取引先とのやりとりの品質向上と簡略化!大幅に営業工数を削減した方法とは | クラウド実践チャンネル

取引先とのやりとりの品質向上と簡略化!
大幅に営業工数を削減した方法とは

商品情報管理クラウドサービス PlaPi導入事例:技術専門商社B社

取引先とのやりとりの品質向上と簡略化!大幅に営業工数を削減した方法とは

製造現場で使用する様々 な機械や技術サポートを取り扱うB社。社内での商品情報管理は主にExcelで行なう一方、取引先への情報提供についてはカタログ冊子をメインに行っており、データ量が多いうえに新旧情報が混在している状況でした。

本資料では、技術専門商社B社の商品情報管理に関する以下の課題と対応策についてご紹介していきます。

  1. 得意先ごとに商品スペックや仕入れ価格を設定しており、情報の照会に時間がかかる。
  2. 得意先への商品情報の共有は紙ベースで行なっており、紛失のリスクが高い。

フォームにご記入のうえ、資料をご確認ください。

資料ダウンロード