ANFだから実現できる「フルマネージド ストレージサービス」とは

ANFだから実現できる「フルマネージド ストレージサービス」とは

ビッグデータ活用への注目度が上がっています。ビッグデータを効果的に活用するためには、クラウドシフトが欠かせません。本記事では、オンプレミス用のストレージとして有名なNetAppをクラウドで使うことができる「Azure NetApp Files」について解説します。

ビッグデータ活用の推進とともにクラウドシフトが進行

ビッグデータを活用することで事業拡大や業績向上が期待できるとして、現在クラウドシフトが進行しています。

これまでは、オンプレミスのストレージを使っている企業が多かったのですが、オンプレミスのストレージには課題が数多くありました。

ビッグデータを活用するためには、最適なストレージを選択する必要があります。

例えばオンプレミスなどでストレージを別々にして運用していると可視化・分析・予測する場合、収集したデータに対してデータ移動やコピーが必要になります。蓄積と処理の間をデータが行き来することもあり、データの重複が発生するなど大変非効率となっていました。

クラウドデータにすることで、大量のデータ重複が回避されれば、効率的にデータを活用することも可能になります。その問題点を克服し、ビッグデータを活用するためにクラウドシフトが進行していると言えるでしょう。

しかし、それだけの理由でクラウドシフトを進めているわけではありません。

構築から運用保守の全体を最適化し、管理コストを減らすことも期待できます。コスト削減のために、クラウドシフトを進めている企業や事業継続計画・設計審査などにも対応できるバックアップ・セキュリティ強化などを理由として、クラウド移行を進めている企業も少なくありません。

企業の抱えるさまざまな問題があり、その問題の解決方法としてクラウドへの移行が選ばれていると言えます。

NetAppがAzureで使える! Azure NetApp Files(ANF)とは

Microsoftが手がけるクラウドサービスの一つに「Azure NetApp Files(ANF)」があります。

ANFではオンプレミス用のNetAppストレージ同等のパフォーマンスを実現しながら、フルマネージドストレージサービスとして利用できます。

NetAppとは、オンプレミス用のストレージ提供企業の名前のことを指しています。

OSは「ONTAP」というストレージ用のものを使用しています。NetAppのオンプレミス用と同じものを使用しているため互換性が高くなるため、クラウドサービスながらオンプレミスと遜色ない性能を実現できるのです。

ANFはサーバーの構築・運用・トラブル・セキュリティ監視までの豊富なサービスがあります。あらゆる機能を一括して担うフルマネージドストレージサービスのため、導入すればすべてを任せることができるでしょう。

ANFの特徴

ではANFの特徴はどのようなものがあるでしょうか。それは3つ挙げられます。ハイパフォーマンスであること、信頼性が高いこと、求めるパフォーマンスに応じて価格を設定できることです。これから一つひとつ詳しく解説をしていきます。

ハイパフォーマンス

ANFの特徴と言えば、最初に高性能である点が挙げられます。

Azureでもっとも要求が厳しいLinuxやWindowsのアプリケーションをサポートしています。そして複数のファイルアクセスプロトコルもサポートできる優れものです。そのうえ短い待機時間での移行を可能としています。

ストレージ管理を簡素化してくれることはもちろん、導入から運営までしっかりとサポートしてくれるフルマネージドストレージサービスもあるので、すべてを任せることができます。

移行に関してもコードの変更が必要ないため、容易に移行できます。

信頼性が高い

ANFは信頼性の高いツールでもあります。

ISO・IEC 27017・CS ゴールドマーク・FedRAMPなどのコンプライアンス認定を受けており、競合クラウドプロパイダーにも負けないほど安全性が高いです。

そんなANFですが、研究開発のために年間USB10億を超える投資を受けています。セキュリティエキスパートは3,500人以上と数多くの人が参加しています。資金と技術を投入されている分、ユーザーの安心感も高いでしょう。

