Identity Manager -企業のIDおよびアクセス管理のリスクを軽減- | クラウド実践チャンネル

Identity Manager -企業のIDおよびアクセス管理のリスクを軽減-

クエスト・ソフトウェア株式会社

Identity Manager -企業のIDおよびアクセス管理のリスクを軽減-

従来のIDおよびアクセス管理(IAM)フレームワークは、構築のコストがかかり、導入やメンテナンスに時間がかかっていました。こうした管理はほとんどのIT部門で大きな負荷となっています。これは、すべてのユーザIDのライフサイクル管理をIT部門で取り扱っていることが多いためです。さまざまなビジネスユニットでの多様なIAMニーズに応えるために、IT部門では対象範囲の限られたツールやセキュリティポリシーを個別に適用して作業し、ポリシーの強制を手動のプロセスに頼ることが珍しくありません。こうした状況はビジネス環境を脆弱にし、リスクを増大させるばかりか、SLA(サービス・レベル・アグリーメント)の順守も困難にします。

ユーザのアクセス権を、業務に必要なデータやアプリケーションのみに限定することで、生産性を高められます。

必要なデータやアプリケーションへのアクセス権のみをユーザに与えることで、リスクの軽減、データの保護、アップタイム要件への適合、コンプライアンスの準拠を実現できます。これにより、IDおよびアクセス管理(IAM)を、IT部門の能力ではなく、ビジネスニーズに基づいて行うことが可能になります。Identity Managerにより、現在、そして今後長きにわたってセキュリティポリシーを統一し、ガバナンスのニーズを満たすことができます。それと同時に、モジュラー式でスケーラブルなIAMソリューションにより、現在および将来にわたり、ビジネスの俊敏性を改善できます。

フォームにご記入のうえ、資料をご確認ください。

資料ダウンロード