IIJが提供する「仮想デスクトップサービス」とは?

IIJが提供する「仮想デスクトップサービス」とは?

本記事では、仮想デスクトップサービスの導入を検討している企業担当者の方へ向けて、仮想デスクトップの概要や導入メリットを解説します。さらに、仮想デスクトップサービスの1つ「Citrix Cloud for Azure Virtual Desktop(旧Windows Virtual Desktop)」の特長も併せて紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

仮想デスクトップとは?

「仮想デスクトップ」とは、デスクトップ環境をサーバー上に構築して稼働させる仕組みのことです。本来、デスクトップ環境を稼働させるには、相応のハードウェア(CPUやメモリなど)をマシンごとに整備しなくてはなりません。しかし仮想デスクトップでは、ソフトウェアを用いてハードウェア面を仮想化することで、マシンのスペックや負担を最小限にした運用が可能です。

また、サーバー上にデスクトップ環境があることで、ネットワークを通じてどこからでも利用できます。そのため、新型コロナウイルスの影響により需要が増したリモートワークでの活用に注目が集まりました。

仮想デスクトップにはさまざまな方式がありますが、大きく分けると「VDI」と「DaaS」の2通りです。どちらもサーバー上に構築したデスクトップ環境を、ユーザー各々が自身のパソコンからネットワークを通じて利用する点で共通しています。両者の違いは、サーバーを誰が(どこで)管理・提供しているかという点です。

VDIは、自社サーバー上に仮想デスクトップを構築し、自社で運用します。自社で直接管理するため信頼性が高く、カスタマイズ性に優れるのが特長です。一方DaaSは、事業者の提供するクラウドサーバー上に構築された仮想デスクトップを運用します。管理は事業者が行うため、初期費用や運用負担が比較的少なく済みます。

仮想デスクトップのメリット

仮想デスクトップを導入することで、どのようなメリットが得られるのでしょうか。ここからは、システム管理者とユーザーそれぞれのメリットを紹介します。

システム管理者側のメリット

システム管理者にとっての主なメリットは、「運用コストの軽減」「セキュリティの強化」の2点です。それぞれ詳しく見ていきましょう。

運用コストの軽減

ユーザーそれぞれの端末でデスクトップ環境を運用している場合、システム管理者はその数だけ端末を管理しなければなりません。具体的にはシステム設定やバックアップ、アップデートやアプリケーションの配布などです。

仮想デスクトップなら、サーバー上でこれらを一元管理できます。また、ベースとなる仮想デスクトップ環境を1つ構築すれば、サーバーを拡張したり引越ししたりする際も、基本的にはサーバー内でコピーするだけです。ユーザーそれぞれの端末で運用していたときよりも、圧倒的に管理が楽になり、結果コストも抑えられます。

セキュリティの強化

従来のデスクトップ環境では、各端末にセキュリティ対策を施す必要がありました。また、システム面でセキュリティを強化しても、ユーザーの運用方法によっては情報漏えいのリスクを避けられません。

その点、仮想デスクトップでは一括でセキュリティ対策が可能です。さらに、ユーザーの行動が把握しやすくなるので、情報漏えいのリスクを著しく軽減させられます。また、すべての作業データはサーバー側に残り、端末には一切残りません。そのため、ユーザーの私物端末を採用した業務も安全に行えます。

ユーザー側のメリット

ユーザーにとっての主なメリットは、「業務に使用する端末を選ばない」「働き方改革の実現」の2点です。詳細は以下の通りです。

業務に使用する端末を選ばない

近年の業務ではデスクトップパソコンやノートパソコン、タブレットなど、さまざまな端末を使い分けることも増えています。このとき、業務に必要なデータを毎回共有しなければなりません。

一方、仮想デスクトップでは、すべての端末で同じデスクトップ環境にアクセスするため、データ共有の必要なく端末を使い分けられます。さらに、ほとんどのデータ処理をサーバー側で行うため、端末の性能も気にする必要がありません。

働き方改革の実現

仮想デスクトップを使えば、インターネットに接続することで、どこからでも社内と同じ環境で働けます。そのため、リモートワーク下においても業務を円滑に進めるうえで効果的です。また、災害時でもサーバーが無事ならデスクトップ環境を利用できるため、業務が止まるリスクを軽減可能です。端末の紛失・盗難時に機密情報の流出を心配せずに済む点も、屋外で作業する機会の多い方にとってはメリットでしょう。

IIJ仮想デスクトップサービス「Citrix Cloud for Azure Virtual Desktop(旧Windows Virtual Desktop)」

IIJ仮想デスクトップサービス「Citrix Cloud for Azure Virtual Desktop(旧Windows Virtual Desktop)」は、「Citrix Cloud」とMicrosoftのDaaS「Azure Virtual Desktop(旧Windows Virtual Desktop)(AVD)」をフルマネージドで提供するサービスです。会社の規模や要件に応じて、さまざまなスペックのマシンにカスタマイズできます。

Citrix Cloudとは

Citrix Cloudは、Citrix社が提供するクラウドベースの管理プラットフォームです。パブリッククラウドやハイブリッドクラウドなどさまざまな環境下で、仮想デスクトップや仮想アプリケーションを統一的かつ簡便に管理できます。Azure Virtual Desktop(旧Windows Virtual Desktop)と組み合わせて利用することで、ユーザビリティが向上します。

Azure Virtual Desktop(旧Windows Virtual Desktop)とは

Azure Virtual Desktop(旧Windows Virtual Desktop)は、MicrosoftがAzure上で提供するデスクトップ・アプリケーションの仮想化サービスです。1台の仮想マシンを複数人で使える「Windows 10マルチセッション機能」や、Microsoft 365アプリケーションの仮想化・最適化が利用できます。

Citrix Cloud for Azure Virtual Desktop(旧Windows Virtual Desktop)の特長

Citrix Cloud for Azure Virtual Desktop(旧Windows Virtual Desktop)は、上記2サービスのライセンス取得やサブスクリプションの申し込み、クラウドサービスの設計・設定を提供しています。各種手続きや障害発生時における問い合わせ窓口の一本化に加え、24時間365日の充実したサポート体制により、安心してデスクトップ仮想化サービスが利用できるのが魅力です。

まとめ

仮想デスクトップを導入することで、従来のデスクトップ環境と比べて運用コストが軽減できるほか、セキュリティの強化やリモートワークの実現が可能です。「Citrix Cloud for Azure Virtual Desktop(旧Windows Virtual Desktop)」では、デスクトップ仮想化に関する包括的なサポートが受けられますので、ぜひご検討ください。

RELATED POST関連記事


RECENT POST「仮想デスクトップ」の最新記事


IIJが提供する「仮想デスクトップサービス」とは?
Microsoft Azure製品カタログ

RANKING人気資料ランキング

RECENT POST 最新記事

RANKING人気記事ランキング

サイト掲載へのお問い合わせ