潤沢な資金を投資しており、数多くのセキュリティエキスパートが参加、そしてコンプライアンス認定も数多く受けている優れたツールと言えるでしょう。

求めるパフォーマンスに応じて価格を設定

ANFはパフォーマンスレベルに応じて3つのプランが設定されています。

Standard・Premium・Ultraのこの3つであり、一番価格の高いUltraでは非常に高いパフォーマンスが要求される案件にも対応が可能です。

一番リーズナブルなStandardでは静的Webコンテンツ・ファイル共有・データベースのバックアップが可能です。

料金で言えば、Standardの価格は\19.78592/GiB/月。Premiumの価格は\39.49008/GiB/月。Ultraの価格は\52.7352/GiB/月になります。

この価格は東日本リージョンの場合のため、詳しくは下記ページにてご確認ください。地域によって価格が違うので注意しましょう。

・「参考

仕組みとしては、1時間単位のギガバイト利用により、課金されていきます。容量プールを作成することで容量が割り当てられ、最初に設定した容量から1TiBずつ容量を追加していくことができます。
またほかにサービスを受けたいと考えているのでしたら、別途で費用がかかるため、注意が必要です。

ANFのアーキテクチャ

Azureのデータセンター内に、NetAppのハイエンドストレージを設置しています。

Azureポータルとプロバイダをつなげているのは、Azure ARM ゲートウェイです。このAzure ARM ゲートウェイがルーターのような役割を果たしています。

Azure ARMゲートウェイはANF リソース プロバイダとつながっています。

さらにANF リソース プロバイダは、Azure NetworkリソースプロバイダとANFサービスデリバリ層とつながっています。

ネットワーク層とつながっているのが、ANF サービスデリバリ層です。

ANFでSAP S/4 HANAを導入できる

ANFでSAP S/4 HANAを導入することができるため、SAP S/4 HANAについての基本的な情報の説明から、ANFでSAP S/4 HANAを導入するメリットについて解説を行っていきます。

SAP S/4 HANAとは

SAP ERPの次に発表された次世代ERP製品が「SAP S/4 HANA」です。

ERP製品では、超高速処理を可能にしました。インメモリスペースにデータを保持しているので、ハードディスク比較すると高速なデータ処理ができます。

豊富な機能があり、処理高速化とビジネスプロセス の最適化を実現します。

また、全世界で販売されており2019年の時点で11,500社ほどが採用している、人気の高い製品です。

SAP S/4 HANAをANFへ導入するメリット

ではSAP S/4 HANAをANFへ導入するメリットは何があるのでしょうか。

代表的なもので言えば「Azure NetApp FilesはSAP S/4HANAを正式にサポートしていること」「ほぼ数秒でバックアップできること」「NFS クラスターを追加するが必要ないこと」が挙げられます。

「NFS クラスターを追加するが必要ないこと」になると共有ストレージを使用することで、SAP S/4 HANA を実現できるようになりました。バックアップ機能で言えば「ほぼ数秒でバックアップできること」のほかにも、充実していることも挙げられます。

まとめ

ビッグデータ活用の推進とともにクラウドへのシフトが進行しています。さまざまなクラウドがありますが、そのなかでもAzure NetApp Filesが注目を集めています。

Azure NetApp Filesには、特徴としてハイパフォーマンスであること、信頼性が高いこと、求めるパフォーマンスに応じて価格を設定できることが挙げられます。

ANFではSAP S/4 HANAを導入できるのもうれしいポイントです。SAP S/4 HANAは高速処理を可能にし、豊富な機能があるなどさまざまなメリットがあるので日本でも多くの企業で活用されています。

クラウドへの移行を考えているのでしたらANFの導入も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

RELATED POST関連記事


RECENT POST「クラウド移行」の最新記事


ANFだから実現できる「フルマネージド ストレージサービス」とは

RANKING人気資料ランキング

RECENT POST 最新記事

RANKING人気記事ランキング