ダイレクト接続サービスで安定したAzure/Microsoft 365の利用環境を実現

ダイレクト接続サービスで安定したAzure/Microsoft 365の利用環境を実現

働き方改革による業務効率化、コロナ感染拡大によるテレワークへの移行などを実現するために、Microsoft 365をはじめとしたMicrosoftサービスを利用する企業は年々増加しています。

さらに昨今は、よりセキュリティや信頼性の高い安定した通信でクラウドサービスに接続したいというニーズも高まっています。

ここでは、これらの要望に応えるソリューションとしてMicrosoft 365へのダイレクト接続を可能にする「IIJクラウドエクスチェンジサービス for Microsoft Azure Peering Service(以下IIJクラウドエクスチェンジサービス)」を紹介します。

働き方改革を実現!安定したMicrosoft 365の利用環境を実現

IIJが提供するクラウドエクスチェンジサービスは、Microsoftの閉域接続サービスである「Express Route」を使い、Microsoft 365をはじめさまざまなMicrosoftサービスへのダイレクト接続環境を提供するサービスです。

IIJは、MicrosoftからMicrosoft Azure Networking MSPに認定されたネットワーク事業者として、Microsoft Azure Peering Serviceに対応しています。

通常Express Route を利用する際には承認手続きが必要となりますが、IIJクラウドエクスチェンジサービスを利用すればMicrosoftへの承認手続きが不要となります。これにより、業種や用途を限らず、すべてのクライアントにOffice 365へのダイレクト接続サービスを提供することが可能となるのです。

Microsoft365を始めとするMicrosoftサービスは、テレワークなど昨今の働き方改革において非常に大きな役割を担っています。

しかしインターネット接続でMicrosoftサービスを利用すると、回線の遅延でレスポンスが不安定になることや、セキュリティ上のリスクが生じるなど、課題も存在します。

その点、IIJクラウドエクスチェンジサービスを利用すれば、ダイレクト接続やプライベートバックボーンなどのサービスにより、安定したMicrosoftサービスの利用環境を構築することができます。

IIJクラウドエクスチェンジサービス for Microsoft Azure Peering Serviceの特徴

それでは、IIJクラウドエクスチェンジサービスにはどのようなメリットがあるのでしょうか。特徴を3つのポイントで解説していきます。

Microsoft 365へのダイレクト接続

1つ目の特徴は、すべてのクライアントがMicrosoft 365にダイレクト接続できるということです。

ダイレクト接続は、インターネットを経由せず専用のネットワークでMicrosoft 365 に接続できるため、低遅延でゆらぎが少ない通信環境が実現されます。そのためMicrosoft Teamsのビデオ会議や音声会議など、リアルタイム性が重要な機能が快適に利用可能です。

またIIJでは国内9か所にアクセスポイントを持ち、主要キャリアのアクセス回線にも対応しています。マルチキャリア構成でキャリア冗長、ロケーション冗長も実現するので、ダイレクト接続でありながら万が一の事態に対しても信頼性を確保できるネットワーク構成可能です。

運用負荷の軽減

2つ目の特徴は、運用負荷が軽減できるということです。

自社でMicrosoft 365の利用環境を構築した場合、下記のような問題が起き、保守管理やトラブル解決などの運用負荷がかかってしまう、という懸念も生じます。

  • 不定期に発生するIPやFQDNの変更
  • トラフィックの集中による負荷増大
  • プロキシやファイアーウォールへの負荷増大

しかし、IIJクラウドエクスチェンジサービスを利用すれば、これらの運用負荷となりえる課題を解決するソリューションを提供しているため、これらの問題にかかるコストを低減することが可能です。

またIIJのサービスとして豊富な実績を活かした開通・運用サポートも行っているため、運用ノウハウがない企業でも導入しやすい所もポイントです。

Microsoftネットワークに限定した接続

3つ目の特徴は、IIJクラウドエクスチェンジサービスを利用することでMicrosoft 365 用の専用回線で接続ができるということです。

IIJクラウドエクスチェンジサービスでは専用のプライベートバックボーンを用意しており、Microsoftグローバルネットワークのみに接続可能で、その他グローバルネットワークへの到達性がない構造をしています。

そのためインターネットを利用したときのように、回線によるセキュリティ上の懸念も発生せず、安心して活用できるのがポイントです。

また、企業のポリシーに合わせたマネージドファイアーウォールサービスも提供しています。

Microsoft 365へダイレクト接続可能なサービスの導入事例

ここまでIIJクラウドエクスチェンジサービスの3つの特徴についてお伝えしましたが、ここからは実際にサービスを導入した事例について紹介していきます。

今回紹介するのは「DAIWA ROYAL HOTEL」の運営などリゾート事業を手掛ける、大和リゾート株式会社での事例です。

大和リゾート株式会社では、2020年4月に「急速に広まるテレワークを全社の基本にしてしまおう」という方針を打ち出しました。事業所を最小限に縮小し、基本的な業務をテレワークで行うという取り組みです。

