VMware Horizon Cloudが実現するWindows Virtual Desktop強化とは? | クラウド実践チャンネル

VMware Horizon Cloudが実現する
Windows Virtual Desktop強化とは?

WVDの「マスターOS」「コスト」「ネットワーク」「認証」の問題を解決!

VMware Horizon Cloudが実現するWindows Virtual Desktop強化とは?

Windows Virtual Desktop(WVD)はWindows 10マルチセッションがサポートされる点やMicrosoft365との親和性など、他のDaaSには無いメリットがある一方で、エンタープライズでの利用時には、運用面やコストなどにいくつかの課題が発生します。こうした課題の解決手段に、VMware Horizon Cloud Service on Microsoft Azure(Horizon Cloud)との連携があります。

本資料では、独自に実施した検証結果を元に、WVDにHorizon Cloudを連携させることによる効果とメリットを、技術的な側面から解説します。

また、日鉄ソリューションズがWVDとHoirzon Cloudの導入から運用までを包括的に提供するサービス、「M³DaaS for WVD with Horizon Cloud」も、あわせてご紹介させていただきます。

<WVDとHorizon Cloud連携のメリット>

  • マスターOSの運用負荷軽減
  • Azure費用削減
  • ログイン時の認証簡素化
  • ネットワーク経路最適化
  • ネットワーク帯域の負荷軽減

フォームにご記入のうえ、資料をご確認ください。

資料ダウンロード