テレワーク環境でWindows Virtual Desktopを選択する理由 | クラウド実践チャンネル
テレワーク環境でWindows Virtual Desktopを選択する理由 | クラウド実践チャンネル

テレワーク環境でWindows Virtual Desktopを選択する理由

~恒久的なテレワーク環境を実現するために~

テレワーク環境でWindows Virtual Desktopを選択する理由

新型コロナウイルスの流行により、多くの企業でテレワーク環境の整備が急速に進んでいます。その中でも多いのが、既にあるVPN基盤をそのままテレワーク環境に利用しているケースです。

VPNによるテレワークは暫定的な措置としては有効ですが、全社員を在宅勤務させる分のリソースを確保している企業は少なく、また運用面やセキュリティ面に課題があり、長期利用には向きません。長期化・恒久化が見込まれるテレワークを支える基盤には、Windows Virtual Desktop(WVD)をはじめとした仮想デスクトップソリューションがおすすめです。
本資料ではWVDとVPNを比較し、なぜ恒久的なテレワーク環境にWVDを選ぶべきなのかをご紹介いたします。

<WVDとVPNの比較ポイント>

  • 運用
  • 利便性
  • リードタイム
  • セキュリティ

フォームにご記入のうえ、資料をご確認ください。

資料ダウンロード