気記事ランキング

サイト掲載へのお問い合わせ