Azure Virtual Desktop(AVD) 導入時の3つの留意点 | クラウド実践チャンネル
Azure Virtual Desktop(AVD) 導入時の3つの留意点 | クラウド実践チャンネル

Azure Virtual Desktop(AVD)
導入時の3つの留意点

日本ビジネスシステムズ株式会社

Azure Virtual Desktop(AVD) 導入時の3つの留意点

テレワークの急速な普及といった働き方の変化に対応するため、クラウドVDIの導入を検討する企業が増えています。
さまざまなクラウドVDI製品がある中でも、マイクロソフトが提供するAzure Virtual Desktop(以下、AVD)は「Windows 7が動作する」「Windows 10マルチセッションが利用できる」などの理由から、採用の第一候補として検討されています。

セキュアで利便性の高い仮想デスクトップとして期待されるAVDですが、そのメリットを最大限活用し、快適に利用し続けるためには、適切なリソース設計やクラウドVDIならではのセキュリティ対策をあらかじめ検討しておく必要があります。

本資料では、AVDの特徴と活用ポイントを整理するとともに、導入を検討する際の留意点を3つのポイントにわけて紹介します。

詳細はフォームにご記入のうえ、資料をご確認ください。

資料ダウンロード