DaaS(Desktops-as-a-Service)で実現する企業のDX推進

DaaS(Desktops-as-a-Service)で実現する企業のDX推進

近年、多くの企業でDXの推進が喫緊の経営課題となっています。DXを実現するためには優れたITソリューションの活用が不可欠です。本記事ではDX実現の一助となるDaaSの概要について解説するとともに、おすすめのクラウドサービスを紹介します。

DaaS(Desktops-as-a-Service)で実現する企業のDX推進

DaaS(Desktops-as-a-Service)とは

DaaSとは「Desktop as a Service」の頭文字をとった略称で、クラウドコンピューティングサービスの一種です。
今日クラウドサービスにはさまざまな形態があります。例えば、ソフトウェアを提供する「SaaS」、インフラストラクチャを提供する「IaaS」、プラットフォームを提供する「PaaS」などが代表的なクラウドサービスの形態です。こうしたものの1つであるDaaSつまり「Desktop as a Service」は、直訳すると「サービスとしてのデスクトップ」といった意味になり、その名の通り仮想デスクトップ環境を提供するクラウドサービスを指します。

近年、新型コロナウイルスの感染拡大や働き方改革関連法の推進といった社会背景も相まって、多くの企業がテレワークの導入を進めています。テレワークは新しい時代に即した働き方として普及しつつあるものの、オフィス外で業務に取り組むため、セキュリティリスクが懸念されるワークスタイルです。
クライアント端末に一切のデータが残らない仮想デスクトップ環境であれば、テレワーク環境下の情報漏えいリスクを最小限に抑えられます。このような背景から、クラウド型の仮想デスクトップ環境を構築するDaaSが大きな注目を集めているのです。

DaaSとVDIの違い

仮想デスクトップ環境を構築するサービスとして「VDI(Virtual Desktop Infrastructure)」が挙げられます。DaaSとVDIはそれぞれが仮想デスクトップ環境を構築するサービスなので、その違いについて疑問を抱く方も少なくありません。DaaSとVDIの決定的な違いは、クラウド上で稼働するサービスかサーバー上で稼働するサービスかという点です。DaaSはサービスプロバイダーがインターネット経由で提供する仮想デスクトップ環境を利用し、VDIは自社サーバーに構築された仮想デスクトップ環境を利用します。

端的に言えば、クラウド型の仮想デスクトップ環境がDaaS、自社サーバー型の仮想デスクトップ環境がVDIです。この2つはそれぞれにメリットがあるため、どちらが優れていると比較するものではありません。
例えば、DaaSは自社で大規模なサーバー環境を構築する必要がないため、初期費用を大幅に抑えられます。また、サービスや容量の拡張時にサーバー増設が不要という点も大きなメリットです。VDIは初期費用が高額になりがちですが、自由にカスタマイズできる柔軟性や通信速度の安定性に優れています。

DaaSの3つのタイプ

DaaSには代表的な3つのサービス形態があります。それが「プライベートクラウド型」「パブリッククラウド型」「バーチャルクラウド型」です。ここからは、3つに分類されるDaaSのサービス形態について解説します。

プライベートクラウド型

企業が自社システムに独自のクラウド環境を構築する形態がプライベートクラウド型です。プライベートクラウド型はほかの企業から独立した専用の環境でクラウドサービスを運用可能なため、独自のセキュリティポリシーを適用できるというメリットがあります。また、自由にシステムを設計・管理まで行えるため、柔軟なカスタマイズが可能です。

パブリッククラウド型

パブリッククラウド型とは、ほかのユーザーと共有するクラウド環境上に構築された形態を指します。英語で「共有」や「公共」を意味する「public」の名の通り、利用者を限定しないオープンなクラウド環境がパブリッククラウド型です。企業や個人を問わず、複数のユーザーでクラウド環境を共有するためセキュリティ面に劣るものの、3形態の中でもっとも導入費用や管理コストを抑えられます。

バーチャルクラウド型

IaaSやPaaS上に仮想デスクトップ環境を構築するクラウド形態がバーチャルクラウド型です。クラウド型のインフラストラクチャやプラットフォームに構築されるため、完全に独立した環境ではありません。ほかのユーザーと共有されたインフラストラクチャやプラットフォームに、自社専有のクラウド環境が組み合わさったタイプと言えるでしょう。プライベートクラウドと同様、カスタマイズ性やセキュリティ面に優れるという特長を備えています。

セキュアにDaaS環境を構築できる「Citrix SD-WAN」

近年、情報通信技術の驚異的な進歩によって多くの産業が発展を遂げました。しかし、その裏で市場競争性は激化の一途を辿り、結果的に「業績を伸ばす企業」と「衰退していく企業」の二極化が進んでいます。
こうして激化する市場競争を勝ち抜くためにはDXの実現が不可欠であり、そのためには優れたITソリューションの活用が欠かせません。そこでおすすめしたいのが、セキュアなDaaS環境を構築する「Citrix SD-WAN」の導入です。

Citrix SD-WANとは、米国のテクノロジー企業であるシトリックス社が開発した、企業間のネットワークを仮想化するSD-WANソリューションです。SD-WANとは「Software Defined WAN」の頭文字をとった略称で、広域ネットワークのWANを一元管理し、仮想的なネットワークを実現する技術やサービスを指します。Citrix SD-WANはクラウド接続や拠点間接続などにおける、柔軟なネットワーク構成やSaaSアプリケーションの配信を最適化します。

Microsoft 365のパフォーマンスを向上させる4つの機能

Citrix SD-WANはMicrosoftの製品との親和性が高く、Microsoft 365のパフォーマンスを向上させる機能を複数備えています。Microsoft 365はMicrosoft OfficeやOneDrive、Microsoft Teamsなど、複数のアプリケーションがパッケージされた製品であり、いまや業務効率化に不可欠なサービスです。
こうした各種アプリケーションをルーティングし、最適化されたユーザーエクスペリエンスを実現します。Microsoft 365のパフォーマンスを向上させる代表的な機能として以下の4つが挙げられます。

  1. 仮想アプライアンスを使用してトラフィックを特定する
  2. トラフィックを最適化する
  3. ブランチロケーションから直接インターネットへと誘導する
  4. ローカルDNSを通じてMicrosoft 365へのラストマイル接続を提供

WAN問題の3つの解決策

LANは建物内における限定的なネットワークであり、WANは世界中でつながるネットワークを指します。Citrix SD-WANは、広域ネットワークであるWANが抱えている、さまざまネットワーク問題を解決へと導くことが可能です。具体的には以下の3つの施策によってWAN問題を解決します。

  1. WANのモダナイズ
    老朽化して最大限度に達したMPLS回線に対し、トラフィックを優先順位付けすることで最適な接続へと動的にルーティングします。
  2. エッジの保護
    WANエッジまでセキュリティを拡張する統合ファイアウォールとTLS暗号化によってセキュリティを保証します。
  3. ブランチオフィスITの簡素化
    インフラストラクチャのスタックを配備することなく、ブランチオフィスをクラウドやデータセンターに簡単に接続可能です。

まとめ

IT技術の発展によって経済のグローバル化が加速しており、企業は国内だけでなく国際競争を視野に入れた経営戦略の構築が求められます。DaaSの導入はDX推進の一助となり、市場における競争優位性の確立へとつながるでしょう。DXを実現するためにも、Citrix SD-WANの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

RELATED POST関連記事


RECENT POST「仮想デスクトップ」の最新記事


DaaS(Desktops-as-a-Service)で実現する企業のDX推進

RANKING人気資料ランキング

RECENT POST 最新記事

RANKING人気記事ランキング

サイト掲載へのお問い合わせ