アプリケーション開発におすすめのツール5選を紹介!

アプリケーション開発におすすめのツール5選を紹介!

アプリケーション開発ツールの導入を検討している方も多いのではないでしょうか。
しかし開発ツールの種類も多いため、どのツールを導入すれば良いか迷う方も多いのではないでしょうか。
本記事では、おすすめのアプリ開発ツールを5つご紹介します。

アプリケーション開発におすすめのツール5選を紹介!

Microsoft Azure製品カタログ

アプリケーション開発の進め方

アプリケーション開発を進める前に、開発の全体像理解しておかないと、導入すべきツールも中々見えてきません。

そこでまずは、アプリケーション開発の進め方・手順について簡単に解説しておきます。
アプリケーション開発は、基本的に下記の6つの手順で進めます。

  • ステップ1:要件定義
  • ステップ2:基本設計
  • ステップ3:詳細設計
  • ステップ4:開発
  • ステップ5:テスト
  • ステップ6:リリース

まずはステップ1の「要件定義」で、ユーザー側の要求やそれを実現する機能や性能など、アプリケーションの全体像を定めます。ユーザーの要望と、その要望をどのように叶えるかを文章でまとめます。

ステップ2〜3では、実際にどのような実装が必要なのか、設計を行う工程です。「基本設計」では、アプリケーションを機能単位に分割し、それぞれの機能がどういうものか、機能同士がどのように互換性があるか等を決定します。「詳細設計」では、機能ごとの処理や処理順序などのプログラム内部を設計します。

ステップ4では、設計を基に実際にプログラミングで機能を実装していきます。
ステップ5では、作成したプログラムで要件定義通りの機能が満たせているかを確認します。

最後のステップ6の「リリース」で、開発したアプリケーションを公開します。アプリケーションは公開して終わりではなく、その後の運用やバグがあった際に対応する保守作業が必要になります。

その業務本当に必要ですか?~組織を変えるDXのファーストステップ(Power Platformの活用)
モダンアプリケーション開発支援ソリューションのご紹介

アプリケーション開発におすすめのツール5選

続いて、具体的なアプリケーション開発におすすめのツール5選をご紹介します。おすすめのツールは下記の5つです。

  • Glide
  • Monaca
  • Yappli
  • Shopify
  • 店舗アプリ

それぞれ順番にご紹介します。

Glide

Glide」は、Googleスプレッドシートのみで開発できる、無料のノーコードアプリケーション開発ツールです。下記のような特徴があります。

  • スプレッドシートからアプリケーションを構築できる
  • マウス操作だけでアプリケーションを構築できる
  • モバイルアプリとスプレッドシートがデータ自動同期

ノーコードアプリケーション開発ツールで豊富なテンプレートも用意されているため、プログラミング不要で誰でも手軽にアプリケーション開発ができます。

アプリケーション開発初心者の方やノーコードを試してみたい方におすすめのツールです。

Monaca

「Monaca」は、スマホアプリケーション開発、デスクトップアプリケーション開発のどちらにも対応した、日本製のアプリケーション開発ツールです。下記のような特徴があります。

  • クロスプラットフォームアプリ開発環境
  • 一般的なWebアプリ開発で使用される言語が用いられる
  • プラグインを導入・開発できるなど、拡張性が高い

汎用性が高いため、開発導入実績が多く、現在までに約9万ものアプリケーションを開発してきた実績があります。

ノーコード開発はできませんが、気になる方は一度14日間の無料トライアルを試して使用感を確認してみてください。

Yappli

「Yappli」は、アプリケーション開発・運用・分析が全てできるノーコード開発ツールです。下記のような特徴があります。

  • 簡単無操作で高品質のアプリケーションを作成できる
  • 継続率と導入実績が豊富
  • 運用や分析もできるため、PDCAサイクルを回しやすい

基本的にドラッグ&ドロップという簡単な操作のみで開発できます。
頻繁にアップデートを実施しているため、最新のOSにも対応可能です。

継続率99%、400社以上に導入済みという実績があります。

Shopify

「Shopify」は、 海外のECサイトから高い支持を得ているノーコード開発プラットフォームです。下記のような特徴があります。

  • サブスク型で分かりやすい料金
  • ECサイトを簡単に構築でき、さまざまな機能を実装できる
  • デザインやカスタマイズの柔軟性が高い

世界170万以上の店舗で利用されており、ECサイトに求められる幅広い機能を実装できます。
ECサイトの構築を考えている方は、基本的にShopify導入がおすすめです。

店舗アプリ

「店舗アプリ」は、完全ノーコードで最新OMO・DXアプリケーション開発を依頼できるサービスです。下記のような特徴があります。

  • アプリ開発を依頼できるサービス
  • 850社以上の効果実績をもとに生まれた機能が多数搭載
  • 最新技術のWEBアプリであるPWA・PCサイトも同時作成・運用できる

導入実績4年連続No1で、小売店・スーパー・飲食店・EC通販など、さまざまな業種で活用されています。

今回ご紹介したツールは、使用目的や開発するアプリケーションの内容によって使い分ける必要があります。まずは、自社で開発するアプリケーションの利用目的を明確にして、導入するツールを検討してみてください。

  • Glide
  • Monaca
  • Yappli
  • Shopify
  • 店舗アプリ

HISOLがモダンアプリケーション開発を支援

自社でツールを導入してアプリケーション開発を行うのが難しいという方は、企業にアプリケーション開発の支援をしてもらう方法もあります。

特に、HISOLが提供している「モダンアプリケーション開発支援サービス」ならではメリットが多くおすすめです。

  • 市場の変化に対応し、企業のDXの実現を支援するモダンアプリケーションの開発を支援
  • 開発支援ツールの提供から、モダンアプリケーションの基盤、運用までトータルでサポート

自社でアプリケーション開発の工数を割くのが難しい場合やアプリケーション開発の失敗を出来るだけ減らしたい場合は、HISOLの「モダンアプリケーション開発を支援」も検討しましょう。
価格に関しては、開発内容や支援内容によって変わるため、まずは資料請求やお問い合わせで相談してみてください。

まとめ

本記事では、おすすめのアプリケーション開発ツールを5つご紹介しました。もう一度まとめておくと、下記の5つのツールになります。

  • Glide
  • Monaca
  • Yappli
  • Shopify
  • 店舗アプリ

上記ツールを利用することで、アプリケーション開発の効率化や工数の削減に繋がります。また、ノーコードで開発できるツールを使用することでプログラミングの知識やスキルが無くても、アプリケーションをスムーズに開発できるでしょう。まずは、今回ご紹介したツールの中から気になったツールの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

RELATED POST関連記事


RECENT POST「アプリケーション開発・管理・運用」の最新記事


アプリケーション開発におすすめのツール5選を紹介!

RANKING人気資料ランキング

RECENT POST 最新記事

RANKING人気記事ランキング

サイト掲載へのお問い合わせ