テレワークの基盤には、MicrosoftがMicrosoft 365の一環として提供するコミュニケーションプラットフォーム「Microsoft Teams」を利用することとなり、この完全テレワークを実現するためにIIJのサービスが導入されました。

導入前の課題

大和リゾート株式会社が完全テレワークを実現するためには、以下のような課題を解決する必要がありました。

  • セキュリティポリシー上、社内ネットワークからMicrosoft 365への接続を行うにはプライベート通信が必須だった
  • 社内のプロキシサーバ経由でクラウドサービスとダイレクト接続していたが、帯域が十分ではなかった
  • 2000人規模の従業員がテレワークに移行した際、使用セッション数と帯域数が多く、グループ企業の通信に影響を与える懸念があった

このような背景があったことから、Microsoft 365へのダイレクト接続が可能で、2000名のテレワークに耐えられるだけのネットワーク構成を新しく探す必要がありました。その必要性の中で「IIJクラウドエクスチェンジサービス for Microsoft Azure Peering Service」の利用を検討することとなったのです。

導入後の効果

大和リゾート株式会社が相談を持ち掛けたのはIIJを含む数社。

その中で、要件を満たす提案を出せたのがIIJだけだったのです。

まず、IIJクラウドエクスチェンジサービスでMicrosoftのクラウドサーバーとダイレクト接続を実施し、必要な帯域と信頼性の高さを実現。

また、セッション管理に必要なプロキシサーバは「IIJプロキシサービス」を利用し、プロキシにかかる負荷を削減しました。

IIJからはMicrosoft 365に必要なライセンス、認証サービスも併せて提供し、プロジェクトが発足してから半年で、200台のパソコンでTeamsを利用したテレワーク環境の準備が完了しました。

このように、テレワーク用PCとTeamsの活用によるテレワーク環境の構築が完了し、99%以上は社内LANと変わらない業務ができるようになったそうです。

さらにこれからの展望として、Teams利用時のもう一つの課題である「外線電話の取り扱い」についても対応を進めています。

会社宛の外線電話をテレワーク中の従業員でも受けられる仕組みを、ソフトバンクの提供するTeams向け音声通話サービス「UniTalk」を利用して導入するよう検討しているのです。

以上のように、IIJが提案し構成したネットワークにより、セキュリティポリシーに合致したうえで利用者に快適なインフラが整備できたとして、大和リゾート株式会社より高い評価を得ています。

Microsoftによる評価

これらからわかるように、IIJクラウドエクスチェンジサービスはMicrosoftサービスの環境構築が可能ですが、これらのサービスの質をMicrosoftからも「Azure Expert MSP認定」という形で評価されています。

Azure Expert MSP認定は、Microsoft Azureのパートナー認定プログラムの最高位です。Azureのスペシャリストとしてベストプラクティスのデリバリー能力をはじめ、専門知識やノウハウ、人材、プロセス、管理技術など、第三者機関による厳しい監査に合格することで得られる認定です。

さらにAzureのネットワークサービスで、高品質な独自のマネージドサービスを提供できる企業に贈られる「Microsoft Azure Network MSP認定」も取得しています。

世界30万社のうちAzure Expert MSP認定を取得しているのは50社(国内は4社)で、そのうちMicrosoft Azure Network MSP認定も取得しているのはソフトバンクとIIJのみ。このことからも、IIJの信頼度の高さが伺えます。

まとめ

今回は、Microsoft 365をはじめとしたMicrosoftサービスをダイレクト接続で利用できる「IIJクラウドエクスチェンジサービス」を紹介しました。

ダイレクト接続を行うことで通信の安定化や高速化、セキュリティの向上などが実現するため、テレワークにおけるTeamsの利用など、リアルタイム性が求められる機能の利用に最適です。

導入においては、「Express Route」の承認手続きなどのハードルもなく、豊富な実績を活かした開通・運営サポートも受けることができます。

それに加え実績も十分で、Microsoftからも高い評価を得ているサービスです。

システムをクラウド化したい方、帯域のボトルネックを解消したい方、インフラの構築・運用を任せたい方は、IIJクラウドエクスチェンジサービスを検討してみてはいかがでしょうか。

RELATED POST関連記事


RECENT POST「クラウド移行(インフラ・DB)」の最新記事


ダイレクト接続サービスで安定したAzure/Microsoft 365の利用環境を実現

RANKING人気資料ランキング

RECENT POST 最新記事

RANKING人気記事ランキング

サイト掲載へのお問い合わせ